スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドライスキン対策で知っておきたい7ポイント


12 11, 2009 | Tag,ドライスキン,医学,スキンケア,ヘルスケア

だんだん寒さが厳しくなってくるとともに、お肌の乾燥が気になってくるようになってきました。

体の中には冬でも汗かくところは汗かくのに、乾燥してしまう部分もある。不思議なものです。

私は仕事柄よく手を洗うので、すでに手がカサカサ気味です。

ドライスキンについて書かれた海外の文章があったのでご紹介。

>>My Health TODAY: What Are the Top Causes of Dry Skin?
  1. Knowing your skin
  2. Moisturizer
  3. Dry Air
  4. The long hot showers you have
  5. The soaps you use
  6. The clothes you wear
  7. Pathological Conditions

肌の状態を知って、加湿器を適宜使い、乾燥した風を避ける。

このあたりはよく普及していることかと思います。


勉強になったのは以下の2点でした。

  • 長湯を避ける
シャワーにしてもやはり熱いお湯に長時間あたらない。熱いお湯は肌を乾燥から守っている皮脂を奪い去ってしまうんですね。


  • 石鹸に気をつける
石鹸やボディーソープで体をごしごし洗いすぎない。これも皮脂をすっかり落とし去ってしまいます。


2点ともに共通しているのは、皮脂を落としすぎないように、ということです。皮脂は体の汚れでもあるのですが、乾燥から守るバリアでもあるということです。


他、病気に関連して乾燥しやすくなる場合もあります。糖尿病、甲状腺機能低下症、乾癬、低栄養といった病気などです。


正しいスキンケアをして乾燥厳しい冬を乗り切りましょう。



-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。