スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小説家はいかにして書き続けるか 「走ることについて語るときに僕の語ること」


12 09, 2009 | Tag,村上春樹,小説,文章力,エッセイ

走ることについて語るときに僕の語ること 
「走ること」と「小説を書くこと」のリンクの仕方に驚いた。それと、小説家に必要な資質や村上春樹さんがどのように執筆活動をおこなっているか、また、彼のライフスタイルなどが小説家ではない僕でも参考になった。



この本は小説家村上春樹さんの個人的な趣味である「走ること」についてつづった本だ。

僕は村上作品のほとんどが好きだ。彼が描く独特の世界観と一度は感じたことがあるような甘酸っぱい恋愛感情を呼び起こしてくれるから。彼の作品を読むと、見えている世界が読む前とはまるで別世界のように感じることがある。

数々のベストセラーを世に送り出した村上さんが考える、小説を書くために必要な資質は
  • 才能
  • 集中力
  • 持続力
だそう。

才能は生まれもったものだが、さらに大事なのは集中力と持続力。幸いなことにこの2つは自分の努力で伸ばすことができる。ある程度才能を補うことも可能だろう。また、継続して作品を書き続けることで才能の鉱脈を掘り当てることもあるかもしれない。

いずれにしろ、集中力と持続力が必要である。

これは小説家でなくても同じだと思う。仕事で継続して高いパフォーマンスを発揮したかったら、才能がないことを嘆く前にまず集中力と持続力を持って仕事に打ち込むことだ。


この集中力と持続力を養う過程において、走ることと小説を書くことは似ている。

走り続けることと書き続けることは、彼にとって相互補完的に集中力と持続力をキープするための必要な行為なのである。

どちらも長い道のりを、黙々と自分の設定したゴールに一歩ずつ近づき、それを乗り越えていく。誰かに勝つとかではなく、過去の自分に勝つという点で似ているのだ。

この達成感がモチベーションを生む。そうすると、これに伴って集中力と持続力も生まれるといういい循環が生まれる。


村上さんの場合は、週6~7日毎朝決まった時間にジョギングをするそうだ。そして定期的にマラソンにも参加するらしい。小説家は普通の人が感じないようなことを内面から引きずり出すことができるわけだが、それは時に毒素であるという。

この毒素に対抗するには精神的にも肉体的にも健康である必要があり、それは村上さんの場合、走ることで維持されているというのだ。例えば、思うようにいかなかった対人関係は走ることで肉体的な負荷をかけて昇華させるとのこと。


走ることは道さえあれば、場所と時間を選ばずにできることが強みである。

僕は今、走ることはやっていないけど、定期的に筋トレして筋力を維持することを自分に課している。それは趣味のサーフィンのためでもあるのだけれど、何より継続していないと調子が悪くなる気がするからだ。本書を読んで、ジョギングも悪くないなと思った。

走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
(2007/10/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


約30年間も、走りながら質の高い小説を世に送り出し続けている著者がプライベートをさらけだして書いた一冊。

いまさらだけど、村上春樹ファンなら読むと間違いなくおもしろい一冊だろう。




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。