スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バンカーは善か悪か 「さらば、強欲資本主義」


12 07, 2009 | Tag,投資銀行,資本主義,バブル

意外でしたよ。投資銀行の創業者がこんな風に思っているとは。

本書は投資銀行 ロバーツ・ミタニLLC の創業者で、現在もニューヨークで活躍されているバンカーです。最近は執筆活動の方にも力を入れておられるのか、強欲資本主義 ウォール街の自爆や世界経済はこう変わるなどの作品があります。

本書は約一年前の本で、ちょうどバブルが崩壊した頃の話を中心に、行き過ぎた資本主義に疑問を投げかけています。

本書の作りは読者にあてた17の手紙、という形になっており、非常に読みやすく構成されています。


さらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべしさらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべし
(2008/06)
神谷 秀樹
ウォール街で働くバンカーですから、典型的な拝金主義者を想像してしまいます。しかし、本書の著者神谷さんは拝金主義を徹底して非難しています。今回のバブルはサブプライムローンに端を発していますが、これもアメリカ国民の稼ぐ前に借金をしてでも消費をする気質、それと拝金主義のバンカーが原因の一助を担っていると。

ロバーツ・ミタニLLCのスタッフは皆、拝金主義には否定的で、仕事をともにするパートナーには理念を共有できた相手を選ぶそうです。彼らが今力を入れているのは医療産業です。

どうやら神谷さんは金融の力で世の中をよくしようと考えているようなんですね。その姿勢に心を打たれました。


彼のその思想の根底にはキリスト教の教えがあるようです。本書を読んでいると、随所にその教えが出てきます。私自身、特定の信仰はないのですが、本書第10の手紙 -真のリーダーは偉ぶらない- がグッときましたよ。

医師は普通に生活、仕事しているとチヤホヤされやすい職業ですから。謙虚であることは大切だなと思います。

キリスト教の大事な価値観のひとつにも「へりくだること」があるそうです。

日本にも「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉がありますね。

こういうことって誰かから指摘されることってあまりないんじゃないかな。だから自分で意識しておかないといけませんね。気をつけます。


バンカーにはこんな理想を持って仕事に取り組んでいる人もいるんだ、という新しい発見があった一冊。刺激をもらいました。他業種の人にも十分参考になる生き方だと思いますよ。

さらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべしさらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべし
(2008/06)
神谷 秀樹

商品詳細を見る




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。