スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医師不足を改善するためには医師を増やすだけでは不十分


11 29, 2009 | Tag,医療,,医療問題,医師不足,コラム

医師不足を解消するために医師の増員、そして医学部定数の増員などの手が打たれている。

これは中長期的には有効な手段だろうと思うが即効性はない。

医師不足の原因は絶対的な医師数の不足に加えて科による医師の偏在があると思う。

絶対的な医師数の不足に対してはすでに手が打たれているわけだが、医師の偏在を解消するための策はまだ十分ではない。

産科や小児科の医師数が足りないことがニュースなどでも大きく取り上げられているので、これらの科に対する待遇は今よりもっと良くなるだろう。

ただ、現場で疲弊しているのは何も産科や小児科だけではない。


外科系の各科だって人手が足りないのだ。

内科だってそんなに悠々自適に医師としての仕事をしているとは思えない。

忘れてはいけないのが、時間内外を問わずまだまだ医療は現場の医師の奉仕的精神によって成り立っているということだ。

先日の朝日新聞にこんな記事を見つけた。

0-41266459f53579be.png
現場の医師たちが疲弊している理由の一つに、診察や検査のオーダー、診断、手術や内視鏡的手技などの医師でなければできない仕事、それ以外の仕事が多いことがある。


診断書を書いたり、紹介状やその返事を作ったり、入院要約を書いたり、などの事務仕事。


これは都内で顕著なのだが、採血や点滴注射などのコメディカルなどでもできる医療行為。採血や点滴は看護師でも行えるはずなのに、医師でないとしちゃいけないというのはどうも理解に苦しむ。


アメリカではNP(ナースプラクティショナー)という資格を持った人がいて、この人たちは日本で医師が行っている医療行為の多くの部分を行うことができるらしい。


手術なら、準備から執刀の一部までNPがやってしまい、術者は肝心なところだけ行う、と。だからアメリカでは日本で一日2件くらいしか行えない手術も5件とか平気でやってしまうことができるらしい。


こういうしくみを聞くと、アメリカの医療は合理性が追求されてるなと思う。



こういう他国のしくみは日本にも取り入れられる部分があるんじゃないかな。医師不足に対応するために、単に医師の数を増やすだけではなく、NPのような医療行為をおこなうことができる職種、こういう資格ができれば現場の疲弊感はもう少し改善されるのではないかと思う。

ちなみに、診断書は医師以外の事務の人たちが作成を手伝ってくれるようになってますよ。どの病院でもってところまでは今のところいってないみたいだけど。

0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。