スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険はよく考えてから契約すべき 「生命保険のカラクリ」


11 24, 2009 | Tag,資産運用,投資,生命保険,ライフネット

生命保険って自分が死んだときのための保険だから、なるべくなら考えたくないし、考えてもたまににしておきたいというのが人情かもしれません。

生命保険市場は40兆円規模、それに日本人一人が生涯のうちに支払っている保険料が1000万円を超えている場合も少なくありません。生命保険はマイホームの次に大きな買い物ともいわれます。そんな事実を目の前にすると、これはきちんと考えておいた方がいいです。知らないと損しますよ。

これから生命保険を検討している人、生命保険の見直しを考えている人は読んでおいた方がいい。それがこの本です。

生命保険のカラクリ (文春新書)生命保険のカラクリ (文春新書)
(2009/10/17)
岩瀬 大輔

商品詳細を見る


生命保険という金融商品の性質を理解するのに役立ちます。

本書の特筆すべき点は現役の保険会社副社長が消費者の立場に立って、生命保険の「?」について詳しく説明している点です。勉強になりました。これは著者がネット生保という、付加保険料を安くして顧客重視の商品を提供しているという自信の表れなのだと思います。

生命保険は本当にわかりにくいと思います。いくつかパンフレットを取り寄せてみても、ネットで比較しようとしても。比べられるのはシンプルに生命保険の目的を果たしている定期保険ぐらいでしょうか。

著者も本書で言っていますが、各社が発売する生命保険には特約がたくさんついていたり、解約返戻金がどうのこうのとか複雑すぎるんですよね。そして、それぞれの商品は対面で販売員に説明されたら、さもお得なように見えるんです。

しかも支払いは10年、20年単位じゃなくて1か月単位で提示されますから、高額な金融商品を買っているという意識が生まれません。

「満期でこれだけのお金が返ってきます。」なんて言われたら、ボーナスをもらえるみたいでこれまたお得な気がしますし。

私も経験あるんです。対面で生命保険商品を説明されて、なんだか良さそうだし、月々の支払いも1万円ちょっとだし、そう負担にはならないだろうみたいな。

でも、保険商品にお得なものなんてないんですよ。標準生命表の死亡率から計算された保険料に各社違いはないはずです。それは法律で決められているから。保険は値引きしたりできないんです。

それなのに、生命保険の保険料は各社で見事にばらばらです。

これは生命保険会社ごとに保険そのもの以外の値段が加わっているからです。当たり前ですけど、保険を売るためのコストというのはあるはずです。昔ながらの生保レディにはそれだけたくさんの人件費がかかります。あのかっこいい外資系生保の販売員にも相当の人件費がかかっています。

保険会社は契約者から集めた保険料を運用して運用益を得ます。運用がうまくいっている時はいいですが、うまくいかない場合はその運用損も価格に織り込まれている可能性があります。

このような生命保険そのもの以外の料金を付加保険料といいます。

付加保険料は開示してくれた方が消費者としてはありがたいですよね。あまりないですけど。


既にその動きは始まっていますが、今後は生命保険も資本主義市場で公正な競争が進み、適正な価格に収斂していくことを期待します。


世の中にはさまざまな保険商品が存在しますが、保険と貯蓄の機能を分けて考えるという原則を踏まえ、その保険は本当に必要か、トータルでいくらのお金を払うことになるか、こんなとこから考えてみてはどうでしょうか。

これだけ様々な情報にアクセスしやすくなった現代です。消費者として知識をつけて、かしこい買い物をしましょう。

生命保険のカラクリ (文春新書)生命保険のカラクリ (文春新書)
(2009/10/17)
岩瀬 大輔

商品詳細を見る


著者はネット生保のライフネット生命の経営に関わる岩瀬大輔さん。著者の本は過去にも紹介したことがあります。

【関連記事】


0 CommentsPosted in 保険
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。