スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヘッジホッグ


11 11, 2009 | Tag,資産運用,,ヘッジファンド

資産運用を本格的に始めるようになって約1年経ちました。なんだかんだ、始める時期がよかったのか、ポートフォリオはプラスリターンで推移しています。

銀行の普通預金だけでの資産運用は効率的ではないと気づいてみたものの、本業もあってチャートに目を光らせて売買できない人にとってはノーロード型のインデックスファンドで分散投資を行うのが無難じゃないかと思っています。


今回読んだのは興味深いヘッジファンドの世界を描いた一冊。

ヘッジホッグ―アブない金融錬金術師たちヘッジホッグ―アブない金融錬金術師たち
(2007/01)
バートン ビッグス

商品詳細を見る


本書を読むと一般的に高収入なファンドマネージャーの仕事というのがいかに大変でリスクの高いものか分かります。こんなに浮き沈むの大きい職業もないかもしれません。

投資の世界においてコンスタントにパフォーマンスを出すことは決して容易なことではありません。プロのファンドマネージャーでもその平均的なパフォーマンスはインデックスファンドに負けるほどです。

負けてるファンドマネージャーもいれば、勝ち続けるファンドマネージャーもいるわけですが、どうすれば勝ち組になれるかは分かりません。それは本書を読んでもそうです。例外なく言えるのは勝ち続けるファンドマネージャーは勤勉であるといううことです。トレーディングはギャンブルではないので、毎日たくさんの経済誌に目を通して分析し続ける必要がある。優秀なファンドマネージャーにはそういう傾向があるということです。

また、ファンドマネージャーが受ける精神的プレッシャーは考えるだけでもぞっとしますね。成績が悪ければ、解雇、倒産と容赦なく厳しい現実が突き付けられます。それまで高収入で贅沢な暮しをしていた家族が、運用成績が悪くなったばっかりにいきなり質素な暮らしを迫られたりします。家を手放し、子供を私立学校から公立学校へ、というのもよくある話のようですよ。


私が今投資で興味を持っていることは、企業のファンダメンタルを見極めるということもそうなのですが、株式をいつ手放すかのタイミングです。

保有している株式のパフォーマンスがいいと、どうしても「まだ上がるかもしれない」、「もうちょっと様子をみよう」という欲望が顔を出してきます。

今の上昇傾向が続くとは限らないのは分かっているのですが。

本書を読むと、うまい投資家は必ず損切りのルールを決めているようです。だいたい10%下がったら手放した方がいい、というようなことが書かれていました。

感情に頼らず、冷静に数字による損切りのルールを確立しておいた方がよさそうです。

もっともいいパフォーマンスを上げた時から10%下がった場面。損切りのラインはこの辺にしておきましょうか。株価を細かくチェックできるほど余裕はないので、1か月単位で見直してみることにしますかね。


資産運用関係の基本書はコチラ▼




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。