スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保険金不払い日記


10 26, 2009 | Tag,保険,損保

状況が変われば、必要な保険も変わる。生命保険も状況に合わせて柔軟に変えていきたいですね。

今日の話題は最適な保険の選び方という話ではありません。不慮の事故が起きた時、保険会社にきちんと保険金を支払ってもらうぞ、という話です。生保ではなく損保です。

どうしてこういう話題が出てくるかというと、生命保険などは分かりやすいですが、損保(損害保険)などは契約内容が複雑で保険金が支払われる条件が分かりにくい場合があるからです。

落ちこぼれ損保マンの保険金不払い日記落ちこぼれ損保マンの保険金不払い日記
(2007/03/09)
江戸川 損歩

商品詳細を見る


保険を契約する時には必ず約款をもらうと思います。細かい字でびっしりと書いてあるあれです。

まず、普通の人はこれにしっかりと目を通そうとはしないでしょう。でもそこにこそ、契約内容の大事なことが書いてあるのです。

保険会社の保険金不払いが問題になったことがありました。保険会社というのは契約者に対して、リスクに備えた保障をしてくれる、それが仕事のはずです。

ところが彼らも利益を上げなければいけません。そうすると、支払う保険金はなるべく低く抑えようとするでしょう。

このあたりが、保険会社の親切を装った不親切なところです。保険会社とはうまく付き合わなければいけません。

本来払ってもらえるはずのものがこちらが無知なために不払いにされているかもしれません。(そもそも契約者が気づかなければ支払わないというのはおかしい)


だとしたら自分の身を守るためにも約款は読んでおいた方がいいですね。全部を読むのは無理でしょうから、この2か所だけでもね。

第一条:保険金を支払う場合、または当会社の支払責任もしくは当会社のてん補責任

その次に免責のところ。

第四条:当会社は直接であると間接であるとを問わず、被保険者が次に掲げる賠償責任を負担することによって被る損害をてん補しません


保険金が支払われる条件、支払われない例外を知っておくということですね。

自分の契約書を見直すと「え?こんなことまで支払ってくれるの?」「もしかしたらこれも支払いの対象じゃない?」なんてことに気づくかもしれませんよ。

落ちこぼれ損保マンの保険金不払い日記落ちこぼれ損保マンの保険金不払い日記
(2007/03/09)
江戸川 損歩

商品詳細を見る


上に書いたこと以外にも、「保険会社の人でもその保険商品の約款についてきちんと把握していない」とか「ゴネたもの勝ち」のようなことが書いてあって保険会社の見る目が変わります。

そうそう。過失のある事故だと保険で代車代が払えない、というのは大ウソだそうですよ。



0 CommentsPosted in 保険
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。