スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最初の30秒で相手の心をつかむ雑談術


10 07, 2009 | Tag,コミュニケーション,トーク術,プレゼン,雑談

論理よりも感情、これを実感する時があります。上手なプレゼンテーションをする人は最初の1分で聴衆をひきつけます。その内容は本題となる話ではなく、今日の朝起きたこと、最近の自分の体験だったりします。

学校の授業でおもしろい先生の授業ってだいたい雑談から始まっていませんでしたか?

本書の著者梶原しげるさんは元アナウンサー。アナウンサーの人たちは話が上手ですが、特にラジオ番組のアナウンサーは雑談の達人かもしれません。冒頭のあいさつに何かしらの雑談をはさんでいます。

本書はそんな元アナウンサーによる雑談力アップのためのビジネス書です。

最初の30秒で相手の心をつかむ雑談術最初の30秒で相手の心をつかむ雑談術
(2009/05/09)
梶原 しげる

商品詳細を見る


私自身雑談があまり得意な方ではありません。放っておいたら聞いてないことまで長々と話している同僚なんかもいますが、それって彼の才能かもしれないですね。

本書を読んで明日から実践したい雑談術、トーク術を3つだけ。


いつもネタを探す

どうしても話すネタが思いつかないなんてこともよくあります。

雑談の得意な人はいつも今度話すネタどれにしようかな?とかこの話、ネタになるんじゃない?といった視点で情報を収集しているようです。毎日の新聞、インターネット、いつも読んでいる本でもいいかもしれませんね。地道な努力も大切だと実感しました。


共通点を探す

相手との共通点を探す、というのも1対1の雑談でも、1対多数のセミナーなどでも有効かと。相手がしゃべりだしてくれたり、その気にさせると会話は盛り上がるし、場も盛り上がります。


名前を覚える

相手の名前を覚える、というのも大切ですね。人の心に最も心地よく響く言葉はその人の名前だ、というのはデール・カーネギーの言葉です。

私は名前を間違えるのが怖くて、名前を呼ぶことを躊躇してしまうことがあるのでさっそく明日からの仕事で気をつけたいと思います。

覚えるためには会話の中で何度も相手の名前を繰り返す、読み方ではなく漢字にして覚える、何かに関連させて覚える、などが覚えるコツのようですよ。

最初の30秒で相手の心をつかむ雑談術最初の30秒で相手の心をつかむ雑談術
(2009/05/09)
梶原 しげる

商品詳細を見る




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-1 Trackbacks
専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】11 25, 2009

メディアサボールのビジネスポッドキャスト「ロングインタヴューズ」の第四回目の対...

Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。