スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひらめきたかったら、まず手を動かすこと


10 04, 2009 | Tag,数学,創造

先日紹介した世にも美しい数学入門の中一節ですが、しまっておくのはもったいないのでご紹介。

数学者藤原正彦先生の言葉です。


数について何かを発見するためには、数を転がして、ころころと手のひらで弄ぶことが一番重要なんです。足したり、引いたり、ひっくり返したり、想像したりね。そうすると、もしかしたらこうかなという、ちょっとしたきっかけが見つかり、そこから大胆にいろいろ実験してみて、本当そうだったらいよいよ証明にかかる。証明になったらたいていの場合、もう赤子の手をひねるようなものです。そこまで、いろいろ弄ぶんですね。弄ぶというのは、独創に非常に良い影響をあたえます。たとえば美しい文章を読んで理解していても、その人の方席にならない。暗証したり、思い出したりして口ずさんだり、言葉を弄ぶというのが重要だと思いますね。


どの世界でも一緒なんですね。

考えるだけでなく、とにかくやってみる、とことが大事だと。

私の仕事でも、手術を上手くなろうと思ったらたくさん手術をするしかないと思いますし、そうしないと新しい手術方法、治療法の発想も生まれてこないと思います。

それにしても藤原さんという方はとても魅力的な人です。

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)
(2005/04/06)
藤原 正彦小川 洋子

商品詳細を見る




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。