スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「影響力の武器 実践編」から学んだこと


09 18, 2009 | Tag,コミュニケーション,説得,影響力の武器

先日紹介した影響力の武器 実践編ですが、本書の中に6つのエッセンス以外の思わず納得した4項目があったのでエントリーしておきますね。今回の内容は「実践編」独自の内容だと思います。

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣
(2009/06/09)
N.J.ゴールドスタインS.J.マーティン

商品詳細を見る


1.あまりに選択肢が多すぎると選べなくなる

選択肢が多すぎると消費者にとってそれぞれを差別化することが負担になります。すると、消費者は決断を下すことが煩わしくなってその商品の前からいなくなってしまいます。

医療現場でこの法則があてはまる状況に遭遇します。例えば、薬やインプラント選びです。

薬は似たような作用のものが山ほどあります。どの薬を選ぶか、選択肢が多すぎて迷うこともあります。

インプラントというのは、整形外科に特有のものかもしれません。歯医者さんでの詰めものもインプラントといいますか。整形外科では骨をつないだり、関節を人工物に置き換えたりする手術をしますが、置き換える人工物のことをインプラントと言います。これも同じ目的のインプラントでも似たようなものがたくさんありすぎて、迷ってしまうことを経験します。


2.消費者は妥協の選択をする下線文
竹と梅があって、竹を買ってほしければ、そのメニューの中に松を付け加えればいい。

これもよくある話ですね。つい先日も焼肉屋さんで特上、上、普通カルビのうち、上を選んでしまいました。


3.恐怖を呼び起こすような説得をした場合は言いっぱなしではいけない


自分の仕事を振り返ると、これにはハッとさせられました。


医師や看護師が太りすぎの患者に対し、体重を減らしてもっと運動するよう促す場合、減量しないといかに危険かという点を強調する必要があります。しかし、具体的な食事制限や体操メニューなど、患者が行動に移せるような分かりやすい方法で援助しなければ効果がありません。


外来診療でよくある骨粗鬆症予防なんてのもちゃんと脅かすだけでなく、具体的な運動を指導しないといけませんね。


4.ラベリングテクニック


「みんなは字をきれいに書くように気をつけているんだね。」
こう言うと、子供は字をきれいに書くように気をつけ始める。


こういうのってコメディカルとうまくやるためにも使えそうですね。
みなさんも仕事の同僚なんかに褒めニュアンスを加えながら、ラベルをつけてあげるといいかもしれませんよ。

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣
(2009/06/09)
N.J.ゴールドスタインS.J.マーティン

商品詳細を見る


【関連記事】
 >>Yes(イエス)を引き出す6つのポイント 「影響力の武器 実践編」「影響力の武器 第2版」
 >>影響力の武器3
 >>影響力の武器2
 >>影響力の武器



-2 Comments
By マロン11 11, 2009 - URLedit ]

はじめまして、レビューブログサーチから飛んできました。

いいブログ見つけたと嬉しくなりました。

これからチョコチョコ覗きに来ます。

By flowrelax11 11, 2009 - URL [ edit ]

マロンさん、はじめまして。

気に入っていただけたら幸いです。

マロンさんも書評されているんですね。

コメントありがとうございました。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。