スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手首の骨折(橈骨遠位端骨折) 最近の知見


08 28, 2009 | Tag,整形外科,骨折,論文

ここで紹介する論文はアメリカでの調査なのですが、日本の今後というか現状にもあてはまりそうだったので読んでみました。

手関節(手首)の骨折は日常診療でもよく見かけます。common diseaseならぬcommon fractureだと思います。


>>Trends in the United States in the Treatment of Distal Radial Fractures in the Elderly Kevin C. Chung, MD, MS, Melissa J. Shauver, MPH and John D. Birkmeyer, MD: The Journal of Bone and Joint Surgery (American). 2009;91:1868-1873.

手関節の骨折は伝統的に手術でない治療、つまり徒手整復とギブスによる治療が行われてきた。

現在もその傾向は変わらないが、2000年ころから手術による治療が増えてきた。

それはロッキングプレートという、骨どうしを強固に固定できるシステムが開発されるようになってきたからだ。これにより多少骨がすかすかな骨密度の低い高齢者にもプレート固定ができるようになった。

aculoc.png


実際に手関節の骨折で手術になった人の割合は1996年には3%だったのが、2005年には16%になっている。

まだまだギブス治療の方が多いが、今後さらに手術となる症例が増えるかもしれない。

奇妙に思われるかもしれないが、手術で治療するかギブスで治療するかは、骨折型による厳密な区分けよりも治療にあたる医師の裁量による。

どちらの治療法を選択しても直すことはできるからだ。要はどこまでの機能を求めるかという点にある。

手の外科を専門とする整形外科医なら手術治療でよりよい手関節機能再建を求めるだろう。しかし、そうでない整形外科医はあえて手術治療を選択しなくても、そこそこの手関節機能が得られるギブス治療を選ぶというわけだ。

したがって今後もギブスによる治療がなくなることはなさそうだが、ロッキングプレートという新しいデバイスは手関節骨折の治療に新たな風を巻き起こした。



もう一つ最近の論文でこれに関連したものがあったので一緒に紹介しておきます。

>>Functional Outcomes for Unstable Distal Radial Fractures Treated with Open Reduction and Internal Fixation or Closed Reduction and Percutaneous Fixation A Prospective Randomized Trial Tamara D. Rozental, MD, Philip E. Blazar, MD, Orrin I. Franko, BS, Aron T. Chacko, BS, Brandon E. Earp, MD and Charles S. Day, MD: The Journal of Bone and Joint Surgery (American). 2009;91:1837-1846.

これによると手関節の骨折を手術で治した結果と、ギブスで治した結果は1年後の経過では機能(手首の動きとか)の面では特に差はなかったとのことです。

受傷、手術して1か月半とか2カ月の時点では手術治療を行った方が手首の動きの面からも患者満足度が高かったと書かれています。

若い人で、仕事やスポーツに早期に完全復帰したい人は手術治療を選択した方が良さそうですね。
お年寄りで別に治ればいいです、って人はギブスで治してもらうといいのかもしれません。

注意しておきますが、もちろんどっちの治療を選ぶにしても治療する人の腕に左右されますからね。





-8 Comments
By よねっち03 23, 2010 - URLedit ]

ロッキングプレートについて質問です。半年前に撓骨遠位端骨折によりロッキングプレート手術をしました。執刀医からは抜釘はしないといわれておりますが、高齢者でない限り抜釘するのが基本との説もあるやに聞いています。抜釘しなくてもよいものでしょうか?(当方30代)また、残置することで腱や神経がプレートとすれることで切れるなどの障害事例も報告されているとも聞きます。ご意見いただければ幸いです。

By flowrelax03 24, 2010 - URL [ edit ]

よねっちさん、コメントありがとうございます。

<a href="http://flowrelax.blog43.fc2.com/blog-entry-696.html">体内金属インプラント 抜釘は必要か - メタノート</a>に回答をアップしました。

参考になれば幸いです。

By だい06 06, 2011 - URL [ edit ]

こんばんは
僕は高3でおととい野球の試合中に橈骨遠位端骨折をしてしまいました。約2週間後に最後の大会が始まるのですが早くてどれぐらいで復帰出来るのでしょうか? 超音波骨折治療とかしたほうがいいのでしょうか。
今はギプス治療をしております。
長くなりましたがよろしくお願いいたします(._.)

By flowrelax06 07, 2011 - URL [ edit ]

だいさん、こんばんは。

ご質問にお答えします。

骨折がある程度治るまでには最低でも1ヶ月半から2ヶ月かかります。そして骨はその後も時間をかけて徐々に生まれ変わりながら強くなっていきます。皮膚の傷とは違い、骨は一回折れてしまうと治るまでにすごく時間がかかるのです。

特に野球のように手首に大きな力のかかるスポーツは慎重に考えたほうがいいです。まして2週間後の大会で復帰するのは困難です。もし私が主治医ならこれからの将来のことも考えて、今は我慢すべきだと説得します。

超音波による治療?というのは通常の骨折治療ではあまり使われません。かかっている病院でやってくれるのであればやってみてもいいかもしれませんが、それほど劇的に早く治す方法ではありません。

とてもつらいと思いますが、これから先の長い人生を考えれば今は我慢する方がいいのではないかと思います。

By だい06 19, 2011 - URL [ edit ]

本当にありがとうございました!開幕には間に合いませんが勝ち進んで可能性が高くなった欲しいと思います(^O^)
最後に質問なんですが、ギプスを取ってすぐのまだ完全に治っていない状態で無理に負担を掛けたりすると、一生、元の動きが出来なくなるんですか?(..)

By flowrelax06 22, 2011 - URL [ edit ]

だいさん、お答えします。

完全に治っていない状態で折れた部位に負担をかけると、また折れます。

折れてしまったら元の動きができるどころの話ではなくなってしまいますよね。

骨折は治るまで慎重に経過を観察する必要があるんですよ。

By だい08 24, 2011 - URL [ edit ]

いろいろありがとうございました!
経過は2ミリずれているようですが順調みたいです!(^O^)

ありがとうございました。

By 03 11, 2014 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。