スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プレゼンハック 「最強3分スピーチ」


06 03, 2009 | Tag,プレゼン,コミュニケーション,ハック,Tips

どんな仕事に関わる人でも人前で自分の考えていることを相手に伝えることは大切です。もともと人前で話すのが得意な人もいるかもしれませんが、そうでなければ技術を身につけて上達していくしかありません。

今回読んだ本にはそのためのヒントが書いてありました。


プレゼンの流れに行く前に、まずは話す内容についてよく考え抜きましょう。多くのプレゼンには制限時間があります。制限時間内に終わらせようと思えば、テーマがいくつもあっては困ります。また、テーマが明快でない場合も聴衆の耳に話は届かず、そのプレゼンは徒労に終わってしまいます。

そのためにも、話す内容は自分の伝えたいことではなく相手が知りたいと思っていることにしなければなりません。そしていくつか伝えたいことがあっても、その中からできるだけ絞り込む必要があります。

これができたら次は構成を考えていきます。うまいプレゼンは以下のように3部構成になります。
  1. オープニング
  2. 本論
  3. クロージング

時間配分は、全部で3分ならオープニングに45秒、本論に2分、クロージングに15秒といった具合です。


オープニング

  1. 挨拶
  2. 名乗り
  3. アイスブレイク
  4. 自己紹介
  5. 予告

アイスブレイクというのは場を和ませる言葉や話のことです。

「今日の日経新聞、ご覧になりましたか?」

と言ったり、自分と聴衆の共通話題を投げかけると場の雰囲気がやわらぎます。このアイスブレイクは慣れないと難しいと思いますが、使えるようになるとすごくいいと思います。


予告では、これから始まる本論に期待を持たせるような言葉が良いでしょう。

「今日からすぐに使えるスキルを、2分で5つご紹介します。それぞれの職場・仕事に活かせるものを、1つでも2つでもお持ち帰りいただきたいと思います。」


本論

  • simple
  • speed
  • sefl-confident

これを心がけましょう。

話をシンプルにするために「。」で短く言い切ると聞こえ方がよくなります。「、」や接続詞でつないだ長い文章は聞いている人にとってとても聞きにくいものです。「そして」ばかりになったり、「次に」ばかりになったり、無駄な接続詞もなるべく使わないようにしましょう。


クロージング

冒頭で予告した内容、これを繰り返すと効果的です。

つまり、「今日絶対持って帰ってもらいたいのは、このキーワードです。」とか「今回、お伝えしたポイントは3つありました。○○、△△、□□、この3つです。会社に戻ったら早速実行してみてください。」のように念を押す。

Tipsにしておくとなお印象に残るでしょう。初めに伝えたことでも多くの聴衆は忘れてしまうことが多いものです。

ピークエンドの法則というものがありますが、終わりの挨拶まで気を抜かないようにしましょう。最後の印象が聴衆の記憶に残りやすいからです。プレゼンが終わってから席に戻るまでの間も聴衆はあなたのことを見ています。




この本では上に挙げたプレゼンのコツと、さらにスピーチの具体例まで掲載されています。例えば、転職後の自己紹介や結婚式でのスピーチなどです。CD付きなので、プレゼンの上手い人がどう喋っているのか分かり、参考になりますよ。

残念ながら私には仕事上製品を売り込むようなプレゼンをすることはありません。しかし、講義や講演、学会発表などあれば、本書の内容をいかせそうです。使ってみます。

参考書籍:
仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!
(2008/01/19)
大串 亜由美

商品詳細を見る



関連記事:
メタノート:【書評】「しゃべる」技術~仕事力が3倍あがる話し方の極意
メタノート:ブライアン・トレーシーの 話し方入門







-2 Comments
By オッキー06 03, 2009 - URL [ edit ]

こんにちは。書籍の紹介ありがとうございます。
以前こちらで「「しゃべる」技術 仕事力が3倍あがる話し方の極意」を紹介していただき、非常に参考になったので、今回の書籍もきっといいはず!と思い、注文しました。
FPでないのですが、他の試験がせまっているので、読む時間があるかどうかわかりませんが、その試験が通ったら、プレゼンスキルだけはつけておかないとダメなので。名称独占という試験であり、業務独占ではないので。

読んだらまた感想コメント致します。

紹介ありがとうございました。

By flowrelax06 04, 2009 - URLedit ]

オッキーさん、こちらこそコメントありがとうございます。

プレゼンスキルは自分の価値を高めるという意味で、是非とも身につけたい技術ですよね。

プレゼンは、才能ももちろんあるとは思いますが、ある程度技術でカバーできるものだと思っています。

本の紹介を参考にしていただけたということで、とても光栄です。

資格試験の方も頑張ってくださいね。

コメントありがとうこざいました。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。