スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あれだけ熱を入れて紹介したのに結局使っているフリーソフトはEVERNOTEな件


05 30, 2009 | Tag,EVERNOTE,Dropbox,LiveDrive,LiveWriter,オンラインストレージ,フリーソフト,コンピュータ,IT

evernote3

以前の書評では大前研一さんの著書を紹介し、現代社会を生き抜くために必要な三種の神器ははIT、ファイナンス、英語だということを書きました。

この中で最もてっとりばやく向上させることができるのが「ITの力」でしょうか。「ITの力」って一体なんなのか?プログラムを書くこと?難しいコンピュータの知識を身につけること?

いや、そういうのはプロの人に任せておいて、個人でも身につけられるような、上手なパソコンの使い方を身につけることだと思います。

例えば、Microsoft Officeなんかを使いこなすこともそうでしょうし、Googleの検索を使いこなして知りたい情報に短時間でアクセスできるようになることもそうでしょう。


また、フリーソフトを使いこなすことも「ITの力」を向上させるポイントだと思います。

人間の記憶力には限りがあります。いつでもどこでも瞬時に蓄積した頭の中の情報にアクセスできればいいのですが、そうはいかないのが人間です。忘れることも人間の特技なのだから仕方ありません。

忘れることを前提で考えると、どこかに蓄積しておきたい知識は保存しておくことが大切でしょう。その点、パソコンはとても優秀です。パソコンの中にはたくさんの知識や情報を残しておくことができます。また、最近時々取り上げれるフリーソフトはウェブ上にどんどん情報を記憶させておくことができます。ほとんど無制限にそれが可能になっているのが最近のウェブの世界です。いわば外部脳をウェブ上に持つことができるのです。これは心強い。

ただ、問題が一つあります。パソコン上にしろ、ウェブ上にしろ、無秩序に情報を蓄積していくとせっかくの情報が無駄になってしまうからです。貯めた情報にすぐにアクセスできなければ、その情報は持ってなかったのと変わりがありません。

その点、優秀なフリーソフトがあります。「Evernote」です。

以前に紹介したこの手のツールでは他にもLiveDriveやDropbox、Windows Liveがあります。

LiveDriveはほとんど無限にファイルを保存できるオンラインストレージでした。少し使ってみましたが、無料お試し期間が終わるのと同時に使用しなくなりました。特に困っていません。

Dropbox はパソコン間でファイルを同期できるフリーソフトです。これがあると複数のパソコン間でファイルを共有できるので、ウェブ上のUSBメモリとも言える便利なソフトです。オンライン上に公開されることもありませんので、その点も安心です。複数台のパソコンを使っている人にとっては重宝するソフトでしょう。私もいまだに無料の範囲内で使っています。

Windows Liveのwriterというソフトにはローカルで書いたブログ記事を直接自分のブログにアップ出来てしまうという機能が魅力で使ってみました。ところがこのソフト、使用できるブログが限られているのです。Movable typeやWordpressなど海外のブログがほとんどで、日本のブログには対応していません。設定をいじれば使えるようになるみたい(Windows Live Writerをインストールしてみた)ですが、あまり便利ではありません。なので、今このソフトは使っていません。


結局いろいろ試して一番便利だと感じたのはEvernoteです。これは毎日のように使っています。ブログ記事を書くときにも使いますし、ちょっとしたメモを書くのにも使います。携帯メールを自分のEvernoteに飛ばすこともできます。Twitterからも飛ばせます。そして、すごく便利だと思うのが、タグによる整理ができることです。タグを使ってツリー形式にも分類できるのでタグが増えすぎてわけがわからない、という不便さも解消されています。この辺の整理術についてはこちら佐々木正吾のライフハック心理学:EVERNOTEの「NOTEBOOK」と「TAGに詳しく書いてあります。

難点は日本語のエディタとしては多少貧弱なところでしょうか。漢字に変換するとき、どこの分節で区切るかうまく表示されません。また、Evernoteには検索機能もついているのですが、せっかくの検索機能が英語にしか対応していないという残念な面もあります。

しかし、それを差し置いても便利なソフトだと思います。今はまだ無料の範囲内で使っていますが、いずれ画像をどんどん取り込むようになってきたら有料版にしてもいいかなと思っています。

みなさんもよろしければ是非。


関連書籍:
「知の衰退」からいかに脱出するか?「知の衰退」からいかに脱出するか?
(2009/01/23)
大前研一

商品詳細を見る


関連記事:
必要とされる人材になろう 【書評】「知の衰退」からいかに脱出するか?
LiveDriveとDropboxとEVERNOTEの使い分けについて




2 CommentsPosted in 日記
-2 Comments
By 05 30, 2009 - URLedit ]

こんにちは。Evernote、私も愛用しています。e-257

下記ページによれば、日本でも5万人が利用している模様。
http://www.techcrunch.com/2009/05/21/evernote-stats-one-million-registered-users-360000-active-13500-paid/

>漢字に変換するとき、どこの分節で区切るかうまく表示されません。

ご指摘の、IMEの挙動不審については、私も不便に感じています。英語圏では関係ないんでしょうが、早くなんとかしてもらいたいところです。

>検索機能が英語にしか対応していない

に関しては、若干癖があるものの、検索可能な場合もあります。
以前、ブログに書いたので、下記のリンクを参照してみてください。

[月] Evernoteの日本語検索
http://877.blog2.fc2.com/blog-entry-964.html

By flowrelax05 30, 2009 - URLedit ]

はじめまして、月さん。とても役に立つコメントありがとうございます。

ブログ拝見しました。そうなんですね。日本語検索はできるんですね。知らなかった。

他にもまだ私の知らないEvernoteの機能があるようで、とても興味深く読ませていただきました。

Evernoteは非常に便利で役立つソフトだと感じているのですが、ちょくちょくアップグレードされているし、簡単にはその全ての機能を把握できないのがつらいところです。

もっと使いこなしていきたいと思います。

コメントありがとうございました。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。