スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブクマしっぱなしをどうやって克服するか


04 06, 2009 | Tag,コラム,はてブ

人気投票としての機能も見逃せないソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」に関して、Twitter上でmayumiuraさんが

「とっても知りたいこと。皆さん、はてブって、ブクマした後どうやって「再利用」してるの? 「ブクマしっぱなし」から、どう抜け出すか模索中。」



というつぶやきをしていたので、ブクマ後の再利用を中心に、自分のはてブ利用法について振り返ってみることにしました。


はてブは人気投票の機能としてしか使っていないという人は再利用することもほとんどないでしょうから難しいこと考えずにブクマしまくればいいのだと思います。

ところが中には後でもう一度見たいなという記事が出てきます。

そんな時ブクマしっぱなしを回避するためには記事の検索方法に長けることが大切です。はてブの場合はタグを使いこなすことが重要です。


そこで今回は記事を検索するときに鍵となる「タグを使いこなすこと」、と実際の「私の活用例」について書いてみたいと思います。


タグを使いこなすこと

タグは思いついたフレーズ何個でも作れてしまうので、あまりに細かくタグ分けしていると本当に必要な記事が見つけたいときに見つからなくなります。

「どんな言葉でタグ付けしたっけ?」というふうに頭を悩ませることはしばしばあることだと思います。タグが不便な点はフォルダと違って秩序だって並べられないところです。フォルダであれば、正確な検索ワードを思いつかなくても、フォルダを眺めながら階層を下流に下っていくと探していた情報にたどり着くことがあると思います。しかし、タグではこのような知りたい情報に偶然たどり着く確率が減ります。タグは秩序だって並べられていなので、自分で記事につけたタグの名前を正確に思い出す必要があります。

そういうわけで、最近は気に入った記事にやたらとタグをつけるのはやめにしました。わけがわからなくなってくるので。

自分の「はてブ」を見るとまだまだタグは散乱していますが、似た種類のタグは一つにまとめるなど整理していきたいと思います。

実際にブクマした記事をどれくらい後で見直しているかというと、実はそんなに見直していなかったりします。だからこの記事は今回限りで2度は見ないなと思ったらあえてタグをつけないというのも手かもしれません。人気投票として使うならタグ付けする必要ありませんよね。


私の活用例

ちなみに私がもっとも使うタグは「おもしろそうな本」というタグです。ウェブ上を巡視しておもしろそうな本を探し、発見したはいいけど、いちいちメモしておくのは面倒だと思ったら、ブックマークして「おもしろそうな本」タグをつけておきます。

こうすることで後から「おもしろそうな本」でタグ検索すればアマゾンで一括注文することができます。

誰かの書評記事を読んだりしていると、その時は熱くなってこの本読んでみたい!なんて思ったりしますが後になって熱が冷めたころにはあまり興味がなくなっていたりします。実際に手にとってみることができないネット注文の世界では頭の中で一度冷却期間を置いて冷静に判断できるのも「はてブ」しておくことのメリットだと思います。



他の人がどんな風にブクマしっぱなしを回避しているのか、ブクマをどうやって使いこなしているのか、気になるところですね。


追記:二十歳街道まっしぐら:「ブクマ」するのが楽しくなるくらい便利な「はてブ」専用アドオン にHatena bookmark アドオンが紹介されていました。まだテスト段階だそうですが、これは便利そうですよ。ますますはてブが使いやすくなりそうです。タグがフォルダに劣る点も克服されるかも!?



0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。