スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


法律に対するハードルが下がる一冊 【書評】六法で身につける 荘司雅彦の法律力養成講座


03 20, 2009 | Tag,法律,六法

六法で身につける 荘司雅彦の法律力養成講座六法で身につける 荘司雅彦の法律力養成講座
(2009/01/24)
荘司 雅彦

商品詳細を見る

私たちは法律の範囲内で生活していますが、そのわりにあまりに法律のことに関して無知かもしれません。かといって法律の教科書は分厚すぎるし言葉は難解だし、読む気にはなれません。

本書は全ての法律を網羅した専門書ではありませんが、なんとなく法律ってこういうものなのか、ということを感じるのにはいい本だと思います。

著者の荘司雅彦さんは脱サラして弁護士になられた方で、弁護士活動の他にも執筆活動が盛んなようで、他にも勉強本など多数出版されています。当ブログ:嘘を見破る質問力 でも一度取り上げたことがありました。
目次

第1章 六法ってなんだあ?
第2章 法律のキモ「基本的人権の尊重」
第3章 憲法の授業―バランス感覚を身につける
第4章 刑法の授業―論理力を身につける
第5章 民法の授業―観察眼を養う
第6章 商法の授業―ビジネス感覚を磨く
第7章 刑事訴訟法の授業―トラブルから身を守る
第8章 民事訴訟法の授業―争いを切り抜ける



目次を見ると分かる通り、六法を俯瞰するような形になっています。


義務教育で憲法の3大原則として国民主権、基本的人権の尊重、平和主義と教わったと思います。この中で最も重要なのは「基本的人権の尊重」です。国民主権も平和主義も基本的人権を尊重するためにあるようなものだということです。

基本的人権の尊重の内容は「個人の権利は最大限尊重されるものであり、各個人は他人の権利を害しない限りいかなることをも行う自由を有する」というものです。

これは本書で、というか法律を理解するで最初から最後までに出てくる重要な考え方です。



刑法は死刑や懲役という生命や自由を奪う効果を持つものですから、基本的人権が常に尊重されることからも厳格に罪の有無が問われます。

ここでは「構成要件」、「違法性」、「責任」という言葉の理解がキモになりますが、これらに照らし合わせて有罪を確定するのに足る論理的整合性が保たれているかが検証されます。


民法が取り扱う範囲は物権、債権、親族、相続となります。これらの言葉が示唆するように、当事者間でどこの誰に権利があるかについて裁く法律です。ここで裁くためのキーワードになる言葉は「契約」、「不当利得」、「事務管理」、「不法行為」です。これらに照らし合わせて権利の主体がどこにあるか検証されます。


商法は字の如くビジネスに関する法律です。株主総会や取締役会、監査役会などについての取り決めもここにあります。ここで初めて知ったのですが、最近話題のAIGの取締役のボーナス、これは取締役会ではなく、株主総会で決まるのですね。株主総会にはAIGの株式をたくさん持っている人たちの集まりなので、厳密には取締役会の構成メンバーとは違うはずです。あまり変わらない場合もあるのかもしれませんが。変わらないのだとすると、自分たちのボーナスを自分たちで決められるというおかしな話になってしまいます。


刑事訴訟法、これは刑事事件に関して裁判所で裁判を行う時のルールです。疑わしきは罰せず、の「無罪推定の原則」があります。とはいっても実際には検察側に先入観みたいなものが働いている場合も多いようです。


民事訴訟法で大切なのは処分権主義というものです。訴訟を開始するかどうかは当事者の自由裁判所は裁判対象の範囲内でしか判決は下せない訴訟の終了は当事者同士で決めることができる、というのが内容です。示談、という言葉がありますが、当事者同士で示談できるのは民事訴訟法によるのですね。


本書は難しい法律の話題でありながら、分かりやすい例示や分かりやすい言葉を用いて一般向けに書かれています。
私も本書をきっかけにもう少し法律のことが分かるように勉強していきたいと思います。

関連記事:
当ブログ:嘘を見破る質問力




0 CommentsPosted in 法律
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。