スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生命保険選びで迷っているあなた、もっとシンプルに考えてみては?


03 10, 2009 | Tag,生命保険,ライフネット

生命保険は若い人にとって結婚をきっかけに契約することが多いのではないかと思います。自分が不慮の事故で死んでしまった場合でも、残された家族がいきなり路頭に迷わないようにしてあげたいですよね。

そして、この生命保険、一生のうちで住宅についで高価な買い物といわれています。契約はサイン一つですが、慎重に考えて契約したいところです。

最近FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格をとったからというわけではありませんが、生命保険選びについて自分なりに答えに到達したのでエントリーしておきます。



生命保険選びのポイントは色々あるとは思いますが、若い世代向けに値段と保障で見てどれくらい合理的か、という点に注目します。

そこで今回は生命保険のタイプ(終身にするか掛け捨てにするか)ネットで買うか対面で買うか、というこの2点に絞って検討することにします。



終身にするか掛け捨てにするか


まず迷うところが、「終身」にするか「掛け捨て(定期)」にするかという点だと思います。

「終身」の場合は死亡した時の保障をつけながら、もし何もなければ満期になった時にお金がもらえますよ、というものです。満期にならなくても契約の途中で解約する場合は解約返戻金として掛け金の一部は返ってきます。保険をかけながら貯金もしていく、といったら分かりやすいかもしれません。


「掛け捨て(定期)」の場合は終身と違って貯金はできません。毎月毎月お金を払って、何もなければそれはドブに捨てていくような感じです。しかし、「掛け捨て」の場合は「終身」と同じ金額を毎月払っていても保障される額ははるかに高額になります。貯金の性質を捨てれば、少ない掛け金で大きな保障を受けることができるわけです。



自分で貯金をするのが苦手な人や、個人の資産運用なんて考えるのは面倒くさいと考える人は「終身」がよいと思います。この場合は、掛け金の一部は保険会社が運用してくれます。

そうは言っても保険会社に運用をまかせてはおけない、自分で運用するよ、という人にとっては「掛け捨て」がいいでしょう。「掛け捨て」なんと言っても少ない掛け金で大きな保障を得ることができます。



要するに、保険と貯金を分けて考えられる人にとっては「掛け捨て」、貯金をするのが苦手な人は「終身」にするとよいと思います。



私の場合は以前は大手生命保険会社の「終身」を契約していたのですが、最近「掛け捨て」に変更しました。変更後は最も合理的と考えられたライフネット生命保険にしました。



ネットで買うか対面で買うか


生命保険の適正な価格について

生命保険の価格には純保険料と付加保険料が含まれています。純保険料が原価にあたる価格で保険そのものの値段と考えてよいでしょう。それに対して付加保険料は生命保険会社が自由に価格設定できる部分で運営経費にあたりますので、各社の人件費などはここに乗ってきます。

付加保険料


保険商品は大きく対面での販売とネットを経由した販売と二つに分かれると思います。人件費のことなど構造的にどちらがコストを安く押さえることができかというと、もちろんネット販売ですよね。保険会社のセールスレディなんていうのはよく見かけたものだと思います。彼女たち一人一人の人件費のことを考えると、対面販売の保険商品にはこれらの人件費も含まれた価格がついていると考えるべきです。

あまりこの付加保険料と言うのは公開されていません。というのも、付加保険料が各社で公開されたらあまりにも分かりやすくネット販売が有利だということがはっきりするからでしょう。



そういうわけで、掛け捨てであること、ネット販売であることの条件を備えていて、ウェブにアクセスすると保険選びについての分かりやすい解説がされていた、などなどの点から「ライフネット生命保険」を選んだわけです。


どれくらい会社自体に信用度があるかも契約する際には考慮したいところです。ライフネットさんはネットでの情報開示の徹底ぶりもすごいのですが、先日開催されたライフネット「ふれあいフェア」では社長と副社長の顧客を大切にする姿勢をすごく感じることができました。



自分が契約してるからというわけではないですが、ライフネットさんはお薦めだと思います。

生命保険



参考:
週刊 ダイヤモンド 2009年 3/14号 [雑誌]週刊 ダイヤモンド 2009年 3/14号 [雑誌]
(2009/03/09)
不明

商品詳細を見る

↑FP17人による生命保険選びでライフネットさんの「かぞくへの保険」が1位になっているみたいです。

比較サイトはこちら▼
保険市場
他にもネット生命保険はありますね。



医療保険についはまた今度。





2 CommentsPosted in FP
-2 Comments
By あろえ09 06, 2010 - URLedit ]

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

By flowrelax09 09, 2010 - URL [ edit ]

はじめまして、あろえさん。

生命保険も勧められるままではなく、自分できちんと判断し、納得して選べるようになるといいと思います。

コメントありがとうとざいました。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。