スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【まとめ】印象に残った9冊 - 2009年2月


02 28, 2009 | Tag,レビュー,まとめ

【知を磨く】

1.ディープスマートという知識【書評】「経験知」を伝える技術 ディープスマートの本質

経験したことのない問題でも対応できるような、応用範囲の広い本質的な知識を身につけたいですね。



2.ひらめきと潜在意識 【書評】サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代

たくさん情報を収集して、前意識、無意識に蓄えておくのと同時に自分の頭をひたすら使って考えることが大切なんですね。忘れてしまうことはあまり気にしないように。



3.今求められている力【書評】知的複眼思考法―誰でも持っている創造力のスイッチ

知的複眼的思考。日々のニュースすら、さまざまな視点から考えてみることが新しい発見につながります。考える力こそ人生を生き抜く力になります。



【経済】

4.【書評】資本主義は嫌いですか

バブル崩壊に原因になったサブプライムローン、金融工学、住宅ローンの流動性の低さが問題として取り上げられていました。



【経営】

5.V字回復のIBM 「巨象も踊る」

IBMがV字回復する様子がよく分かります。大きな組織ほど変革に対する抵抗力が強く、大きな組織を変えるためには強力なリーダーシップが必要なのですね。



【投資】

6.ファンダメンタルを読み解くために。「デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座」

個人投資家が企業を分析してみるのに役立つ視点が書いてありました。そういえば、これを読んでJR株が気になっていたんでした。



【社会】

新年度が始まる前に自分の労働環境を見直す上で役に立つ一冊。

7.あなたの会社の労働環境は大丈夫?医師の労働環境について考えてみた。【書評】労働法のキモが2時間でわかる本

自分の労働環境についても考えさせられました。



健康保険や年金のことについてもおさえておかないと。

8.社会保険についても知っておいた方が良さそうですよ。 【書評】社会保険・年金のキモが2時間でわかる本



【コミュニケーション】

9.【書評】「しゃべる」技術~仕事力が3倍あがる話し方の極意

日々のコミュニケーションに、プレゼンに応用範囲の広い一冊。



今月は読んだり書いたりする行動について考えさせられる本が多かった気がします(今回ピックアップしなかったものも含めて)。




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。