スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


資産運用を始める前に読む本【書評】資産運用の強化書


01 22, 2009 | Tag,投資,資産運用,,債権

資産運用の強化書 (Modern Alchemists Series No. 70)資産運用の強化書 (Modern Alchemists Series No. 70)
(2008/12/05)
角山智

商品詳細を見る


本書は金融資産を利用した、資産運用全般についての話が分かりやすくまとまっています。さらに嬉しいのは、すぐに実践できるように具体的な銘柄まで記載されている点です。2008年後半の本なので、出てくる銘柄はそのまま参考にできると思います。

こういった本は出典というか、この本がどの本を参考にして書かれているか、という点が信用に足るかどうかの一つのポイントだと思います。その点、本書は投資本として有名な、いわゆる名著と言われる本を参考にしている(巻末にお奨めの投資本として紹介されています)ので安心感が増します。



結論から言うと、資産運用の基本は「国内株式、海外株式、国内債券、海外債権、REIT、商品、新興国それぞれのインデックスファンドに幅広く分散して投資し、経済や相場の流れによってこれらの比率を変えていく」、ということになると思います。

選ぶのはETFでも良いと思いますが、個人投資家が資産を徐々に形成していくという点では積み立てが出来たほうがよいと思います。ETFの方が手数料が安いことが多いので、その点は良いのですが、積み立てできるETFとなると、数も少なくなるようです。どちらにしろ、コア投資として考えるのは、インデックスファンドもしくはETFが良いと思います。


コア投資を始めたら、さらにやる気のある人が目をつけるのはバリュー投資でしょうか。個人投資家は原則プロに適いませんし、その平均リターンは市場平均を下回ると考えておいたほうが良いでしょう。

しかし、その原則が通じない「アノマリー」というものがあります。これは押さえておいたほうがよさそうです。

メジャーな銘柄ではなく、誰も目を着けていなさそうなマイナーな、だけど将来性のある小型の株です。
そもそもこれを見つけるのが大変なのだとは思いますが、見つけることが出来れば個人投資家でも市場平均を上回ることができるでしょう。

他にも、「1月は株価が上昇しやすい」、「4月は日本株が上昇しやすい」、「10月は米国株が安値をつけやすい」、「節分(2月3日)は株価が高く、彼岸(3月20日)は株価が安くなる」、などの効率市場仮説で説明できない「アノマリー」もあります。


市場の動向を観察する手段として役に立つ指標
  • 長短金利差

  • 逆イールドは景気悪化を招く。逆イールドというのは政策により短期金利が長期金利を上回ってしまうこと。

  • イールドスプレッド

  • =REIT配当利回り-長期金利。不動産市況が過熱すると、利回りを無視するほどの売買が行われる。なので、この値がマイナスだと不動産市況の過熱していることを意味する。

  • 商品市況

  • 例えば石油の値段が上がれば、それに伴いトイレットペーパーの値段が上がる。これは、急騰するとインフレになる可能性が上がることを意味する。

  • 銀行株指数

  • インデックスに先行して下がる。

  • クレジットスプレッド

  • 米国債とハイイールド債(信用格付けの低い高利回り債権)の利回りの差。信用収縮が起これば拡大する。

  • 恐怖指数

  • こんな指数があるのですね。知らなかった。大底にて急上昇します。40%を超えると、相場は大底をつけるといわれています。ちなみに、調べてみましたが現在は46です。大底ということですね。




本書には指標になる指数を米国Yahooを利用した便利な管理の仕方が書いてあったので、早速アカウントを取得してマイポートフォリオを作ってみました。これまで日本のYahooファイナンスしか利用してませんでしたが、米国のYahooファイナンスも使ったほうが良さそうです。とてもよく出来ていますね。

まだまだ金融リテラシー不足を痛感してしまいました。基本的な考え方は分かってきた(つもり!?)ので、もっと知識を深めていきたいと思います。


本書に紹介してある著者のサイトはこちら▼
パーシャル・オーナー



-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。