スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


成功本【書評】宇宙を味方にしてお金に愛される法則


01 12, 2009 | Tag,自己啓発,引き寄せの法則,成功本

宇宙を味方にしてお金に愛される法則宇宙を味方にしてお金に愛される法則
(2007/06)
ボブ プロクター

商品詳細を見る


今日は自己啓発本を紹介します。

本書はお金持ちが身につけている「豊かさマインド」を身につけて、思ったとおりの自分を実現す方法について書かれた本です。目的達成のために「引き寄せの法則」や「振動の法則」といった自己啓発本ではお馴染みの言葉も出てきます。それもそのはず、著者のボブ・プロクターさんはザ・シークレットの映画にも関わった方です。

本書が他の成功本と違うのは、「成功本の言っていることは分かるのだけれど、なんとなく腑に落ちていない人」のためにも書かれている点です。

世の中の成功本とその読者数の割りには、実際に誕生している成功者は少ないと思います。



裕福な人がお金を持っている理由は、「豊かさマインド」が心の中に培われているからだと言います。「豊かさマインド」というのは、お金に対して自然体でいられるということです。

裕福な人はお金の話をすることに不愉快な感情を抱くことはありません。一方私たちはどうでしょう?お金の話は日常の中であまり好まれませんよね。

何も裕福になるのに必要なのは、「心がけ」だけだ、と言っているわけではありません。お金について正しい知識を持つことでお金の性質を知り、お金を引き寄せようと言っているのです。



あらゆる考えや計画、目標は、信念と期待を込めて思うことを繰り返すことで、潜在意識に植えつけることができます。

潜在意識のレベルでも、心の底から思っているものほど、具体的なイメージとして頭の中にそれを思い浮かべることができ、意図したものか偶然かは分からないような形で現実となって現れます。

思い描いた願望はできるだけ明確にイメージ化できることが必要です。
理想とする憧れの人をモデルにイメージするのも良いでしょう。

つまり、自分を含めて周囲のあらゆるものは自分の潜在意識が作り出したものである、とも言えます。周りを変えたければまず自分が変われ、とよく言いますが、それはこういう原理でもあるのです。

私たちの思考パターンで多いのは、まず結果からイメージして、結果→思考→概念という風にたどるというものです。そうではなく、初めに自分の願望である思考から入り、思考→概念→結果という風に結びつけた方が、自分の望みに近い世界が創れるでしょう。



自分を変えたいと思う人は、本書を参考になりたい自分を明確にイメージし、それを声に出して読み上げ(アファメーションというテクニック)、「そんなの無理だ」という悪魔のささやきに耳を貸さず、ひたすら忍耐強く、信じ続けるのが良いと思います。

そうすれば、願望に行動が伴うようになり、なりたい自分に一歩近づくことができるでしょう。


関連記事:
引き寄せの法則、アファメーションについて:引き寄せの法則
引き寄せの法則について:The Secrets
総合的な自己啓発本:ユダヤ人大富豪の教え




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。