スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「脳にいいこと」だけをやりなさい!


12 16, 2008 | Tag,自己啓発,

「脳にいいこと」だけをやりなさい!「脳にいいこと」だけをやりなさい!
(2008/11/07)
マーシー・シャイモフ

商品詳細を見る


本書は脳科学者茂木健一郎さん和訳による自己啓発本です。
「脳をいかに活性化させて、幸せになるか」という点について書かれています。中には「引き寄せの法則」などどこかで聞いたことのある内容も出てきますが、自己啓発という意味においてはどの本も幹になる部分は変わらないのでしょう。


世の中に絶対的な幸せと言うものは存在しません。幸せというものをどう捉えるか、どのようなことに幸せを感じるかはその人次第です。「自分の脳がそれをどう評価するか」次第なのです。

また、何かを手に入れたいという欲望は、それが実現しても本当の喜びをもたらしてくれないばかりか、さらに別の欲望を喚起するだけということも覚えておく必要があります。



脳にいいこと 7つのポイント

  1. ネガティブ思考の大掃除をする
  2. プラス思考で脳にポジティブな回路をつくる
  3. 何事にも愛情表現を忘れない
  4. 全身の細胞から健康になる
  5. 瞑想などで脳を「人智を超えた大いなる力につなげる」
  6. 目標を持ち、脳に眠る才能を開拓する
  7. 付き合う人を選んで、脳にいい刺激を与える

勝間和代さんの三毒にも通じるところがありますが、私たちから幸せを奪う習慣は、主に「不平を言う」、「他人のせいにする」、「自分を恥じる」です。自分を認め、押し殺してきた感情や過去の経験を受け入れるのです。そして、「解決策に目を向け」、「逆境から教訓や利点を探し」、「自分を認め」ます。

プラス思考をするために、脳をホッとさせる「4つの質問」を行いましょう。
  1. それは真実か
  2. それが真実だと言い切れるか
  3. それを信じていとき自分はどんな反応をするか
  4. それを信じなければ自分はどんな人間になれる
これは認知行動療法の手法に近いと思います。

欲しいものや満たされないときにでも、ひたすら感謝の種を探し、どんなに小さな進歩でもそれを喜ぶこと。幸せだから感謝するのではないのです。感謝するから幸せなのです。

「付き合う人を選ぶ」と良いのはミラーニューロンで説明できます。目に映るものを真似しようとする性質です。だから、自分が目標とする人物や理想とする人物と意識して付き合うことで自分を変えることができます。

本書には、他にも「脳に良い生活習慣」や、「瞑想のススメ」についても書かれています。


起きていることはすべて正しいではないですが、今ある現実は自分が引き寄せている事実だと考え、そこからさらにどういう未来にしたいかを考えるのが大切なのだと思います。



最後に、本書に紹介してあったネガティブ思考を追い出すゲームを。

「言い訳、不平、愚痴、後悔の言葉を口にした人は罰金を支払う」
というものです。大事なことは金額ではありません。習慣づけることです。
親しい人とゲーム感覚でやってみるといいと思います。

私もさっそくやってみたいと思います。



-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。