スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本


12 05, 2008 | Tag,数学的思考力,経済

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!
(2008/09/01)
細野 真宏

商品詳細を見る


数学的思考力というのは、「物事の仕組みを一つ一つ整理して考えることができる能力」のことで、これを身につけることで物事の本質を見抜くことが本書の狙いです。

細野真宏さんと言えば、受験生時代に数学の「面白いほどよく分かる本シリーズ」でとてもお世話になったことを覚えています。市販の数学の参考書、問題集の中では最も偏差値アップに貢献してくれたのではないでしょうか。

タイトルにある”飛躍的に身につく”のような派手なフレーズは”面白いほどよく分かる本”シリーズの時と変わっていないようです。

とにかく、細野真宏さんの著書だったので、楽しみにして読みました。



情報の本質を見抜くためには、なにはともあれ

  仮説 → 検証

というプロセスが大切で、日々のニュースを見るときでも、記事に書いてあることに対して問いかけながら読むといいようです。そして新聞の場合、求めている情報はその日にとどまらず、数日後にも別の角度から提供されていることがあるので、それらの情報を横につなげながら裏に隠れたストーリーを読みとるのです。そうするとニュースがより分かるようになります。

また、前提を疑う力も必要です。仮説には様々なバイアス(偏見)がかかりやすいので、一度ゼロベース思考に立ち戻ることも大切です。テレビ報道なんかはバイアスを作り出すのに大きな影響力を持っています。報道に振り回されないことです。



「応用可能な良質な知識を覚えてしまって、それを実戦で使えるように繰り返し練習する」という細野真宏さんの考え方は、数学に限らず、広く「学習」という意味において本質に迫っていると思います。

いくら思考力があっても数学の問題はそれだけでは解けないし、いくら暗記力が良くてもやはりそれだけでは数学の問題は解けないのです。つまり、数学では問題を解くための道具となる公式をまずは覚えて、それを様々な場面で応用できるように、問題を解きながら覚えていくのです。


経済を理解するのも同じことなのだと思います。読書を通じて経済の話題にも親しむようになりましたが、次にしなければいけないと感じたのは、そこで得た知識を、ニュースを読みながら考える道具として使うということです。

数学と同じですが、覚えた公式は使わないと忘れるからです。



本書の中には経済を読み解く部分が出てくるんですが、これが意外と分かりやすくておもしろかったです。次は
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編
(2003/01)
細野 真宏

商品詳細を見る
を読んでみたいと思います。




-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。