スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術


11 25, 2008 | Tag,読書術

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
(2008/10/23)
藤井 孝一

商品詳細を見る


本書の著者は本のソムリエ藤井孝一さんです。藤井さんは8年間ビジネス書の書評をメールマガジンで読者に伝え続けている方です。

本書は経験に裏打ちされた内容になっているため、とても説得力があります。本書は本の選び方から始まり、読書術、活用法に至るまで網羅された本で、ほとんどの読者に参考になるであろう内容が書かれています。

内容自体は私も同じく実践していることが多かったので、共感しながら読むことができました。



成功している人に読書をしない人はいないとよく言いますが、これは真実なのだと思います。しかし、その逆で、読書をしている人の全てが成功するのか?というと、それは違うような気がします。なぜかと言うと、それはおそらく読書の活かし方が個人によって違うからです。


本書は、読書をただの”読んだだけ”という状態から”読んで活かす”というレベルまで、著者の経験を通して分かりやすく伝えようとしているところが特徴的な点だと思います。特に、本の選び方、読書レポートの作り方、読書を通じた人脈作りという点が興味深く読めました。


本書を特にお薦めしたい対象者は

  ・本なんて読んでもすぐに忘れてしまうんだから意味ないでしょ、と感じている人
  ・読書を始めてみたものの習慣作りが上手くいかない人
  ・自分の読書術に自信がない人
  ・読書ノートの作り方に自信がない人

です。



私の読書が著者の読書術と共通しているなと感じた点は、

  ・本の選び方
  ・隙間時間の利用
  ・一日一冊読書
  ・目的を持って読む
  ・まえがき、あとがき、目次の活用
  ・本にメモする
  ・本の最初や最後の空いたスペースにまとめメモを作る
  ・読書記録をつける

で、


著者が行っていてこれから私も取り入れたいと考えている点は、

  ・3色ボールペンを使う
  ・読んだ時間の3倍考える
  ・本を贈り物にする
  ・読書レポートの作り方

です。


限られた時間で読書を行わなければいけないこと、その限られた時間で本をどう読んで、どう活かすかは、常に私にとってもテーマです。まだ私が十分取り入れられていない上記の中で、最も力を入れないといけないと感じたのは、”読んだ時間の3倍考える”、という点です。弾言 成功する人生とバランスシートの使い方の小飼さん的に言うと、”本を読んだら次は自分を読め”、です。まさに、そこなんです。


他に本書の優れている点は、読んですぐに実行できるということがあります。
本書の中に読書レポートの作り方としてテンプレートが紹介されていましたが、早速活用させていただきました。

テンプレートの内容をまとめさせてもらうと、

  ・本書の概要
  ・本書の主張
  ・本書が描かれた背景と意義
  ・本書の特徴(類書との相違など)
  ・読後感
  ・お薦めしたい対象者

  ・本書のテーマに関する一般的な認識
  ・本書のテーマに対する自分の考え方・考え方の変化
  ・本書のテーマに関して私が置かれた状況
  ・その状況に本書をいかに活用するか
  
  ・本書のユニークな活用法

このような感じです。
今日のブログはこの形式にできるだけ従ってみました。
分かりやすい文章を書くのは難しいものです。
当面はこの形式を参考にさせてもらいたいと思います。


著者の藤井さんのブログはこちら→ビジネス選書&サマリー



-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。