スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビジネスマンのための「数字力」養成講座


11 02, 2008 | Tag,思考力,数字力,統計

タイトル通り、ビジネスマンの方が読むと、より内容の良さを実感できるかもしれません。
本書は数字力をどうやって身につけ、どうやって活かすかについてビジネスマン向けに書かれています。

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書 20)ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書 20)
(2008/02/27)
小宮 一慶

商品詳細を見る


2日前に紹介した畑村洋太郎さんの本、当ブログ:数に強くなるの主張と本質は似ています。できるビジネスマンや経営者は必ずと言っていいほど数字に強いそうです。

それは、人を説得させるためにはあいまいな言葉より数字の方がより説得力を持つし、現状の把握や目標の設定は数字で行わないと明確にならないことからも分かると思います。

数字力を養成するためには上を目指すビジネスマンにとっては必須の力と言えるでしょう。
  • まず、関心を持つ
  • 数字の定義を知る
  • 数字と数字の関連付けができる
  • 基本的な個別の数字を知っている
  • これらの知識を使って未知のことを推論できる
数字だから関心を持たないと頭の中に入ってきません。定義を知ることも一緒です。
無機質な数字はこちらから意味づけをしてあげないと自分のものにはならないのです。

さらに数字を操るためには桁数を間違えないことと、端数を気にしないということが大切です。桁数を間違えない程度に大まかに数字を捉えるのです。

そして、数字に意味を持たせるためには、会社なら似たような会社で比較してみるとか、自分の会社だったら時系列で比較してみることが有効です。

数字力を使うために、覚えておかないとどうしようもない、基準となる数字を紹介します。
  • 日本の人口:1億3000万人
  • 65歳以上の人口割合:20%
  • 2007年に生まれた子供の数:109万人
  • 平成20年度の国家予算:83兆円
  • 日本の財政赤字:800兆円
  • 日本の世帯数:4500万戸
  • 日本のGDP:500兆円
  • 日本の労働分配率(付加価値に占める人件費の割合):60%
  • アメリカのGDP:13兆ドル
  • 中国のGDP:2兆ドル
  • 世界のGDP:44兆ドル
  • 世界の人口65億人
  • トヨタの売上高:24兆円
  • トヨタの営業利益:2兆円
  • トヨタの従業員数:6万8千人

数字はなるべくざっくしりた形に直してみました。その方が使いやすいと思いますので。


この中の数字を使って日本の労働者一人当たりの年間平均給与が算出できます。

(答えは450万円)

大切なことは正確な数字を算出することではなく、だいたいの数字を算出できるようにすることです。



私も数字を使って考える、数字を使って説明してみる、ということを日常の生活の中で実践してみたいと思います。


小宮さんの本は各章で重要な内容が枠で囲まれていたり、太字になっていたりするのでとても読みやすいです。また、巻末のまとめも役に立ちます。



-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。