スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロジカルシンキング


06 25, 2008 | Tag,ロジカルシンキング

ロジカルシンキングを身につけることも今のテーマの一つです。

分かりやすく相手に伝えることって大事ですよね。
仕事でもプライベートでも役に立つと思います。

勝間さんの著書を参考に、これまで読んできた本のご紹介です。

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
(2001/04)
照屋 華子岡田 恵子

商品詳細を見る

私の場合、まず 「ロジカルシンキング」 を読みました。
結論を想定した話を切り出すこと、重複なく漏れなくズレなく伝えるためのMECE(ピラミッド理論)について書いてあります。常にSo what? Why so?と問いかけながら考える。
本の値段も高いし、難しそうだなと思ったんですが以外とスラスラ読めます。

問題解決プロフェッショナル「思考と技術」問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
(1997/01)
齋藤 嘉則グロービス

商品詳細を見る

この本も上記のロジカルシンキングと主張していることはだいたい同じです。
私は2冊とも読みましたが、本質だけ理解するという意味ではどちらか一つでもいいのかもしれません。
こちらは
1.ゼロベース思考(既存の概念にとらわれない。顧客にとっての価値を優先する考え方)
2.課題の設定
3.解決策の仮説(現時点での結論)
4.検証・評価
5.実行
1 → 5 の思考の流れを推奨しています。
課題の設定と解決策を考えるところでMECE、ロジックツリー、フレームワークが登場してきます。

こちらの本の方が「ロジカルシンキング」より少しだけ実践的といった印象です。

ただ、この手の本をいくら読んだところでロジカルシンキングできるようにはならないんじゃないかと思います。つまり、こういう思考能力を鍛えるためにはアウトプットする練習が不可欠だということす。
自転車に乗るにも、まずやってみないと乗れない、のと一緒だと思います。


アウトプットするために買ってみた本がこちら

考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉
(2006/01)
バーバラ ミントグロービスマネジメントインスティテュート

商品詳細を見る

読んでみました。練習問題もやってみましたが、どうなんでしょう。
ちょっと期待外れでした。即実践で役に立つというものではありませんでした。


他にロジカルシンキング関係で読んだ本としては

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
(2007/06/29)
渡辺 健介

商品詳細を見る

です。
こっちを一番はじめに読んだら良かったかもしれません。
ものすごくロジックツリーについて平易に書かれています。

たぶん、小中学生を対象に書かれた本なんじゃないかなーと思いました。
教育に良さそうです。


長々と書いてまいりましたが、私が自信を持ってお勧めするのは最初の2冊ですね。
これで大体概観がわかると思います。
その後は実戦練習を積むことだと思います。


本当はセミナーなんかに行くのいいんでしょうが、なかなか機会に恵まれないので、勉強の題材など、今考えていることを宣言しておきます。

1.勝間さんのビジネス思考力養成セミナーのテキスト、オーディオブックを試してみること(セミナーの内容がテキストとオーディブックになってるらしいです)。
勝間和代 ビジネス思考力養成セミナー

2.今話題の
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
(2008/06/15)
勝間 和代

商品詳細を見る

を読むことですね。

どういう効果が得られたかは今後報告していきたいと思います。

人気ブログランキングへ


-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。