スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法


10 20, 2008

落ち込んだり、ハイになったり、誰でも気分の浮き沈みはあるものです。この気分の浮き沈みが激しいものが躁うつ病です。躁うつ病は気分の浮き沈みを繰り返す病気ですが、うつ病は気分が沈み続けます。

本書はうつ病の治療法の一つである認知療法に焦点をあてた本です。値段から察するとおり、ものすごく分厚い本で700ページくらいあります。

〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法
(2004/04/27)
デビッド・D.バーンズ山岡 功一

商品詳細を見る


本書はうつ病の成り立ちから治療法、認知療法、薬物治療まで幅広く、専門的ですが、一般の人にも分かるように易しく書かれていています。うつ病でない人でも自分は気分が落ち込みやすいなと感じている人に役に立つ内容だと思います。


内容が多岐に渡るので、認知療法に焦点を絞ります。

一般にうつ病の治療は抗うつ薬による治療が広く行われていると思います。しかし、認知療法は薬物療法より速やかに効果を発揮し、1年以内の再発率は薬物療法の半分以下といわれています。しかし、本書は薬物治療を否定するものではありません。これらは相互に補い合うものです。


まず、うつ病の診断ですが、診断にはベックうつ病調査票というのを用います。

いいサイトがあったのでリンクしておきます。
ベックうつ病調査票

これを見ると、診断基準を満たさなくても、多少は自分にあてはまるのが分かると思います。


認知療法のメリットを4つにまとめると、以下になります。
  1. 速やかな症状の改善
  2. 症状の理解
  3. 自己コントロール
  4. 予防、そして成長

認知療法の原理は、自分が感じている気持ちというのは全て自分の認識によるものだ、というところにあります。ある人にとっては嬉しいことでも、別の人から見ると悲しいことだったりすることは日常生活でもよく経験することだと思います。このように目の前の事実に対する考え方というのを認知といいますが、うつ病の患者さんの認知は極端に悲観的になります。

うつ病に特徴的な認知の歪みを紹介すると、
  1. 全か無か思考
  2. 一般化のしすぎ
  3. 心のフィルター
  4. マイナス化思考
  5. 結論の飛躍(心の読みすぎ、先読みの誤り)
  6. 拡大解釈と過小評価
  7. 感情的決め付け
  8. すべき思考
  9. レッテル貼り
  10. 個人化(「これは私の責任だ。なんてダメな母親なんだ。」)

認知療法では自分の思考をまず紙に書き出し、その考えに対してどういう認知の歪みがあるかを分析します。そして、その認知が妥当なものか検証します。トリプルカラム法と言って、表にしてこれを行います。この過程を通じてうつ病の患者さんは認知がゆがんでいることが自覚します。

このように、自分自身の認知の歪みを自覚することが有効な治療になるようです。

大切なことは必ず紙に書き出すことです。また、この手法を一人で行うのはおそらく重症のうつ病患者には難しいでしょう。ただでさえ思考のネガティブスパイラルに陥りやすいのに、一人で認知の歪みを治すのは難しいと思います。それこそ精神科医などの助けが必要なんだと思います。



一般に精神科の病気には偏見があるように思います。また、自分が精神科の病気を患っているということはなかなか自分では認めたくないものです。

外見は普通の人と変わらないので、病気と認識されにくいのも問題です。

最近、職場の同僚がうつ病で休職しました。うつ病は思ったよりも身近な病気です。放っておくと死に至ります。自殺による死亡が多いのがうつ病の特徴でもあるのです。

誰でも落ち込むことはあります。ベックうつ病調査票をやってみて少しでもうつ病の傾向があるようなら、本書を読むか、一度精神科に相談に行くと良いと思います。何らかの解決策が見つかって楽になる可能性があります。

一人で悩まないことが大切です。




0 CommentsPosted in 心理
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。