スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック 第2版


10 09, 2008

SEOというのは”自分のサイトをヤフーやグーグルの検索結果でいかに上位に表示させるか”というテクニックのことです。
検索結果の上位にランキングされれば、それだけそのサイトを訪れる可能性が高くなるので、広告効果としては抜群です。

著者はSEOに関する講演やコンサルタントを数多くされていて、この本でも比較的分かりやすく、検索サイトの上位に表示させるテクニックを公開しています。

ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック 第2版ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック 第2版
(2008/09/11)
鈴木 将司

商品詳細を見る


現在検索サイト首位は世界的に見ても圧倒的にGoogleなのですが、なぜか日本だけはYahooの利用が約60%を占めていて高率になっています。

Googleは攻略するのが難しく、ユーザーにとって最適な検索結果を出すために常に技術を進歩させています。Googleの検索はPageRankという格付けの仕組みを持っていて、1完全に機械的に格付けしています。ランキングは、サイトではなくページにつけられていて、影響力の高いページほど高順位になる仕組みになっています。リンクも重要で、たくさんリンクされるほどいいのですが、影響力の高いサイトからリンクされるのが自分のサイトの格を上げるのには重要です。

ちなみにGoogleツールバーの中にPageRankを表示させる機能が付いていて、これを参考にするとどのサイトが影響力の高いサイトか分かります。ダウンロードはこちらGoogle ツールバー

また、自分のサイトがどういったサイトにリンクされているのか知りたければ、
”link : ページのURL”
で検索すると調べることができます。


さらに、著者はしきりにYahooカテゴリへの登録を勧めています。
これは何と言っても日本ではYahooの利用者数が無視できない数だからです。しかも、Yahooカテゴリに登録されていると、Yahoo検索で上位に表示されやすくなったり、YahooからのリンクがつくことになるのでGoogle検索に対しても有効です。

調べてみたら、ブログ:404 Blog Not FoundもYahooカテゴリに登録されていました。


他のテクニックとしては、
・トップページにキーワードを入れる。
・なるべくキーワードはたくさん入れる。
・ユーザビリティを追求したサイトの作りにする。たとえば3カラム(画面が3分割されている作り)よりは2カラムの方が見やすくていいそうです。
などが書いてあります。


この本を読んだ後に他の人気ブログを見ていると、こういった工夫が結構取り入れられていることが分かりました。
当ブログは商用目的ではないのですが、他にウェブサイトを持っていないので試しに以下のものを取り入れてみることにしました。

・Yahooカテゴリの申請
・はてなブックマークやYahooブックマークなどのソーシャルブックマークの利用(これは本書には書いていなかった)
・リンクの活用
・相互リンクの申込み(予定)
・アクセス解析の利用
・GoogleAnalysisの利用
・GoogleAdsenseの利用
・スタイルシートをいじってユーザビリティの高い(見やすい)ブログ作り

こうやって工夫しているのも意外と楽しいものです。




0 CommentsPosted in IT
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。