スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


読書進化論


10 01, 2008 | Tag,読書論

読書進化論を早速読んでみました。

内容は本を”読む”、”書く”、”売る”と大きく分けて3つの構成から成っています。

本を売る、という視点は今まで読んだ本の中にはなかったので新鮮でした。

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)
(2008/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る


インターネットと本の関係

インターネットと比較した読書の有利な点は、読書の場合、内容が多くの人の目に触れ、読者の元に届く頃にはかなり磨かれていることです。それに対してインターネットの世界では情報量は圧倒的ですが、その情報が本当なのか嘘なのか、ある程度自分で判断しなくてはいけないということがあります。用途によって使い分かられると思うので、まだまだ本というメディアが淘汰されることはないでしょう。




”読む”



読書の最大の効能

本を読むことで著者の体験を読書が疑似体験できるということ。
実際には体験したことがないことで、イメージトレーニングができるのです。
もちろん、読んだからといって成功できるわけではありません。
本を読むことでゴールの設定がしやすくなったり、そこまでたどり着くヒントが得やすくなるのです。
だから、多くの成功者は本をたくさん読んでいるのです。


本を読むときのコツ

テーマを持って読む。目的を持って読むということ。
そして、読書で得た経験はなるべく自分の体験と照らし合わせ、自分の頭で組み立てる。
そうしないと、身につきにくいのです。
組み立てた内容は”フレームワーク”として再現性のあるものにしておく。
フレームワークというのは思考の枠組みのことです。

例えば「ブルー・オーシャン戦略」という本では「戦略キャンパス」というフレームワークが成り立ちます。さらにそれに、「新製品や既存サービスのポジションを見直す」というラベルを貼り付けておくのです。

そうすると、本で得た知識が再現性高く呼び出せるようになります。
とにかく、読んだ本は読んで終わりにするのではなく、何か一つでもキー・アイディアを身につけるようにします。


テクニックの部分ですが、勝間さんも勧める”フォトリーディング”というものがあります。
フォトリーディングは素晴らしい技術です。
私もこの講座を受講しました。
しかし、残念ながらこれは魔法の杖では在りません。
フォトリーディングの効果が最大限発揮できるのは、小さいときからとにかく本は読んできた、読書に慣れ親しんできた人たちです。
下地みたいなものができている人と、そうでない人では効果がまるで違うと思います。
ただ、そういう読書に親しんでこなかった人も、悲観する必要はありません。これから読書の経験を積めばいいのです。



”書く”

本は読んだ後に”書く”ことで知識が整理されます。
”書く”ことはブログで行うのがいい。(というわけで、私もこのブログを作っています)

文章を書く上でのコツ
①自分の事例をを利用して親しみを持たせる
②読み手にとって心に響くフレーズを最低1つでも書く
③読者に分かりやすいように比喩を使う。
つまり、著者の体験を読者に再体験させるために、共通体験として感じさせるようにする。
④コンテンツ力
内容が伴っていないと、いくら美文でもダメ。
このコンテンツ力は書けば書くほど鍛えられる。

この力は一朝一夕に身につくものでは在りません。それこそ読書の積み重ねが必要です。



”売る”

まだまだ出版業は売る仕組みを進化させる余地がある。
フレームワーク4Pで言うところのPlaceとPromotionが弱いのでここを強化すればもっと売れるだろう。
そのために、著者ブランド、メディアの積極的な利用、ウェブでのブログや書評の利用などを考慮すると良い。



思えば、読書を始めたのもブログを始めたのも勝間さんの本を読み始めてからです。
読書の技術、ブログの文章力、少しは上達したかな(!?)


ところで、この本も新書ですが、新書っていいですね。
最近立て続けに親書の本を読みました。
安価で質の高い文章が読めます。






-2 Comments
By Dr.Joy10 02, 2008 - URLedit ]

私も本日、読みました。ブログの書き方のところが非常に印象に残りましたね。今回の勝間さんの本の特徴は、他の人の発言などの引用が非常に多いことでしょうか。たぶん、彼女流の実験なんだと思いますが、ちょっと危ない感じも受けました。購買者としては勝間さん独自のノウハウをより知りたいというところもあり、カツマーがどうしているか、というところにページを割くのはどうかな、と思ったりもしました。一読の価値はたしかにあるんですが。

By flowrelax10 02, 2008 - URLedit ]

>Dr.Joyさん、コメントありがとうございます。
ブログの書き方は私も最も印象に残った箇所でした。例えばブログの内容でも本の内容をそのまま書き写すようでは読者にとって学びにならないし、独りよがりな内容であれば相手にされません。そういったことは短い間ですが、自分自身でブログを継続していて気付き始めていました。それを言葉にして説明してくれいたところが良かったと思います。
また、勝間さんはこの本を通じてトラックバックを応募したり、新しいブログを作ったり、新たなマーケティングを試しているのだと思います。
おっしゃるように、たしかにカツマーの声みたいなのが多く、勝間さん自身で書かれた文章が少ないことには物足りなさも感じました。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。