スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


臆病者のための株入門


09 30, 2008 | Tag,橘玲,資産運用,,投資

”についての理解がとても深まります。
良い本です。
タイトルより内容は硬派な気がします。

臆病者のための株入門 (文春新書)臆病者のための株入門 (文春新書)
(2006/04)
橘 玲

商品詳細を見る


教訓的にまとめてみます。


投資はギャンブルである。これが大原則。
誰にも必ず勝つ方法は分からない。

式市場は誰かが勝てば誰かがまけるゼロサムゲームである。そこでは、大きなリターンを得ようと思ったら大きなリスクをとらなければならない。ノーフリーランチなのである。

一発で大儲けしたデイトレーダーの話に憧れてはいけない。
それは宝くじを当てるのといっしょのことだからだ。

で一儲け、みたいな本は信用してはいけない。そこにチャート分析とか一見理論的な手法が用いられていそうでも信用してはいけない。なぜなら、そんなおいしい話があるんだったら著者がその方法を独り占めにした方がいいに決まっているからだ。その方がその方法を公開することで得られる利益より大きいはずだ。



それでも市場の歪みを見つける方法が存在する。

それは、”ファンダメンタル投資”テクニカル投資という方法である。


ファンダメンタルズ分析は企業には固有の本質的な価値があり、そこから合理的な方法で適正な株価(理論株価)を導き出すことができると考える。
この方法では企業理念、経営状態、売り上げ高利益率などの財務諸表を読んで割安な株式を探すのだ。
超有名投資家ウォーレン・バフェットはこの方法を用いて長期保有することで莫大な資産を築いている。

それに対してテクニカル投資は「すべての情報はチャートに埋め込まれている」という考え方です。チャート分析の結果に基づいた投資ということ。



上に述べたのが積極的な投資だとすると、より堅実な方法というのが実は存在する。
この本の中で3人のノーベル経済学賞受賞経済学者がそれを説明してくれている。

分散投資の効用を数学的に説明したマーコウィッツ。

効率的ポートフォリオを考え出したトービン。
トービンは国債と株式を組み合わせ、リスクとリターンをバランスよく組み合わせるということである。

インデックスファンドを考え出したシャープ。
株の値動きというのは”その銘柄に固有の動き”と”市場の動きに反応する動き”に大きく影響される。これを元に、彼のCAPM理論は「世の中に効率的ポートフォリオはひとつしかない。それは株式市場の縮小コピーである。」と結論している。

そうすると、投資家が保有するもっとも効率的なポートフォリオは、市場に存在するすべての株式を、市場に存在する割合だけ保有したものになる。

これこそがインデックスファンドの原点なのである。


実際にファンドマネージャーが懸命に運用しているアクティブファンドのうち、6~7割が市場平均を上回れないのである。


基本的な疑問になるかもしれないが、インデックスファンドに投資していて、なぜ利益が出るかというと、それは資本主義は自己増殖のシステムなので、長期的には市場は拡大し、株価は上昇するという原則があるからだ。長期投資が良い理由もここにある。


経済、と言っても、経済学的に最も正しい投資法は世界経済全体に投資することである。

そうすると、アメリカの市場が50%を占め、日本は15%なので、投資の比率は国内15%、海外85%にする方がよいということになる。


著者が言う素人の投資法をまとめると、
投資に回せるお金を用意できたら、攻めの投資をするとしてもそれは全体の2割くらいにとどめ、残り8割を手堅く増やす方法に充てる
手堅く増やすためには、8割のうち85%を海外の株式、国債で、15%を国内の株式と国債にする。そしてそれらはインデックスファンドで運用する、ということになる。
ということになる。


この本を読んで、他の著作も読んでみたくなりました。
バフェットさんの本も読んでみたいですね。






2 CommentsPosted in
-2 Comments
By Dr.Joy10 01, 2008 - URLedit ]

毎回、書評を楽しみに読ませていただいております。私も同じようなラインの本をよく読みますので、本を選ぶときにとても参考になります。以前、橘氏の「黄金の羽根の拾い方」を読んだことがあり、なかなか興味深い内容だったことを思い出しました。勝間氏の「銀行に預けるな」に書いてある投資方法も素人には無難なところかな、とも思いますが、いかがですか。

By flowrelax10 01, 2008 - URLedit ]

コメントありがとうございます。また、本のご紹介ありがとうございます。「黄金の羽の拾い方」ですね。チェックしてみます。
私が分散投資やインデックス投資を知ったのは実のところ勝間さんの本を読んだからなのです。今回の本を読んで分かったのは、勝間さんや橘さんはほぼ同じことを言っていて、素人が手堅く投資を行うには、数々の経済学者が証明した理論に裏づけされた分散投資、効率的ポートフォリオ、インデックス投資しかない、ということでした。
Dr.Joyさんのブログ、拝見しました。いや、すごい、ですね。実は今英語の論文を作成している最中(初めて)でして、テーマが似ている論文から英借文しています。Dr.Joyさんのブログも参考にさせてください。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。