スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜあのサラリーマンは税金を払ってないのか


09 15, 2008

昨日の朝日新聞にも載っていました。
マンション経営で節税している50歳台のサラリーマン男性の話です。

都内や6都市にワンルームマンションなど41件、資産総額3億円を持ち、そこからの家賃収入が2400万円あるといいます。

加えて、サラリーマンとしての給与が1400万円あるといいます。

さらに、マンション経営をしていると、給与所得から住宅ローンによるマイナス分を差っぴけるので、総所得を減らすことが出来ます。
そうすると、所得税が下がります。新聞のこの男性は、これだけの収入がありながら払った税金はたった60万円だそうです。

さらにさらに、マンション経営では様々な雑費が計上できるので、経営に関わるとみなされそうな、雑費を経費として申告できます。これも、税金を減らすのに役立ちます。
旅費やパソコン購入費とかが経費にでき、節税の役に立つのです。


これは違法ではありません。

節税できるんだったら、した方がいいじゃないか、というのが今の私の考えです。


その関連で読んだ本です↓。

なぜあのサラリーマンは税金を払っていないのか―家・クルマ身のまわりの税金を安くする驚きの方法満載!! (かに心書)なぜあのサラリーマンは税金を払っていないのか―家・クルマ身のまわりの税金を安くする驚きの方法満載!! (かに心書)
(2007/09)
大村 大次郎

商品詳細を見る


この本ではサラリーマンが副業などせずに、払う税金を減らす方法が書かれています。

この中で使えそうなのをピックアップしてみました。


まずは直接控除の対象になるものです。

・生命保険料控除
生命保険に入っている人は控除の対象になるので、お忘れなく。

・個人年金控除
ここで、控除の対象になる、というのは”民間の年金”です。民間の年金でも控除の対象になるのです。

・寄付金控除
母校に寄付すると、控除を受けれるんです。これは知らなかった。

・寡婦(夫)控除
バツイチの人は控除が受けられます。

・障害者控除
自分に障害がある人、家族に障害を持つ人がいる人、介護老人の家族がいる人

・損害保険料控除
火災保険や傷害保険に入っていると、数千円とわずかですが、控除を受けられます。



知っておきたいこと

・妻が不要に入っている場合は、パートなどからの収入が103万円を超えないように。
扶養控除が受けれなくなります。

・マンションや土地を所有しているとかかる固定資産税
これは毎年1月1日にそれを所有している人にかかる税金なんです。
だから、その年の1月2日に取得すれば、その年の固定資産税はかからないのです。

・マンション経営のメリットは上に述べた通りなんですが、他のメリットを挙げておきます。
同じ1億円の財産でも、現金で残すのと、不動産で残すのとでは、税金が倍違ってきます。
ということは、資産は最終的には現金ではなく、不動産として持っていたほうがよいということですね。



本書には他にも細かいテクニックが載っていますので、興味をもたれた方は本文を読んでみてください。





0 CommentsPosted in 税金
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。