スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引き寄せの法則


08 31, 2008

一見胡散臭いこの”引き寄せの法則”。
でも私は確実に存在すると思っています。

以前に当ブログThe Secretでもご紹介しました。

本日の本はこの本よりもより実践的な内容になっています。
実際に”引き寄せの法則”を利用するための具体的な内容が記載されています。


誤解のないように付け加えておきますが、引き寄せの法則は、決して努力をしなくても夢がかなう、というような法則ではありません。
努力を努力と思わなくなる可能性はありますが、目標達成のためには努力が必要です。



引き寄せの法則引き寄せの法則
(2007/11/21)
マイケル・J・ロオジエ

商品詳細を見る


”アファメーション”というのがあります。
自分が叶えたいという思いを現在形の言葉にして自分自身に投げかけるというものです。
要はこの”アファメーション”をどう上手く作るかということです。

この本を読んで気付きましたが、私は落とし穴にはまっていました。
それに気付きました。


私が陥っていた落とし穴を中心に解説していきたいと思います。。

アファメーション作り

ポジティブな単語を使いましょう。ポジティブな言葉にはポジティブなエネルギーが宿っています。

ただ、最も大事なのは心の底から思っていることをフレーズにすることです。
少しでも疑念が沸いたらそのフレーズの効果は薄れます。反対の方向に導かれるかもしれません。


・そうならないためには、今自分のなりたくない、したくないものを考えましょう。
その反対の自分が今のなりたい自分です。
そして、自分の中から出てくる否定的な言葉に出会ったら、「それなら何が望みなの?」と問いかけてみましょう。


ここからはアファメーションを作るときに
注意しなければいけないこと
です。

・自分の言葉、自分の考えに嘘をついてしまうと”思い”は実現しません。

だから、アファメーションは「私は今、~している最中だ」という風にした方が良いです。
さらに、「理想の」という言葉を付け加えると効果的です。
「私は今理想の肉体を手に入れている途中だ」みたいな感じですかね。


・また、自分の言葉に疑いを持っている場合も”思い”は実現しません。
ここが最も陥りやすい落とし穴だと思います。

どうしても、完全に達成した姿がアファメーションになっていると、「やっぱりそんなの出来っこないよ」、みたいな疑念が無意識に沸いてきてしまいます。



このネガティブな考え方を正すのに使える方法があります。

・まず、「そんなの出来るわけないよ、だって~だから
この”だって~”の部分を見つけます。
そして、その理由を正すことでアファメーションを受け入れやすくします。
例えば、
「英語がしゃべれるようになりたい。」と思っても、
そんなの無理だ。だって留学したことないから。とか思ってしまうことがあるはず。そういう時は、
世界中のどんな人間にだって英語はしゃべれている、留学したことのない人にも英語をしゃべれるようになっている人はいる。だから英語がしゃべれるようになるのは可能だ。
というような感じで自分の考えを正します。
こういう自問自答が有効です。

できていることを実感する。
些細なことでも記録に残しておくといい。
人見知りの激しい人で、それを克服したいと思っている人なら、今日初対面の人と一人でも話すことが出来たならそれを記録に残しておく。
引き寄せの法則が有効に働いていることを実感したほうが引き寄せの法則を信じることが出来ます。

・最後に、これをやり遂げると決める
これにより目標へ一歩近づくことが出来ます。


いかがでしたか?自分で効果的なアファメーションが作れそうですか?
効果的なアファメーションを身につけて、なりたい自分になりましょう。








-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。