スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医者とどううまく付き合うか


08 16, 2008

医者と良好な関係を築くためにはどうしたらいいか?

良好な関係が築けないと、治療効果も上がりません。

そのためのコツを考えてみました。


まずは、初対面の印象。
時々います。
いきなり喧嘩腰の患者さん(最初の医者の態度にも問題があるのかもしれませんが)。
つらいから病院に来るわけで、そのつらい気持ちも分かりますが、医者も人間です。
第一印象は大事だと思います。

また、大きな病院だと待ち時間がすごく長い、というのもみなさん経験されているかもしれません。
そうなると、医者にその不満をぶちまけたくなるのも分かります。
もちろん、待たせて申し訳ないという気持ちもあります。
しかし、多くの医者は時間内に診ることができる以上の患者さんを診ています。
本当は待たせない程度の数の患者さんを診たいと思っているんです。


次に時間を守るということ。
多くの病院が予約制だと思います。
予約制の方が、タイムスケジュールが組みやすいからです。
例えば午前中外来をやって、午後手術だったりするわけです。
それなのに、予約時間を守らずに遅れて来られたりすると、予定が狂ってしまうわけで、印象は悪くなってしまいます。


残念なことに、明らかにコミュニケーション力が不足している医者も中には存在します。
なぜかそういう人間が他業種に比べて多いような気がします。
個人的には、それはとても狭い世界に生きていて、それなりにちやほやされて育ってきているからだと思っています。自分がそうならないように気を付けています。



思いつくままに医者の視点から2点挙げてみました。


医者は頼りにされていると思うと、期待に応えようと頑張ります。
自分のした事に対して感謝されれば、単純に嬉しいですし、もっとなんとかしてあげようと思うものです。


これからもっとかかりつけ医が重要になってくると思います。
みなさん、信頼できるいい医者を見つけましょう。



-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。