スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学校でのケガと見舞金


12 27, 2012 | Tag,整形外科,

子供の怪我を診ると、学校から傷病名や治療日数についての書類の記載を求められます。診断書とは違います。

なんの書類だかあまり深く考えずに今まで書いてきたのですが、最近ようやくこの書類の意味が分かりました。


 >> JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター


 >> www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/anzen_tebiki/02.pdf


5000円を超える医療費がかかった場合、医療費の自己負担分とさらに付加給付が1割分もらえますとのこと。

1万円の医療費がかかったとすると、1000円のお金が日本スポーツ振興センターからもらえるというわけです。怪我をするとお金がもらえるという不思議なことが起こるわけですが、学校への責任追及をかわす効果があったりするのでしょうか。

この団体、収入のほとんどが共済掛金収入みたいなのですが、ということはなんらかの形で生徒が保険金を払っているということになのでしょう。

参考:naash.go.jp/corp/Portals/0/corp/pdf/23nendo.pdf




0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。