スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インフォミディアリとスイッチボードというビジネスモデル 「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ!超マーケティング」


12 25, 2012 | Tag,,ビジネス書,

インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング

最近金森重樹さんの著作にはまっておりました。信じられないくらい多額の借金を自力で返済した起業家の本です。

 >> 「借金の底なし沼で知ったお金の味」 | メタノート

 >> 「プロ法律家のビジネス成功術」 | メタノート

今回読んだ本もその続きで三冊目になります。

金森さんはお金を生み出す仕組みを考えるのがとても得意な人だということがよくわかります。

タイトルにある言葉「インターネットを使って自宅で1億円を稼ぐ」というのは、インフォミディアリ(情報仲介業)とスイッチボードモデルというビジネスモデルを利用したもの。

インフォミディアリというのは例えば価格コムや見積り・資料請求を一括でできる比較サイトのような、自分では商品を扱わないけど、それに関する情報を消費者に提供し、企業からは仲介料をもらうという業種のこと。

金森さんの元々の本業である行政書士業では自分一人で行える範囲には限りがあります。直接依頼主に会って法律関係の書類を作成する、というのが業務の主となるところですから、地理的な制約もありますし、個人でできる業務量にも限界が生じます。

そこで考えだしたのがインフォミディアリとスイッチボードというビジネスモデルです。

自分自身は集客に専念し、自分が情報のハブになることで集めた顧客を全国津々浦々の行政書士に配分する。これがスイッチボードモデルで、こうすることで自分自身が行政書士業に忙殺されることなく、お金を稼ぐことができるというわけです。

業務をアウトソースしているので自分はインターネットの前に座り、自宅にいながら仕事ができます。このビジネスモデルでは自分、他の行政書士、顧客皆がwin-win-winな関係になれます。実によく考えられていると思いました。

また、金森さんはメルマガを集客の手段として活用して成功していますが、彼がメルマガ発行にあたり気をつけていることが参考になりました。


僕は自分のメルマガの冒頭で必ず自分の家族のこととか、近況を書いてから本文に入りますが、これは自己開示によって読者に親近感を抱かせるためです。相手に親近感を抱いてもらおうとすれば、まず自分から情報開示をする必要があります。


これはブログの運営にも役立つことだなと感じました。

僕が運営しているこのブログは客観的な情報にとどまることが多いので、その点は今さらながら反省です。

例えば読んだ本のことについて書くときでももう少し自分の体験を盛り込めるといいのですが。今後の課題です。


インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティングインターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング
(2004/10/08)
金森 重樹

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。