スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「1歩を踏み出す50のコトバ」


12 19, 2012 | Tag,

1度きりの人生だから絶対に後悔したくない!  だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ

すばる舎上江洲様より献本いただきました。ありがとうございます。

この本は30歳で単身ミャンマーに渡り、自らの手による治療やさらに恵まれない子供の養育や医師、看護師育成などさまざまな医療活動に心血を注いでいる小児外科医の言葉をまとめたものです。

すでに君が1歩を踏み出す50のコトバ 活かす読書でikadokuさんが紹介されていて、気になっていた一冊でした。

小児外科医としてはまだ駆け出しの30歳で単身ミャンマーに行って医療活動を行うなど、僕には想像もつきません。

日本の病院とミャンマーの病院では大きな違いがあるだろうし、まして仕事場である手術室や使う道具の違いは手術の結果に大きく影響してしまいそうだとチャレンジする前からひよってしまいます。

おそらく当時の周りの人はなんて無鉄砲なことをと思い、彼を止めたでしょう。それでも彼は行動に移しました。

本書はそんな彼の行動力の原点となっているマインドセットについて知ることができ、さらに彼から今の若者に向けた強いメッセージを受け取る事ができる一冊です。

やりたいことがあれば、うじうじ悩み続けるよりはまず行動してみる。とにかく一歩を踏み出してみるということが大切。失敗するのは仕方ないという心構えでダメなら次、それでもダメならまた次、ととにかく数を撃つこと。

そして、これが吉岡先生の人生を知って一番得心したことかもしれませんが、ある程度できると思ったら住み慣れた今の場所から別の場所に自分の身を置き直してみることが大切だということです。彼が単身ミャンマーに飛び出してチャレンジしたように。

僕もそろそろ医局との関係を見つめなおしたり、これからのキャリアプランについて考え直す時が来ていると感じていたのでなんだか背中を押される思いでした。

現状打破する勇気がほしい人は、読むときっと勇気をもらえる一冊ではないでしょうか。


1度きりの人生だから絶対に後悔したくない!  だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ
(2012/11/21)
吉岡秀人

商品詳細を見る



1 CommentsPosted in
-1 Comments
By 01 06, 2013 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。