スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いろいろなビジネスモデルが学べる一冊 「なぜ、あの会社は儲かるのか」


12 07, 2012 | Tag,ビジネス書,ビジネスモデル

なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編

ほしかったビジネスモデルは異業種にあり。異業種のビジネスモデルを移植するのだ。そういうコンセプトで作られた一冊。

企業が利益を上げるために行っている工夫がわかってすごく興味深かったです。こういう話って大好き。ビジネスモデルを知るということは世の中の仕組みを知るということでもあると思います。

いくつかのビジネスモデルをご紹介。


裁定取引

市場間の価格の差を利用して利益を上げる取引であり、価格差や金利差を利用して売買を行い、利鞘を稼ぐ。

スターマイカという企業は賃貸中のマンションは空室の場合と比べて平均25%安いことに目をつけて、賃貸中のマンションを部屋ごとに買い取り、賃貸中は家賃収入を得、退去後は売却益を得るというビジネスモデルを確立した。

市場の歪みに注目する手法。


レベニューマネジメント

需要を予測して価格を変化させながら、販売量と販売単価の積である収入を極大化する管理手法。需要と供給のバランスによって価格を柔軟に変化させる。

そもそもはホテルで導入されていたシステム。繁忙期は価格を高めに設定し、閑散期は安めに設定する。そうすることでトータルの収入を上げていくという手法。早割やら特割といった航空会社のやり方もこれ。

楽天バスサービスはバス業界にこのレベニューマネジメントを導入して革命を起こした。


ジレットモデル

髭剃りのジレットが始めたことから、こう呼ばれるようになった。髭剃りの柄の部分は安価もしくは無料で提供し、相対的に高く価格設定された替刃で利益を上げるビジネスモデル。

プリンタがまさにそうで、プリンタは本体の売り上げよりインク売り上げが会社の利益に貢献する。イー・モバイルのWi-Fiルータや携帯電話は本体価格はタダ同然で、通信料や通話料で儲けている。


ネットワーク効果

互換性のある財を購入する他の消費者の数につれて、財を利用する消費者の便益が向上する効果のこと。

加入者の多い通信会社に消費者が加入すると、料金の割引など、加入者が多い通信会社ほどそのメリットを享受できる。


フリーミアム

無料版で多数の顧客を誘引し、その上で、魅力を高めた有料版を購入してもらう。コスト的には、一部の有料版の顧客が多くの無料版の顧客の費用を負担している。

エバーノートやドロップボックスがそう。エバーノートは僕も有料会員になっているのだけど、つまり僕はこのシステムを支えている少数派の一人ということだ。ドロップボックスは10GB近く確保しているのでなんとか無料会員のままで粘っている。


他にも日本ゴア、スルガ銀行、コマツ、星野リゾート、ブリヂストンこれらの会社のビジネスモデルも興味深かったです。

こういう本を読むとずいぶんうまいこと考えられているので、これなら投資先としても魅力的なのでは?と思ったりもします。もはや遅いということに気づいて踏みとどまりましたが。


なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編
(2012/07/24)
山田 英夫

商品詳細を見る




1 CommentsPosted in
-1 Comments
By 12 08, 2012 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。