スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マクドナルドはユニクロの師である 「成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝」


11 19, 2012 | Tag,,ビジネス書

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

”未熟でいるうちは成長できる。成熟したとたん腐敗が始まる。”

これは金言ですね。マクドナルドの創始者であるレイ・クロックさんの言葉です。

この本は彼の自伝的な一冊で、50代でマクドナルド兄弟が経営していたハンバーガーショップに一目惚れし、それをフランチャイズ化して世界を代表する企業にまで育て上げるという、普通では考えられないストーリーの始まり部分が描かれています。

経営者としての考え方や行動を知るのにもいいですが、二度の離婚のことや恋愛のことが熱く語られているのも興味深かったりします。

ユニクロの柳井さんはレイ・クロックの生き方に大きな影響を受けていて、巻末に残された彼の言葉はそれだけで一冊のビジネス書に匹敵するような内容です。


成功者の発想法


”Be daring(勇気を持って), Be first(誰よりも先に), Be different(人違ったことをする)”

この言葉を柳井さんは手帳に書き留めて何度も読みなおしたそうです。これについては最近その大事さがわかってきたので、僕も折に触れて読みなおし、自分に言い聞かせたいです。


失敗を乗り越える力


ユニクロは初めアメリカ進出で失敗し、野菜ビジネスに手を出して失敗したりしています。
順風満帆にここまで大きくなってきたわけではないのですね。数々の失敗の上に、それを乗り越えて、今があるのだということです。


リーダーシップ


社長自ら行列に並ぶ人にアンパンと牛乳を配る。
これは柳井さんの行動ですが、社長自らが顧客のために何ができるか行動で示すというのは大切なのです。


成長する組織づくり、人材づくり


やり遂げろ。この世界で継続ほど価値のあるものはない。

天才はダメだ。報われない天才は問題児と決まっている。秀才もいかん。この世は成功できない秀才がうじゃうじゃいる。学歴だけでもダメだ。どこもかしこも学歴の高い怠け者ばかりだ。

信念と継続だけが全能である。

レイ・クロックさんの言葉です。柳井さんもそれに大きな影響を受けています。いやほんとその通りかもと思ってしまいました。


ヒットの作り方


顧客が欲しがっていて、今まで市場になかったものは何かを考える。
ユニクロが世に送り出して爆発的なヒットにつながったフリースやヒートテックはそのいい例です。


ライバルとどう戦うか


ライバルのゴミ箱を漁って、レシートを拾い出し、仕入れの内容について調べる。
そんなことまでやっていたとは。それぐらいの気迫があってもいいだろうということですな。


なんというかレイ・クロック自伝だけでも十分なのに、柳井さんの言葉が思いのほか素晴らしかったです。誰にとっても読む価値ありの一冊かと。


成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)
(2007/01)
レイ・A. クロック、ロバート アンダーソン 他

商品詳細を見る



0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。