スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医療費負担と病院受診の関係


11 15, 2012 | Tag,医療費

先日息子が生後7ヶ月を過ぎた頃に風邪を引きました。自分のことには無頓着なのに、息子のことになると過剰なまでにいろいろと心配してしまう。これはたぶん気のせいじゃないです。

近くの小児科で鼻水を吸引してもらったり、薬を出してもらったりしてとても助かりました。子を持つ親というのは皆こういう気持ちになるのかと実感した次第です。なってみないと分からないこともあるものです。


直接関係はないのですが、この一件で思ったことがあります。医療費無料という制度についてです。この制度は子供を持つ親にとっては本当にありがたい制度です。

それと同時にこの制度は確実に病院への受診を促すのだと実感しました。どうしようか迷っている時も”どうせタダだし、念のため病院に行っておこう”という気持ちになります。

おそらく通常、みなさん無意識かもしれませんが、病状と病院にかかることで発生するコストを天秤にかけているはずです。整形外科などでは雨が降ったら外来患者さんの数が減るのはよくあることです。足元が悪いと病院に来る患者が少なくなります。

1割負担の高齢者にもこういう”念のため”受診が多いかもしれません。いや、多いんだろうな。整形外科の外来をやっていると特にそう感じます。外来の待合室が高齢者でごった返しているのは病気の重さだけが原因ではないかもしれないです。




0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。