スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


満員電車と肋骨骨折


11 02, 2012

先日出勤時間帯に山手線で人身事故がありまして、その影響で山手線だけでなく他の線まで影響を受けていました。私もお陰で遅刻するハメに。。。

電車が動き出しても待っている人が多かったので、ものすごい満員電車となりそれはもう壮絶な光景でした。

乗車率200%くらい!?でしょうか。電車の中はパンパンで、身動きがとれません。上げた手は下ろせず、下ろしたカバンもまったく移動させることができませんでした。あの中でもぞもぞ動いていたら、それこそ痴漢に間違われてたかもしれません。


以前に外来で診療していた時、「満員電車で肋骨を痛めた。骨折したかもしれない」と言う患者さんが来たことがあります。その時は満員電車だからってそれくらいで骨折ってホンマかいなと思ったのですが、そういこともあるかもしれないと実感してしまいました。幸いその患者さんはレントゲンを撮っても骨折はしていなかったので良かったです。

乗ってる時も大変でしたが、降りるときはもっと大変で、ドアが開いてもなぜか誰も開いているドアから降りられません。降りようとしている人はいっぱいいるのに、です。数秒したらダムの水が開け放たれたかのように一気に人の動きが解放されました。

流れの中でよろめいて跳ね飛ばされたり、踏みつけられそうになる人もいたと思います。ほんとに恐ろしかった。

予備校に通っていたころ、新宿行きの小田急線満員電車でギュウギュウ詰めになって通っていたことがありましたが、あんな体験はそれ以来です。いやあの時以上だったかもです。

満員電車に乗って毎日通勤するのってほんとに大変です。身を持って実感しました。

0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。