スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結果を批判的に吟味できることは大事 「医学統計の基礎のキソ3」


10 26, 2012 | Tag,統計,論文

論文を読んでいて、その論文の目的と結論がわかりやすいとすぐ食いつきたくなります。
カロリーリストリクションやレスベラトロールが寿命の延長にいいとなればパクっと。トラネキサム酸が術中の出血量を抑えるのに有効だと分かればパクっと。

しかもその論文がある程度名の通っているものだと、その結果が導き出された過程にはあまり目がいかなくなります。悪い癖です。

教授になるような人は、論文の結果が妥当なものかきちんと統計的手法も含めて判断しています。いつだったかフェイスブックで「こんな論文があって、驚きの結果でしたよ」的なことを呟いたら、教授から結果の妥当性について、即座につっこみが入りました。

仰るとおりで、ぐうの音も出ず。。。nが少ないとp値もあてにならなかったりするわけです。

やはりですね、指摘されたことは自分でも気づいておくべきことだったわけで、気づいた上で呟いていれば良かったのですが、これはちょっとマズイなと。p値についても、p値が0.05未満ならなんでもOKという風潮があったりして、これも良くない。

もう少し論文の結果の妥当性について自分で判断したいと思っているところです。

こんな本を読んでみました。書いてある内容はそう多くないですが、基本的なことがわかりやすく書いてあります。


いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ 第3巻 研究の質を評価できるようになろう! (Dr.あさいのこっそりマスターシリーズ)いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ 第3巻 研究の質を評価できるようになろう! (Dr.あさいのこっそりマスターシリーズ)
(2010/10/15)
浅井 隆

商品詳細を見る


ダメ論文を見破るコツ!?とか、”有意差あり”という言葉に騙されるなとか、信頼区間の意味がわかったりします。

猪突猛進で論文を読んでいるような人はぜひご一読を。




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。