スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バラバラの上腕骨近位端骨折の治療はどうすればいいか


10 08, 2012 | Tag,整形外科,骨折,人工関節

IMG_5308.jpg

なかなか難しいところです。

これだけバラバラだったら手術でなんとかするだろうと思うのが普通かもしれません。

ただ、手術をしようにもバラバラすぎてプレートやワイヤーでうまく固定できない場合もあります。

そういう時は人工骨頭といって、粉々になった骨頭を取り外して人工関節を入れる方法があります。

90f1621fddcfda2a711e8a45b4d079f3.jpg

ところが最近の論文ではせっかく手術で人工骨頭をやっても、手術をしなかった場合と機能的に大差ないという報告があったりします。

 << Hemiarthroplasty for Humeral Four-part Fractures for Patients 65 Years and Older: A Randomized Controlled Trial, Clinical Orthopaedics and Related Research, Online First - SpringerLink

僕も臨床をやっていて、この報告には妙に納得してしまいました。肩の人工骨頭って苦労してやったわりには、やらなかった場合と比べて大差ないんじゃないかという印象です。

手術をやらない場合は、

受傷直後は三角巾とバストバンド固定
受傷後1週間くらいしたら振り子運動(pendulum exercise)開始
受傷後6週で肩関節activeROM開始
受傷後8週で肩関節passiveROM開始

というふうにリハビリがメインの治療になってきます。

これでもなんとなく骨がくっついてきて、問題ないことが多いです。

上腕骨近位端骨折は高齢者が罹患することの多い骨折です。高齢者の場合はあまり多くの機能を求めていない場合も多い、ということも関係しているかと思います。



-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。