スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


"テンパリ"を脱出するためのリフレーミングテクニック


09 28, 2012 | Tag,心理

「テンパらない」技術 (PHP文庫)

リフレーミングテクニック。認知の枠組みを立て直すというこの方法は使い方によってはなかなか使えるんじゃないかと思いました。

どういうものかというと、例えばビールジョッキの中身を見て、「もう半分しかないよ」と考えるか、「あと半分もある!」と考えるかで同じものを見ているのに、感じ方が変わってくるというものです。

腹筋100回のノルマを決めていて、「あと20回もある」と考えるか、「もう20回しかない」と考えるか。同じ事実でも感じ方が違います。

これはなんらかの窮地に立たされているときに、その場を脱するために使えるテクニックではないでしょうか。いわゆるテンパッた状態を脱出するためのテクニックです。

仕事が立て込んでいて、「もう他に何も考えられないよ」という時は残された仕事のことを考えるのではなく、これまでにやってきた仕事のことを考えてみる。すると、意外と自分はよくやっている、と開き直って気が楽になるのではないかと思います。

一息おいて、見方を変えてみる。このリフレーミングテクニックがマイペースを取り戻すきっかけになれば。心にゆとりがないと、仕事もはかどりませんから。


「テンパらない」技術 (PHP文庫)「テンパらない」技術 (PHP文庫)
(2012/06/04)
西多 昌規

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。