スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人生に絶望しそうになったらこれを読むといい 「クラッシュ」


12 29, 2012 | Tag,

クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間 (幻冬舎文庫)
人は絶望の果てにどのような心境になるのか。誰しもあまり考えたくないことだが、人生をより良く、感謝しながら生きるために考えておいたほうがいいかもしれない。

今日ご紹介する一冊はフェラーリを操るレーシングドライバーとして一世を風靡していた太田哲也氏によるもの。初版は平成15年なのに今さら手にしてすごい本だと驚いた。

事故は雨の富士スピードウェイで起きた。太田氏が操るフェラーリは前方で起きた多重事故を避けようと左にハンドルを切った。しかしその目の前には先にコースアウトしていたポルシェが。

激突の結果、フェラーリは燃えさかる炎に包まれる。そして彼はⅢ度の熱傷、範囲40%を負うことに。この数字は超重症であることを示しているので、生き延びるのは難しいだろうと当初言われていたのもうなずける。

最初の搬送先から東京女子医大の熱傷センターに搬送され集中治療の結果、彼は一命を取り留めることになった。女子医大の熱傷センターは有名で、僕も研修医時代にここ出身の先生に教わったことがある。

命が助かって良かった。本当に良かった。しかし話はここでハッピーエンドにならない。

熱傷の治療は救命後にも数々の試練が待っている。しかも太田氏は手から足から顔まで全身の40%に深い熱傷を負っているのである。

度重なる皮膚の移植や皮膚が欠損した部位に生じた細菌感染との戦い。しかも細菌はMRSAという手強い菌である。時にはそれは熱傷浴と言って、壊死した組織をゴシゴシと削りとるような治療もある。

僕は医療従事者としてこの治療を見たことがあるが、皮膚をナイフで削るようなものなので、太田氏の熱傷範囲の広さを考えると、それはものすごい苦しみだっただろうなと読みながら壮絶さが伝わってきた。

さらにそうした治療の先には失った手足や顔の再建手術がある。

特に彼を悩ませたのが顔の治療だ。やけどの影響で顔からは鼻がなくなり、まるで化物のような顔になっていた。

人間の顔というのは目、鼻、口や眉毛や髪の毛、そういった基本的なパーツが備わっていてこそ顔だと認識される。

他人は自分と違う存在に対して冷たいものだ。他人の目、自分の目を通して彼はそう感じるようになる。

命が助かっても、これからは人として社会復帰しなければいけない。彼のもう一つの戦いはここから始まる。様々な再建手術や障害の克服、さらには心理的なトラウマを克服するための。

僕がこの本を読んで一番圧倒されたのは彼が絶頂からどん底に突き落とされ、それをどのような気持ちで乗り越えたか、そこの部分が克明に描写されていたところだ。

彼がどれくらいつらい状況に置かれていたか、痛いほどよく伝わってきたし、だからこそそれを克服する彼の姿に感動した。

キューブラー・ロスが死の受容のプロセスとして否認、怒り、取引、抑うつ、受容と5段階を示しているが、このプロセスと似ているように思う。

死の受容であって、厳密には絶望的な状況の受容とは違うけど、死の受容プロセスと似ていて否認、怒り、抑うつ、受容、克服の5段階が描かれている。

いや、それにしても全盛期の自分とどん底の自分と、きれいな性格も汚い性格も全てを含めて冷静に自己分析し、描写しているところは本当にすごいなと感心する。


少し古い本なので今更感はありますが、この本は死ぬ前に一度は読んでおきたい一冊なのではないかと。


クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間 (幻冬舎文庫)クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間 (幻冬舎文庫)
(2003/05)
太田 哲也

商品詳細を見る


スポンサーサイト


0 CommentsPosted in

学校でのケガと見舞金


12 27, 2012 | Tag,整形外科,

子供の怪我を診ると、学校から傷病名や治療日数についての書類の記載を求められます。診断書とは違います。

なんの書類だかあまり深く考えずに今まで書いてきたのですが、最近ようやくこの書類の意味が分かりました。


 >> JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター


 >> www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/anzen_tebiki/02.pdf


5000円を超える医療費がかかった場合、医療費の自己負担分とさらに付加給付が1割分もらえますとのこと。

1万円の医療費がかかったとすると、1000円のお金が日本スポーツ振興センターからもらえるというわけです。怪我をするとお金がもらえるという不思議なことが起こるわけですが、学校への責任追及をかわす効果があったりするのでしょうか。

この団体、収入のほとんどが共済掛金収入みたいなのですが、ということはなんらかの形で生徒が保険金を払っているということになのでしょう。

参考:naash.go.jp/corp/Portals/0/corp/pdf/23nendo.pdf




0 CommentsPosted in 日記

インフォミディアリとスイッチボードというビジネスモデル 「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ!超マーケティング」


12 25, 2012 | Tag,,ビジネス書,

インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング

最近金森重樹さんの著作にはまっておりました。信じられないくらい多額の借金を自力で返済した起業家の本です。

 >> 「借金の底なし沼で知ったお金の味」 | メタノート

 >> 「プロ法律家のビジネス成功術」 | メタノート

今回読んだ本もその続きで三冊目になります。

金森さんはお金を生み出す仕組みを考えるのがとても得意な人だということがよくわかります。

タイトルにある言葉「インターネットを使って自宅で1億円を稼ぐ」というのは、インフォミディアリ(情報仲介業)とスイッチボードモデルというビジネスモデルを利用したもの。

インフォミディアリというのは例えば価格コムや見積り・資料請求を一括でできる比較サイトのような、自分では商品を扱わないけど、それに関する情報を消費者に提供し、企業からは仲介料をもらうという業種のこと。

金森さんの元々の本業である行政書士業では自分一人で行える範囲には限りがあります。直接依頼主に会って法律関係の書類を作成する、というのが業務の主となるところですから、地理的な制約もありますし、個人でできる業務量にも限界が生じます。

そこで考えだしたのがインフォミディアリとスイッチボードというビジネスモデルです。

自分自身は集客に専念し、自分が情報のハブになることで集めた顧客を全国津々浦々の行政書士に配分する。これがスイッチボードモデルで、こうすることで自分自身が行政書士業に忙殺されることなく、お金を稼ぐことができるというわけです。

業務をアウトソースしているので自分はインターネットの前に座り、自宅にいながら仕事ができます。このビジネスモデルでは自分、他の行政書士、顧客皆がwin-win-winな関係になれます。実によく考えられていると思いました。

また、金森さんはメルマガを集客の手段として活用して成功していますが、彼がメルマガ発行にあたり気をつけていることが参考になりました。


僕は自分のメルマガの冒頭で必ず自分の家族のこととか、近況を書いてから本文に入りますが、これは自己開示によって読者に親近感を抱かせるためです。相手に親近感を抱いてもらおうとすれば、まず自分から情報開示をする必要があります。


これはブログの運営にも役立つことだなと感じました。

僕が運営しているこのブログは客観的な情報にとどまることが多いので、その点は今さらながら反省です。

例えば読んだ本のことについて書くときでももう少し自分の体験を盛り込めるといいのですが。今後の課題です。


インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティングインターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング
(2004/10/08)
金森 重樹

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in

【お口のケア】フィリップスの電動歯ブラシ(ソニッケアー)が最強だった件


12 23, 2012 | Tag,電動歯ブラシ,ヘルスケア

人生で初めて電動歯ブラシを購入してみました。

最近歯肉から出血することがあり、軽い歯周病になっていたのでなんとかせねばと思っていたからです。

毎日朝晩は必ず5分〜10分かけてきちんと磨いていたつもりだったのですが、歯科に行ったら磨き残しが多い!と言われてしまいました(涙)。

そこで教えてもらったのですが、歯磨きの基本はブラシを歯、歯肉に軽く当て、細かくたくさんブラッシングすることなのだそうです。

しっかり磨きたいと気合が入ると、つい力が入ってしまい、すぐに歯ブラシの先が開いてダメになるなんてこともありました。まったくもって効率の悪い歯磨きだったわけです。

しばらく前にネット界隈ではコストパフォーマンスの高い商品として電動歯ブラシが挙がっていたのを思い出したのでちょっと調べてみることに。

するとまさに理想とされる歯磨きの仕方である軽く当てて、細かくブラシ先を動かすという目的にぴったりではありませんか。さらにフィリップスの製品は超音波でブラシが届きにくい部分の歯垢も落とせるとのこと。

これまえ手磨きにこだわっていたのがアホみたいなのですが、決めたら即行動。即決即買いしてしまいました。

フィリップス社のソニッケアーです。

これが届いた商品。デザインが素敵!グラスも付属なのですが、驚いたのはこうして電動歯ブラシを置いておくだけで充電できてしまうということ。よく考えられています。
ソニッケアー5

グラスはグラスで普通に口をゆすぐのに使えます。
ソニッケアー4

スイッチオンしてみたところ。ライトの色合いもおしゃれ。
ソニッケアー1

付属のケース。
ソニッケアー2

USBケーブルが接続できるようになっています。ケースに入れたまま充電ができてしまう!
ソニッケアー3

使い始めて約1ヶ月ですが、いいですよ〜。よく磨けていると思います。値段はそんなに安くないですが、コストパフォーマンスの高い商品だと納得しました。

口腔内のケアは歯間ブラシも一緒に使うとさらに効果的です。使ってみると思った以上に歯と歯の間にゴミが溜まっていてびっくり。



0 CommentsPosted in 日記

CLEAVE ALUMINUM BUMPER は秀逸なiphone5ケース(バンパー)


12 22, 2012 | Tag,iphone5

僕にとってiphone5を守ってくれるケースなり、バンパーというものは必須です。落としてしまった時のことを考えると裸のまま持ち歩くのは耐えられません。

iphone5をゲットしてから早速ケースやバンパーを物色し始め、悩んだ結果、ゴム製のバンパーとシンジポーチの組み合わせで使っていました(iphone5をお財布携帯風にしたいのですが、なかなか難しいですね | メタノート)。

しかしそれまで使っていたバンパーはデザイン的にも着けていてとても心地いいものとは言えず、そのもっさり感が耐えられませんでした。

シンジポーチはiphoneの背面にポケット型のシールを貼り付けるもので、これにSuicaを入れればiphoneをかざして改札を通過できていたわけなのですが、これもデザイン的には今ひとつ。せっかくのiphone5の薄さを触感できなくなるのもいまいちな点でした。

機能的にはおサイフ携帯代わりになってましたし、まあ良かったのですが、毎日見て触っているとその見た目が耐えられなくなり、、、ついに衝動買いしてしまったわけです。

 >> AppBankStore : 【iPhone5 ケース】CLEAVE ALUMINUM BUMPER for iPhone5 アストロシルバー: DEFF: ケース


amazonで発注した後、さすがに8000円もするケースってやりすぎたかと後悔したりもしました。

しかしながら、実際に組み立てて装着してみるとその完成度の高さに思わずうっとり。ほんと美しいです。

bumper1_convert_20121222163126.jpeg

bumper2_convert_20121222163327.jpeg
bumper3_convert_20121222163542.jpeg
写真では伝わりにくかもなのですが、これはケースではなくバンパーです。iphone5の薄さを手に感じることができ、サイドのデザインは手に取りやすいように流線型のフォルムをしています。

値段は張りますが、モノとしてはこれはかなりオススメかと。

クリスマスシーズンですし、プレゼントとしても喜ばれるのではないでしょうか。特に男子に。




0 CommentsPosted in

「ビジネススキルイノベーション」


12 21, 2012 | Tag,,ビジネス書

ビジネススキル・イノベーション ― 「時間×思考×直感」67のパワフルな技術

いわゆる正統派のビジネス書です。

仕事における時間管理のやり方や、ミスを減らして効率的に仕事をする方法、組織のマネジメント法、自分の能力を磨くという自己啓発的内容までいろいろと書かれております。

コンサルらしく、たくさんある会議をいかに有意義なものにするかについては参考になる部分も多かったです。だらだらと時間が来るのを待つ会議はダメですね。参加するなら必ず発言するつもりで参加する。まとめ役なら目的を明確にし、意見をまとめて結論に導く。それも予め決められた時間でという条件つきです。

残念なのは、僕が所属する病院の会議はあまり発言を求められるようなタイプのものじゃないということです。

単なる報告と周知がメインになってますので、何も会議と称して皆を集めなくてもと思ったりするものであります。会議を行っていないと保険診療上、例えば入院基本料がとれなくなるといったやむにやまれぬ事情があったりします。

褥瘡対策委員会、栄養管理委員会、リスク管理委員会、感染対策委員会、輸血療法委員会、ぱっと思いつくだけでもたくさんあります。接遇委員会というのも聞いたことがありますな。


話がそれましたが、先に書いたように本書はとてもまっとうな本ですので、仕事をもっと効率的にこなしたいと思うビジネスマンにとって何らかのアドバイスを提供してくれるに違いないと思います。


ビジネススキル・イノベーション ― 「時間×思考×直感」67のパワフルな技術ビジネススキル・イノベーション ― 「時間×思考×直感」67のパワフルな技術
(2012/08/30)
横田 尚哉

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in

「1歩を踏み出す50のコトバ」


12 19, 2012 | Tag,

1度きりの人生だから絶対に後悔したくない!  だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ

すばる舎上江洲様より献本いただきました。ありがとうございます。

この本は30歳で単身ミャンマーに渡り、自らの手による治療やさらに恵まれない子供の養育や医師、看護師育成などさまざまな医療活動に心血を注いでいる小児外科医の言葉をまとめたものです。

すでに君が1歩を踏み出す50のコトバ 活かす読書でikadokuさんが紹介されていて、気になっていた一冊でした。

小児外科医としてはまだ駆け出しの30歳で単身ミャンマーに行って医療活動を行うなど、僕には想像もつきません。

日本の病院とミャンマーの病院では大きな違いがあるだろうし、まして仕事場である手術室や使う道具の違いは手術の結果に大きく影響してしまいそうだとチャレンジする前からひよってしまいます。

おそらく当時の周りの人はなんて無鉄砲なことをと思い、彼を止めたでしょう。それでも彼は行動に移しました。

本書はそんな彼の行動力の原点となっているマインドセットについて知ることができ、さらに彼から今の若者に向けた強いメッセージを受け取る事ができる一冊です。

やりたいことがあれば、うじうじ悩み続けるよりはまず行動してみる。とにかく一歩を踏み出してみるということが大切。失敗するのは仕方ないという心構えでダメなら次、それでもダメならまた次、ととにかく数を撃つこと。

そして、これが吉岡先生の人生を知って一番得心したことかもしれませんが、ある程度できると思ったら住み慣れた今の場所から別の場所に自分の身を置き直してみることが大切だということです。彼が単身ミャンマーに飛び出してチャレンジしたように。

僕もそろそろ医局との関係を見つめなおしたり、これからのキャリアプランについて考え直す時が来ていると感じていたのでなんだか背中を押される思いでした。

現状打破する勇気がほしい人は、読むときっと勇気をもらえる一冊ではないでしょうか。


1度きりの人生だから絶対に後悔したくない!  だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ
(2012/11/21)
吉岡秀人

商品詳細を見る



1 CommentsPosted in

太った子供の肘骨折


12 17, 2012 | Tag,整形外科,骨折,顆上骨折

子供の骨折でとても多いのが、上腕骨顆上骨折です。いわゆる肘の骨折です。

鉄棒から落っこちたとか、自転車で転倒したとか。転倒して手をつくような場面ではこの骨折につながることがあります。

その肘骨折で、太った子供とそうでない子供では骨折型に違いがあるか調べた論文がありました。

 >> Childhood Obesity as a Risk Factor for Lateral Condyle Fractures Over Supracondylar Humerus Fractures - Online First - Springer

上腕骨外顆骨折を起こした子供を調べてみると、太った子供の方がそうでない子供に比べて多かったそうです。

eee01f1dbe7bb61a04e886e2a69c83a8.jpeg


外顆骨折というのは上のAの図。Bの図と折れている場所が違います。

ふーむ。そうですか。太ってる子供は外顆骨折のリスクが高いですか。

外顆骨折はズレてきやすいですからね。手術できちんと整復してピンニングするが一般的でしょう。よっぽどズレてなければ別ですが。



「督促OLの修行日記」


12 14, 2012 | Tag,

督促OL 修行日記

文句を言われたり、云われのない悪口を言われたり、ただひたすら気分が滅入るような言葉を一日中浴びせられ続けるのはキツイですよね。

想像するだけでぞっとします。実際に働いてみないとわからないストレスというのもきっとあるはずです。

しかも相手は借金をしてなかなか返済してくれない人たちですからね。まともな人の方が少ないはずです。

本書はそんなクレジットカードのキャッシング業務の中で、督促のコールセンターに配属されたOLさんのエッセイです。

離職率の高い職場の中で様々なストレスに晒され続けながら、彼女なりに交渉スキルを学び、工夫をしていくことで仕事にやりがいを見つける、そんな姿が描かれています。

紙パンツで過ごした!?とか、ニキビが増えてひどいことになってしまったとか、原因不明の心身症になってしまったとか、ほんとうに気の毒に思うことも多かったです。

しかしそれを乗り越えて今や彼女もつらかったことをネタにし、本書を書くに至っています。実体験を二次利用するという精神は生きていく上で大切だと個人的には思います。

彼女のようにタフにはなかなかなれないかもしれませんが、仕事の内容を考えてみると自分が仕事のことで悩んでいるのがとてもちっぽけなことのように思えてきたりします。

ある意味勇気をくれる一冊ではないでしょうか。


督促OL 修行日記督促OL 修行日記
(2012/09/22)
榎本 まみ

商品詳細を見る






0 CommentsPosted in

選択と集中の理論は高校野球にもあてはまった 「弱くても勝てます」


12 12, 2012 | Tag,

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー

勉強のできる進学校はスポーツは得意でないということはだいたいにおいて言えると思います(スポーツがよくできる生徒と勉強がよくできる生徒、両者を集めている私立学校は別です)。

人それぞれに与えられている時間は皆一緒ですから、勉強とスポーツ、どちらにどれくらい重きを置くかで勉強のデキやスポーツのデキがある程度決まってきます。才能の問題もありますが。

開成高校といえば日本で最も有名な進学校です。年間の東大合格者が三桁です。

その開成高校が平成17年に甲子園激戦区である東京都でベスト16に入ったというから驚きました。

開成高校は私立高校ですが、もちろん野球推薦の生徒などいません。都会の学校ということもあり、まともにグラウンドを使って練習できるのは週に一日だというのです。


今日ご紹介する本はそんな開成高校野球部を取り上げた物語。

まず感心したのは監督が生徒の特性をきちんと把握していて、あえて他の強豪校とは同じことをしないようにしていたことです。

部員全員があまり上手でない。それを踏まえた上で勝つために必要な戦略というのが常識外れでおもしろいです。さらにそれを実際に実行しているところが素晴らしいと感じました。

例えば、開成野球は”勢いのある攻撃”と”大崩れしない守備”というのをモットーにしているところがあります。

打順の決め方は1番から強い球を打てる選手、2番に最も打てる強打者をおく。3,4,5番とそこそこ打てる選手をおいて、相手に圧迫感を与えることを重視しています。いわばドサクサ野球。

また、練習時間が多く取れないため、必要十分な質と量の練習に徹底的にこだわります。根底には守備というのは案外差が出ない、だから少ない練習時間をたくさん守備練習に使うわけにはいかない、目指しているのは試合が壊れない程度の守備力という考えがあります。

全ておいて完璧を求めない。選択と集中の考え方です。

ポジションの決め方も独特です。ピッチャーは投げ方が安定している、内野手はそこそこ投げ方が安定している、外野手はそれ以外!?というなかなか常識破りの決め方をしているというのです。

登場する部員達も期待に違わず個性派ぞろいで、やはり開成っぽいというかみんな理屈っぽくて思わずクスっとしてしまいます。何事にもどうしてこうなったのか、どうしてできないのか、というきちんとした理由付けを生徒たちなりに考えています。それが合っているかどうかは別にして。


他者の真似をするのではなく、独自の理論で自分たちの強みを育てる。正攻法ではなくても結果を出す。これってビジネスにも通じるところがあったりするんじゃないかと思ってみたり。そんな一冊でした。おもしろかったです。


「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー
(2012/09/28)
高橋 秀実

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in

山中先生はほんとうにジャマナカ先生だったのか?


12 10, 2012 | Tag,雑感


ノーベル医学賞受賞が決まってから、何度となくジャマナカ話を耳にしたのですが、どうも違和感があります。

山中先生は臨床をやっている時、上司からジャマナカと揶揄され臨床を追われるように基礎研究の道に入り、そこで成功を収めた云々...という話です。

しかしですね、駆け出しの医者は何もできないのが普通です。特に山中先生の臨床医時代の専門は整形外科ですから、手術を仕事のメインにしていたはずです。

整形外科の手術は二人以上で行うことが多いのですが、チームの中に駆け出しがいればそれは足手まとい以外の何物でもありません。筋鈎の引き方は要領を得ないし、何がポイントか分からないものだから手術中に睡魔に負けることもあったり。。。気性の荒い上司ならすぐに「邪魔だ」とか言ってしまうでしょう(外科系は気性の荒い人が比較的多いと思います。当社比)。

手術は誰でもある程度経験を積まなければできるようになりません。皆、そういう邪魔者扱いされていた時代を経験しています。それでも「いつかは自分が術者になってやる」という気持ちで修練を積んでいくのが外科系というものです。

ですから山中先生がジャマナカと呼ばれていたといっても、それは大して不思議なことではないし、決して山中先生が整形外科医に向いていなかったということではないと思います。

なんというか、挫折から這い上がったハングリーな基礎研究者という美談を作り上げたいという思惑を感じざるを得ないところです。




3 CommentsPosted in 日記

隠れユニクロ族


12 08, 2012 | Tag,ユニクロ

ユニクロの製品は好きです。いいものをお値打ちな価格で提供してくれていると思うからです。

ですからユニクロにはちょくちょく訪れて、買う気はなかったのについ衝動買いしてしまうこともしばしば。

昨年も話題だったウルトラライトのダウンジャケットを買ってしまいましたし。軽くて暖かくてまさにコストパフォーマンスに優れた商品だと満足していました。

ところが、、、そのダウンジャケットはワンシーズンでお役御免となり、今やもう我が家にありません。

モノは良かったのですが、街を歩くと同じ物を着ている人が多すぎる。「うわ、あの人も同じの着てる」という場面が多々あって、なぜか一人で気まずくなることもあったり。

着ている洋服はその人の個性の一部だと僕は思っています。機能が良ければいいという単純な話ではないかなと。

それでもユニクロの製品はやっぱりいいものが多いですから、インナーや部屋着を中心に愛用しています。隠れユニクロ族ですな。

あ、プレミアムコットンのシャツは良かったです。鎌倉シャツにはかなわないですが(鎌倉シャツがいい感じ | メタノート)、今でも着ております。S、M、Lとサイズバリエーションが少ないのですが、サイズが合えばおすすめです。




0 CommentsPosted in 日記

いろいろなビジネスモデルが学べる一冊 「なぜ、あの会社は儲かるのか」


12 07, 2012 | Tag,ビジネス書,ビジネスモデル

なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編

ほしかったビジネスモデルは異業種にあり。異業種のビジネスモデルを移植するのだ。そういうコンセプトで作られた一冊。

企業が利益を上げるために行っている工夫がわかってすごく興味深かったです。こういう話って大好き。ビジネスモデルを知るということは世の中の仕組みを知るということでもあると思います。

いくつかのビジネスモデルをご紹介。


裁定取引

市場間の価格の差を利用して利益を上げる取引であり、価格差や金利差を利用して売買を行い、利鞘を稼ぐ。

スターマイカという企業は賃貸中のマンションは空室の場合と比べて平均25%安いことに目をつけて、賃貸中のマンションを部屋ごとに買い取り、賃貸中は家賃収入を得、退去後は売却益を得るというビジネスモデルを確立した。

市場の歪みに注目する手法。


レベニューマネジメント

需要を予測して価格を変化させながら、販売量と販売単価の積である収入を極大化する管理手法。需要と供給のバランスによって価格を柔軟に変化させる。

そもそもはホテルで導入されていたシステム。繁忙期は価格を高めに設定し、閑散期は安めに設定する。そうすることでトータルの収入を上げていくという手法。早割やら特割といった航空会社のやり方もこれ。

楽天バスサービスはバス業界にこのレベニューマネジメントを導入して革命を起こした。


ジレットモデル

髭剃りのジレットが始めたことから、こう呼ばれるようになった。髭剃りの柄の部分は安価もしくは無料で提供し、相対的に高く価格設定された替刃で利益を上げるビジネスモデル。

プリンタがまさにそうで、プリンタは本体の売り上げよりインク売り上げが会社の利益に貢献する。イー・モバイルのWi-Fiルータや携帯電話は本体価格はタダ同然で、通信料や通話料で儲けている。


ネットワーク効果

互換性のある財を購入する他の消費者の数につれて、財を利用する消費者の便益が向上する効果のこと。

加入者の多い通信会社に消費者が加入すると、料金の割引など、加入者が多い通信会社ほどそのメリットを享受できる。


フリーミアム

無料版で多数の顧客を誘引し、その上で、魅力を高めた有料版を購入してもらう。コスト的には、一部の有料版の顧客が多くの無料版の顧客の費用を負担している。

エバーノートやドロップボックスがそう。エバーノートは僕も有料会員になっているのだけど、つまり僕はこのシステムを支えている少数派の一人ということだ。ドロップボックスは10GB近く確保しているのでなんとか無料会員のままで粘っている。


他にも日本ゴア、スルガ銀行、コマツ、星野リゾート、ブリヂストンこれらの会社のビジネスモデルも興味深かったです。

こういう本を読むとずいぶんうまいこと考えられているので、これなら投資先としても魅力的なのでは?と思ったりもします。もはや遅いということに気づいて踏みとどまりましたが。


なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編
(2012/07/24)
山田 英夫

商品詳細を見る




1 CommentsPosted in

障害診断書を書くのは難しい


12 06, 2012 | Tag,診断書

身体障害者の診断書を書く機会があるのですが、なかなか一筋縄ではいかない場合があります。

たとえば人工関節の手術をしたら、認められる等級は決まっていてわかりやすいのでいいんですよ。膝の人工関節をやった場合は膝関節全廃で4級です。両側やっても合算で3級にはならず4級のままです。そこからさらに他の障害が加われば3級になります。

ところがこの前外来に来た脳性麻痺の患者さんは難しかったです。外来にスタスタ歩いてやってきたその彼は見た目は普通で、障害者かどうかわからないレベル。大学に通っていると言っていました。

見た目は普通なのですが、障害は存在していて、手を使った細かい動作が苦手です。たとえばひもを結んだりがうまくできません。それでもこれまで工夫して生活してきて、麻痺の軽い方の左手で箸を使ったり、字を書いたりしてきました。

彼なりに障害を克服してきたわけですが、健常者と比べるとどうしても作業が遅くなったりします。たとえばパソコンを使った作業もどう頑張ったって速くタイピングすることができず、劣等感を感じることも多かったそうです。

僕の役目は障害に見合った等級を診断書に書くことですから、基準に沿って何級に相当するか検討したのですが、肢体不自由の診断でいくと、彼の場合は7級でした。7級というと手帳がもらえない、つまり健常者と大差ないという扱いになってしまうので、現実との乖離があります。

これは違うだろうということで、脳原性運動障害という判定基準で検討し直したところ、なんと1級になってしまいました。1級というとほとんど寝たきりの人ですから、あまりに現実とかけ離れています。

基準というのは行政が決めているもので、うまく等級にはまらない場合は往々にしてあります。

どうしようもないので、脳原性、一上肢の障害という基準を使い、さらに行政に納得してもらえるようコメントを加えて5級相当と診断して提出してもらいました。

最終的に何級がもらえるかは行政の判断によります。さてさてどうなることやら。きちんと障害に見合った等級がもらえるといいのですが。




1 CommentsPosted in 日記

ユニクロ柳井社長の熱いメッセージ がここに「現実を視よ」


12 04, 2012 | Tag,,ビジネス書

現実を視よ

日本を代表する経営者の熱いメッセージが込められた一冊。柳井正さんの著書です。

この作品ではビジネスのことはもちろん、教育や政治のことまで彼の個人的な信条や思想が書かれています。


日本人のうぬぼれと成長著しいアジア諸国

ビジネスの世界では、近くのアジアを見渡しても今や経済発展が著しい国ばかり。私たちは狭い日本という国の中だけで物事を考えるのではなく、積極的に世界に目を向けていくべきだと熱く主張されています。

日経平均が3万円台をつけていたのはもうだいぶ昔のこと。シャープやパナソニック、ソニーの凋落をみていれば、もはや過去の栄光にとらわれるべきでないということが分かります。


政治家のための政治

今の政治に対する批判も辛辣です。柳井さんは経営者らしく国債を発行しまくって著しい歳出超過に陥っている日本の財政を憂慮しています。

たしかに民主党が政権交代した直後に大声で叫んでいた歳出削減はどうなったのでしょうか。事業仕分けは一時的な政治パフォーマンスだったように思えなくもありません。票を集めるためのその場凌ぎの政策はもういりません。



志をもって生きよ

2012年にユニクロの社員に向けて柳井さんが発したメッセージであり、日本中の人に言いたいことだそうです。
日本人が必要としているのは、まさにこれではないか。

何かに一生懸命になる、真剣に頑張ることに対して、気恥ずかしいと思う人はたしかに増えている。

しかし、一つのことに一生懸命になって、死ぬ気で頑張ることでしか、人は成長できない。


ここまで書いて大丈夫かという内容も多いですが、私は個人的にここに書かれていた彼の主張におおむね賛成ですので、読んでいてよくぞ言ってくれたとすっきりした気分になりました。

もうすぐ衆議院選挙ですし、タイムリーな一冊と言えるかもしれません。これを読むと自民党や民主党には票を入れたくなくなりますな。

今の日本の現状を改めて考えさせられるとともに、魂の込もった胸に響く言葉が多い一冊です。


現実を視よ現実を視よ
(2012/09/21)
柳井 正

商品詳細を見る





0 CommentsPosted in

虐待を疑うサイン


12 03, 2012 | Tag,整形外科,,虐待

先日都内で小児整形外科の研修会があったので参加してきました。

側弯、ペルテス病、骨系統疾患、小児の骨折と知識のおさらいができてとても勉強になりましたよ。参加して良かったです。

その中で成育医療センターのT先生が子供の虐待について、それを示唆するサインを提示されていたので共有させてもらいたいと思います。

虐待というのは本当のところ医療関係者ではなく、子供の身近にいる人にまず気づいてほしいものだからです。

  • 受傷機転がはっきりしない、受傷機転と不釣り合いな骨折
  • 受傷から来院までの時間が異常に長い
  • 不自然な親の態度
  • 低身長・低体重
  • 頻繁な外傷の既往
  • 皮膚に残っている傷跡
  • 新旧混在する複数回骨折
  • 多発骨折、肋骨骨折、肩甲骨骨折
  • 骨端線骨折

僕が経験したことのある虐待症例は1番、3番あたりがあてはまっていました。

虐待を疑ったら児童相談所に通報して速やかに子供を保護しなければいけません。結局は親の証言しか情報がない場合も多く、ほんとうに虐待かどうかは判断が難しいことが多いのですが。


標準整形外科学 第11版 (STANDARD TEXTBOOK)標準整形外科学 第11版 (STANDARD TEXTBOOK)
(2011/04/01)
中村 利孝

商品詳細を見る




鎌倉シャツがいい感じ


12 02, 2012

テレビ朝日のニュースステーションだったですかね。創業者の方が取材を受けていて、このメーカー(メーカーズシャツ鎌倉 - MAKER'S SHIRT KAMAKURA)の存在を知りました。

価格がリーズナブルでその割に生地の質がいいということだったので、気になってお店に行ってみました。

すると評判通りというか、触ってみた感じも柔らかくサラサラで、これは着心地いいだろうなという印象でした。シルエットもダボッとした感じではなく、どちらかというとタイトでスタイリッシュです。

僕が購入したのは定番のものとは少し違ってニットシャツというもので、在庫限りで次の入荷は未定とのこと。価格は6000円くらいと定番のものに比べて1000円くらい高いのですが、まあいいところでシャツを買うと1万円は超えたりしますから、決してめちゃくちゃ高いわけではないかなと。

そこのお店では試着室がなく、シャツの上から上から羽織ってみてサイズを決め、さっそく一枚購入しました。

満足して家路につき、帰って着てみたのですが、、、

なんとサイズが小さい!お店でサイズを確認したはずなのに(泣)。

普段、どこのメーカーでもだいたいMサイズでオーケーなので油断していたのでしょうか。しかし実際にはかなりパツパツです。

これを着続けるのはちょっとキツイということで、買ったお店に電話したところ、快くサイズの変更をしてくれるとのこと。

よかった!

というわけでLサイズに変更してもらうことができました。Lサイズでちょうど良かったのですが、少し小さめに作られていると考えておいたほうがいいかもです。

ちなみに定番シャツはS,M,Lのラインナップではなく、首周りと袖丈でサイズを選びます。

 >> メーカーズシャツ鎌倉 - MAKER'S SHIRT KAMAKURA

試着ができないのはネックですが、店員さんの対応は良かったです。次にシャツを買う時もまた鎌倉シャツで買いたいと思いました。

オンラインでも買えるみたいですが、サイズ選びにはご注意を!



0 CommentsPosted in 日記
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。