スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 


02 28, 2011 | Tag,橘玲,幸福論

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
世の中が残酷なものだということは認めざるを得ないかもしれません。能力に関して少なくとも公平には出来ていません。

薄々我々が気づいてきたこの事を、著者は冒頭近くで

能力は遺伝的なものに決定されるため、後から意識的に開発することはできない。


ときっぱり主張し、読者を落胆させます。これに関しては反論もあると思いますが、ここではこれ以上触れません。

仮に能力が遺伝的に決められていて、後からはどうすることもできないものだったとします。だとすると能力のない人は初めから幸せな人生を送れないのでしょうか。

そうではありません。与えられた能力は何も学校の成績に限らず、様々なジャンルがあります。

MI:個性を生かす多重知能の理論」でハワード・ガードナーは人間に固有の8つの知能と1つの候補を挙げています。言語的、論理数学的、音楽的、身体運動的、空間的、博物的、対人的、内省的、実存的知能です。

自分がずば抜けて人より優れた何かしらの能力を持っていれば、それを生かすのが一つの方法です。

他に、”幸せ”というものについての考え方そのものが”幸せ”になれるかどうかを分けているということもあります。考え方って大事です。

さらに、本書において著者は本当の幸せは”お金”ではなく、他人から”認められる”ことだと主張しています。

だとすれば、この世の中で個人が幸せになるためには、好きなことをやって、それをみんなに評価してもらう。そして、タダで効率的な情報社会が到来した今、それは可能である。必要なのはやったことをみんなに評価してもらい、それを収入に変えるちょっとした工夫である。

これが著者から読者への”残酷な世界で生き延びる”ための処方箋です。

本書は橘玲さんの作品らしく、直感的に納得しにくいような内容も豊富な参考文献をもとにしているため、説得力のある作品になっています。

橘ワールドは相変わらず魅力的です。


残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
(2010/09/28)
橘 玲

商品詳細を見る
スポンサーサイト


腰椎椎間板ヘルニアのウソホント


02 23, 2011 | Tag,整形外科,椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは比較的若めの人が罹患することの多い病気です。

外来診療をやっていると、「私は椎間板ヘルニアではないですか?」と自己診断して来院したり、「接骨院でヘルニアだと診断されたから」と訴えてくる患者さんに出会います。

患者さんのそういう訴えを聞くと、どうも私たちが思っている疾患のイメージと、患者さんが思っているそれとではだいぶ違うように思います。今日はそのギャップについて書いてみます。

1. 腰痛がメインの症状である

こう思っている人がほんとに多いです。

しかし、ヘルニアの典型的な症状は下肢痛(足の痛み)です。もちろん腰痛が生じることも多いですが、腰痛だけなら急性腰痛と診断され、ヘルニアとしての治療は行われないでしょう。


2. レントゲンで診断できる

「近くの病院でレントゲンを撮ったらヘルニアだと言われた。」

このように訴えている患者さんも多いのですが、これは患者さんのせいというか、そのような説明をした前医に問題があります。

レントゲンでヘルニアを診断することはできません。出っ張った椎間板はレントゲンには写りませんから。また、椎間板が潰れている、と予測できたとしてもそれがヘルニアを生じているとは限りません。

もし前医でヘルニアと診断されたなら、レントゲン画像を読影した結果ではなく、患者さんの症状と診察の結果、診断に至ったものだと思います。


3. スポーツがヘルニア発生を誘発する

そのような根拠はありません。


ちなみに椎間板ヘルニアの発症要因として、一般的に言われているものは次の3つです。
  • 遺伝的要因
親兄弟にヘルニアになったことがある人がいたら、自分も発生するリスクが高いということです。
  • 肉体労働者の方がホワイトカラーに比べて3倍リスクが高い
スポーツとは関係なくても労働とは関係があるようです。腰に負荷がかかる作業が良くないんでしょうね。
  • タバコを一日10本吸うとヘルニアのリスクが20%上がる
タバコを吸っている人はヘルニアになりやすいです。

ちなみに椎間板ヘルニアの多くは保存治療(薬やブロック注射)で良くなります。治療開始から10年後の治療成績も保存治療と手術治療で変りないとされています。

早く手術しないといけないのは、足の筋力低下が出てきたり、尿や便の出しづらさが出てきた時です。ご注意を。

これからの「正義」の話をしよう


02 21, 2011 | Tag,哲学

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

  • 一人の人間を犠牲にすれば五人の人間の命が助かる場合、一人を犠牲にするべきだろうか。
  • 自然災害の後、被災者相手に日常生活用品に高額な値付けをする。これは許されるのだろうか。
  • 高額所得者のお金を低所得者に分配することは果たして本当に正しいのだろうか。

答えを一つにしぼれないような問題。こういった問題に向き合ったのが本書です。

著者はマイケル・サンデルという人物で、ハーバード大学で教鞭をとっている政治哲学者です。彼の授業は人気があるらしく、それは日本でも放映され、話題を呼びました(NHK ハーバード白熱教室)。

”正義”を考える上で、功利性を重視するか、自由を重視するか。それとも皆が美徳を涵養しつつ、社会として共通善をつくりだしていくか。

なかなか小難しくて分かりくいかもしれませんが、本書を読むと、全てにおいて万能な”正義”というものが存在しないことがよくわかります。

存在しないのは承知の上で、それなりの答えを出していく。ここにおいてサンデル教授は美徳を涵養し、社会としての共通善をつくりだすことが大切だと説いています。

われわれは正しい行動をすることで正しくなり、節度ある行動をすることで節度を身につけ、勇敢な行動をすることで勇敢になる。

”正義”というのは、文化と同じように育まれていくものなのかもしれないと思いました。


この本は流行っているからという理由だけで手にとった人にとっては、ちょっと重たいかもしれません。たまにはじっくり哲学っぽいことを考えたい人に調度いい本だと思います。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
(2010/05/22)
マイケル・サンデル

商品詳細を見る



0 CommentsPosted in 哲学

【iphone アプリ】医学計算機MedCalcがいい感じ


02 10, 2011 | Tag,iphone,アプリ

medcalc.jpg
 >>MedCalc (medical calculator) for iPhone, iPod touch and iPad on the iTunes App Store

医者向けですが、なかなかいいアプリを見つけました。特に内科の先生には役立つんじゃないでしょうか。

category.jpg

僕は整形外科を専門にしているので、正直あまり計算機は使わないのですが、つい最近では糖尿病の患者さんを担当した時に役立ちました。

その患者さんに出す食事は何kcalくらいがいいのか計算するには理想体重を知る必要があります。理想体重というのは身長によって決まっていますので、身長を入力して一発ポンです。

ideal body weight.


外傷を診るときにも役立ちます。

trauma.jpg

有名なGCSとか、ポケットリファレンスを持っていなくてもこれでOKです。

gcs.jpg


僕が研修医の時にこんなアプリが使えたらよかったのにと思いました。便利な世の中になったものです。




0 CommentsPosted in 日記

できそうでできない目標達成のコツ


02 09, 2011 | Tag,勉強,考え方

目の前にはやらないといけないことが山のようにある。遠くの目標を達成しようと思ったら、目先のやらないといけない事を次々と片付けていかないといけません。


まずすること

まずやらないといけないことは、目の前の課題を全てやる必要があるのか、という仕分けです。やらなくていい事、やるべきでない事を探します。徹底して行います。

また、一日単位ではテレビを観る時間、休憩にあてている時間、通勤時間など工夫次第で有効利用できるものもあります。


自分の能力を自覚する

もしあなたが自分の能力に自信がなければ、よっぽど他の人よりたくさん時間を確保しようと思ったほうがいい。質を量でカバーするという考え方です。

頭のデキは人それぞれ違うのに、周りの人と全く同じ方法で努力しようとするから思うようにいかない。そういうことってあると思います。


ときには我慢も必要

時間の確保には”我慢”も必要です。様々な誘惑に勝つ必要があります。

僕が大学に入学したての頃、まわりの入学者が「浪人して良かった。予備校でかけがえのない仲間に出会えたし、カラオケに行ったりして楽しかった」なんて言っていてびっくりした記憶があります。

適度に気を抜いていてもなんとかなる人はいます。あなたが自分の能力に自信があるなら、適当に息抜きしつつでいいでしょう。もし不安があるなら最優先で時間の確保に努めるべきです。人間に平等に与えられているものは時間だからです。


集中するためのちょっとした工夫

自宅では集中することが難しいなら外に出ましょう。場所を変えると驚くほど集中力が高まるという場合があります。図書館やカフェ、学校等なんでも利用できるものはしないと損ですよ。


揺るがない気持ち

最後に必要なのはコレでしょうかね。根性論を語るつもりはありませんが、なんとしてでもその目標を達成するんだという気持ちがあれば、集中力の持続時間が違います。何より、どうしたら今よりもっと良くなれるんだろうと工夫しようとします。

小さな改善の積み重ねが鈍行列車の切符を特急のそれに変えるのです。




0 CommentsPosted in 日記

人生を楽しく生きる ”脱力”のすすめ


02 07, 2011 | Tag,生き方,考え方

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
仕事での成功が本当に自分にとっての望むことかは人によって意見の分かれるところだと思います。

もちろん仕事がうまくいって周囲から認められれば嬉しいに決まっています。しかしながら、仕事を頑張りすぎることによって体調を崩してしまったり、大切な人を失ってしまったら元も子もありません。なにも会社で出世して要職につくことだけが幸せではないですよね。

そういう僕もついつい自分の能力を超えたところまで頑張ろうとしがちで、時々疲れます。スキルアップのために今の仕事を寝る暇も惜しんで一生懸命頑張る、とか、忙しいのに時間を作って別の資格に挑戦するとか。やってみることは悪くないと思いますが、自分自身とよく相談しないと後から後悔します。そういう意味で自分の能力をきちんと把握することって大事です。

新しい何かを身につけたければ、身の丈に合った調度いい目標をたてることが大切です。目標を達成できない原因の多くは、その人自身の能力の問題というよりは身の丈に合わない。高すぎる目標設定にあるように思います。人のことなら客観的に見れるのに、自分のことになると周りが見えなくなってしまう。

最近読んだ「ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法」という本の中に、頑張りすぎてしまう現代人への処方箋のようなことが書かれていました。

この本の著者はブログChikirinの日記を書いているブロガーです。はっとするような世の中の見方について書かれていたりするので、僕はRSSに登録して購読しています。

この本の中では
  • 目標は低く持つ
  • 人生は早めに諦める

と世の中の自己啓発本とは逆をいくような、一見逆説的なことが書かれています。

そんなことじゃあ、一生ダメな自分のままじゃないか。と反論したくなるところですが、本書を読むとこの主張にも納得できます。全く頑張らなくていいということではなく、頑張りすぎないように気をつけようということですからね。誤解のないように。

また、頑張りすぎてしまう原因の一つに、”他人の目を気にしすぎる”ということがあると思います。誰でも人には情けない姿、みっともない姿を見せたくないと思いますよね。
  • 「自分基準」で生きる
  • 人と同じことをしない
これすごく大事です。僕自身に言い聞かせたい。

それと、楽しく生きるためには
  • 欲求に素直に生きる
ことも忘れてはいけない。やりたいこと、食べたい物、良くないからといって全て諦めていたのでは人生の楽しさ半減です。

最後に、この本の著者Chikirinさんの考え方、僕はとても好きなんですよね。すごく世の中のことを合理的に考えていて、それでいてあまり力が入りすぎていない。例えば本書にも取り上げられている
  • 10年以上のローンはダメ
  • 大半の保険は不要
は僕の考え方と全く一緒です。世の中には合理的に考えることだけが幸せへの近道ではありません。

住宅を賃貸にするか、持ち家にするかという話題では、合理的に考えれば賃貸だと思いますが、持ち家を所有することでの幸福感については否定しません。ありだと思っています。

いつもの自己啓発本とはちょっと毛色の違った本書。少なくとも僕にとっての処方箋にはなりました。おすすめできる本です。


ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
(2011/01/20)
ちきりん

商品詳細を見る



香川選手の骨折 第5中足骨骨折


02 02, 2011 | Tag,整形外科,骨折,サッカー

先日のアジアカップで、日本代表として大活躍した香川選手が骨折により戦線離脱しました。

香川、骨折!5年半ぶり韓国撃破も大きな代償…アジア杯:日本代表:サッカー:スポーツ報知

記事によると第5中足骨骨折のようです。

第5中足骨骨折には下駄履骨折、Jones骨折という2つの名前のついた骨折があります。

下駄履骨折は、短腓骨筋という筋肉が第5中足骨の根元に付着しているのですが、短腓骨筋の収縮が激しすぎると、こういう骨折になります。
下駄履骨折2
通常、手術しなくてもギプス固定で良く治るとされています。


もう一つのJones骨折は、下駄履骨折とは折れている場所が違います。もっと足の先に近い場所での骨折です。スポーツ選手に多いとされています。
Jones骨折2
この部位での骨折はギプスではなかなか治らないことも多いので、よく手術が行われます。その場合はスクリューやワイヤーを使って治療します。

香川の手術成功、日本のアジア杯V大喜び - サッカー - SANSPO.COM

香川選手は手術治療を受けたようですが、どちらの骨折だったんでしょうかね。Jonesでしょうか。骨折の形態はほんとにいろいろありますから、それとも今回挙げたどちらにもあてはまらない骨折かも。






最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。