スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今からでも遅くない。チャンスをつかむためにすべきこと


01 31, 2011 | Tag,自己啓発,ビジネス,チャンス,成功,考え方

できる人はチャンスをつかむのが上手ですよね。そのチャンスはいったいどこにあるのでしょう?

どうも私たちの周りにありふれているようです。チャンスがあるのに気づかないだけということです

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」でティナ・シーリングがチャンスをつかむためのコツを教えてくれています。

彼女はチャンスをつかむための自分自身に与える”許可”として次の6つが大切だと主張しています。

  1.  常識を疑う
  2. 世の中を新鮮な目で見る
  3. 実験する
  4. 失敗する
  5. 自分自身で進路を描く
  6. 自分自身の限界を試す

いつも目にしている光景の中にいいアイデアが隠れている場合がある。誰かが捨ててしまったアイデアの中に実は磨けば光るダイアモンドが眠っている場合がある。

何よりアイデアが見つかったら、それがいいものかどうなのか失敗を恐れず、とにかく試してみることが大切だと。

本書を読んで、具体的なアイデアの着眼点にも感心しましたが、それよりはっとしたのは、

自分や他人の間違いに寛容で、失敗も学習プロセスの一環だと考える。

という言葉です。失敗してもいいのです。むしろ失敗は歓迎されるべきものだと。

会社勤めしている人ならジェフ・ホーキンスのこの言葉はどうでしょう?

「自分は、自分の会社と一体ではないし、製品と一体でもない。往々にして同一視しがちだが、失敗したからといって自分の失敗したわけではない。あるいは成功した時ですら、自分の成功ではない。会社や製品は失敗することがあっても、自分が失敗者なのではない。」

挑戦するのに、気が楽になりませんか?

20歳の時に限りません。人生をより良くしたいと思っている人にとって、この本はいい助けになるのではないでしょうか。

本書の中に紹介されているエピソードも興味深いです。ティナ・シーリングがスタンフォード大学の学生に出した無理難題ともとれるような課題を、彼らは見事なアイデアで解決しています。

スポンサーサイト


試験に受かる人、そうでない人


01 27, 2011 | Tag,試験,勉強法,受験

大学時代から急に周りには高偏差値の人が多くなりました。

結果としてみんな高偏差値なのですが、そこに至るまでの過程、努力の仕方は人によって様々なことが興味深かったです。


同級生や同僚を2つのタイプに分類すると、天才型秀才型に分けられます。

天才型の人間も少数ですがいました。彼らは周りの人が3,4回やってできるようなことでも1回でできてしまいます。記憶力がいいこともあるのでしょうが、おそらく頭の中に入っているたくさんの知識を結びつけるのがうまいんだろうと推測しています。

それに対してたくさん勉強することで高得点を出そうとするのが、秀才型です。世の中の多数派はこちらだと思います。

彼らは生活の中で勉強にあてる時間をきちんと確保し、そのなかで集中して勉強します。一回では覚えられないので、身につけようと思う知識は何度も繰り返して頭の中に入れます。

人によって繰り返す回数が変わってきますが、自分の能力に合わせて勉強量を調整しています。自分の能力を自覚するというのも勉強する上では大切なのです。

時間だけは全ての人に平等に与えられていますから、頭が悪ければたくさん時間を確保して、たくさん勉強すればいいわけです。

医学部なんかだと、多くが秀才型にあてはまります。みんなそれぞれ学ぼうとしていることにかかる時間をなんとなく上手に逆算して、それに合わせて勉強していました。

自分の能力を嘆くより、持っている能力でどこまでパフォーマンスを上げることができるか。そう考えられるのが、試験に受かる人とそうでない人の違いなんだと思います。




0 CommentsPosted in 日記

[iPhone音楽アプリ]インターネットラジオAccuRadioは秀逸


01 22, 2011 | Tag,iphone,アプリ,accuradio

みなさんは携帯音楽プレーヤーは何を使っていますか?

僕はiphoneユーザーなので、iphoneを使って音楽を聞いています。iphoneには自分の好きな音楽をたくさん入れていて、新しい曲が欲しくなったらitunesをチェックしてダウンロードしています。

最近iphoneを使った、新しい音楽の楽しみ方を発見したので紹介しておきます。


その方法はインターネットラジオを利用するというものです。

iphoneのアプリにはインターネットラジオを聴けるアプリがいくつかあります。僕がダウンロードしてみたのはこのあたり。

internetradio.png

この中で一番おすすめなのはAccuradioというアプリです。

accuradio.png
AccuRadio

他のアプリはWiFi環境が整っていないと、ちゃんと音楽を聴くことができません。その点Accuradioは大丈夫です。3G環境でも安定して音楽を聴くことができます。アプリを閉じた状態でのバックグラウンド再生も可能ですよ。

さらに秀逸なのは、様々なジャンルの音楽が聴けることです。

genre.png

最近気に入ってよく聴いているジャンルはHitKastですね。

itunesのトップセールスに入ってくるような有名な曲から、チャートには入ってないけど結構いい曲まで色々聴けます。

インターネットラジオですから、同じ曲をリピートしたりはできないのですが、気に入らない曲だったらスキップすることはできます。

brunomars.png

お気に入りの新曲を探すのに、itunesをのぞいてプル型で音楽を探してみるのもいいですが、Accuradioを利用して気に入った曲があればその曲を購入するという手もありですね。


音にこだわりたいならこのイヤホンがおすすめ。全然違います。


audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS50 WHaudio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS50 WH
(2009/06/19)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る



以上、インターネットラジオアプリのご紹介でした。

>> iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 AccuRadio



1 CommentsPosted in 日記

池上彰の学べるニュース


01 13, 2011 | Tag,ニュース,池上彰

池上彰の学べるニュース
苦手な分野の入門書は重宝しますね。

昨年は経済超入門を読みましたが、今日の本もそういう類の本です。

経済超入門に比べるとだいぶ簡単な内容になっています。毎日新聞を読んでいるような人にはあまり必要ないかもしれません。

内容は
  • 国家予算
  • 政治資金規正法
  • 連立政権
  • JAL破綻
  • デフレ
  • 環境問題(温室効果ガス)
  • 医療崩壊
  • 日本の教育
  • マグロ
  • 国際情勢(中国の急成長と人民元、など)
となっています。

知ってました?政治資金規正法の”規正”って”規制”という漢字じゃなかったんですねぇ。僕はこの本を読むまで知りませんでした。内容が簡単とはいえ、知らないことは書いてあります。

著者の池上さんは毎週水曜8時からテレビ朝日|そうだったのか! 池上彰の学べるニュースという番組でわかりやすいニュース解説をしています。

こちらもなかなか人気の番組のようですよ。


池上彰の学べるニュース池上彰の学べるニュース
(2010/05/27)
池上 彰、「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」スタッフ 他

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in 経済

すぐ使える 交渉のテクニック6つ


01 04, 2011 | Tag,交渉,ビジネス

交渉の達人
人生は交渉の連続ですね。人が二人以上いればいつでも交渉が始まります。

交渉のコツを知っている人は、知らない人より得をします。知らない人は自分がうまいこと交渉術に乗せられていることに気づかないかもしれません。

今日はその交渉のコツを6つご紹介。

1.相手の予想される利得ではなく、予想される損失を強調する

例えば電力会社のセールスで、「電気代の節約のため、絶縁体を付けたほうがいいでしょう」と提案するとき。

「絶縁体をつければ、1日あたりXセントお得です。」



「絶縁体をつけないと、1日Xセントの損になります。」

では、同じことを言っていても後者の方が成功率が高いのです。

これは、人間は利得より損失を大きなものと捉えてしまうという、損失回避の原則というものです。相手に要求をのませたければ、そうしなかった時にどれくらい損をするかアピールしたほうが効果的ということです。


2.相手の利得は分散し、相手の損失をまとめる

シナリオ1:通りを歩いていて、20ドル札を見つける。

シナリオ2:通りを歩いていて、10ドル札を見つける。翌日、別の通りを歩いていて、また10ドル札を見つける。

同じ金額を得ているのに、後者の方が嬉しく感じます。だから、手当や報償を与えるとき、分割して時間をかけて与えたほうが効果的なのです。

また、

シナリオ1:財布を開けて、20ドル札をなくしたことに気づく。

シナリオ2:財布を開けて、10ドル札をなくしたことに気づく。翌日また10ドルをなくす。

同じ金額を失っていても、後者の方が落ち込みます。悪いニュースを伝えなければいけない時は、小出しにするのではなく、まとめて伝えたほうがいいのです。


3.ドア・イン・ザ・フェイス

「少年院の少年たちを動物園に連れていくので、付き添ってもらえませんか?」

とこう尋ねれば、多くの人はノーと言います。ところが、

「少年院でカウンセラーをする気はありませんか?毎週2時間、3年間お願いできればありがたい。」

と質問します。これも普通の人ならノーと言うでしょう。しかしその後に、

「もし、それがお願いできないのだとしたら、少年たちを1日、動物園に連れて行くので付き添っていただけませんか?」

とお願いします。すると、依頼を受けてくれる人が増えるのだそうです。

このような最初に無理なお願いをして、断られた後に、比較的受け入れてもらいやすそうな要求をする。これをドア・イン・ザ・フェイス テクニックといいます。


4.フット・イン・ザ・ドア

バーテンダーが入店してきた常連客に、飲酒運転撲滅の嘆願書に署名するよう依頼したとします。

依頼された常連客は嘆願書に署名をします。

その後しばらくしてその常連客が酔っ払って帰る頃、バーテンダーが客に「自宅まで送るのにタクシーを呼んでもいいですか?」とお願いします。

すると、署名をお願いしていない時と比べて、「タクシーを呼んでもいい」という客が増えるのだそうです。

このように、初めにコミットメントを立ててしまうと、その後それを否定するような行動が取りにくくなる。これをフット・イン・ザ・ドア テクニックといいます。


5.社会的証明の力を利用する

ジャパネットたかたのような、テレビでやってる実演販売風のコマーシャルでの最後の一言を

「オペレーターが待機しています。いますぐお電話を。」

と言うのをやめて、

「オペレーターが話し中の場合は、再度お電話ください。」

と言うようにしたところ、注文の電話が急増したという話があります。

自分以外の誰かも商品を欲しがっていると思うと、自分も買わなければいけないと思ってしまうのです。こういうのを社会的証明といいます。みんな買っているから、とさりげなく思い込ませるテクニックです。


6.まず一方的に譲歩する

「アンケートに答え、それを返送したら50ドルプレゼント」

というパターンと、

「アンケートと一緒に1ドルを送付し、返送を待つ」

という方法では後者の方がアンケートの返送率が高かったそうです。

たった1ドルでもアンケートの実施主が先に譲歩すると、お返しに返信しなければいけない気がしてくるのが人間というものなのです。

だから、自分の要求を通したければ目の前の損失には目をつぶって、先の大きな利益に目を向けたほうがいいのです。


どうでしたか?

ここに挙げた6つだけでも知っておくと、交渉において攻めるとき、攻められるときどちらの場合でもだいぶ役立つんじゃないでしょうか。


交渉の達人交渉の達人
(2010/05/21)
ディーパック・マルホトラ、マックス・H・ベイザーマン 他

商品詳細を見る



最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。