スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


痛みに効くリリカ


12 31, 2010 | Tag,整形外科,腰椎椎間板ヘルニア,

2010年も終わりですね。みなさんはどんな年だったでしょうか?

最近の僕は本を読む量が劇的に減っています(汗)。怠けているわけではなく、試験勉強にかかりっきりで本を読む余裕がない、というのが正直なところです。暗記に苦労しております。

ブログにも書きたいことがいくつかあるのですが、あまりたくさんのことを同時進行でできない性格なのです。。

試験が終わったらゆっくり好きな本を読んだり、ブログ更新も復活していきたいと思います。



今日は先日効果を実感したある薬についての話題です。


腰椎椎間板ヘルニアでは足の痛みはかなりつらいです。足が痛すぎてまったく動けなくなってしまうほど。

整形外科で外来をやっていると、軽症から重症まで、いろいろな椎間板ヘルニアの患者さんがやってきます。

診察して、レントゲンを撮って、やっぱりヘルニアっぽいって思ったらMRIを撮る。これで普通はだいたい診断できます。

治療はまずロキソニンやボルタレンなどのNSAIDsという鎮痛薬を使います。

これではまったく効かない患者さんも中にはいます。そういう患者さんには、神経根ブロックを行います。これはレントゲン透視装置を使いながら、うつぶせになった患者さんの背中から注射を行う、というものです。注射の時はかなり痛いのですが、薬が入ると楽になることが多いです。

それでもダメなら手術となります。

以上が標準的な整形外科における腰椎椎間板ヘルニアの検査、診断、治療です。


しかしながら他の疾患を持っているため、神経根ブロックがどうしてもできない患者さんもいます。

先日の外来ではそんな患者さんが来ました。

NSAIDsは効かないというし、別疾患のせいで注射も手術もできないし、すごく困っていました。


そんな時、最近院内で採用になったある薬に出会いました。

ファイザーから発売されたリリカ(プレガバリン)という薬がそれです。この薬は日本では今年から使えるようになりました(海外では2004年から)。

作用機序は”中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげる。”というものです。

これまでの鎮痛薬とは作用機序が違います。痛みを起こしている場所に直接効く、というより、痛みを感じさせてる脳に近い部分に効く、といったイメージでしょうか。



先日の外来で、これを処方した患者さんはすごく効いて、内服した次の日からそれまでの痛みが嘘のように歩けるようになったと満足していました。

どんな薬もそうですけど、人によって合う合わないというのがあります。よく効く人そうでない人、また、副作用が出やすい人そうでない人と分かれます。

このリリカも眠気やめまいといった副作用があります。内服しようと思っている人は気をつけてください。


誰にとっても万能な薬というものは存在しませんが、リリカはいい薬だと感じました。また外来で痛みに苦しんでいる患者さんに使ってみようと思います。


スポンサーサイト


やる気がなくてもやらなくてはいけない。そんな時のちょっとした工夫。


12 27, 2010 | Tag,勉強法

勉強するという作業、みなさんは好きでしょうか。僕はなかなか好きになれません。

最近僕は必要に迫られ、とある資格試験に向けて勉強しているところなのですが、困ったことにいつも最高に集中できるわけではありません。

一時的にモチベーションを高く保ったとしても、それを常に高く維持するのは難しいです。

しかしながら、目標達成のためにはやる気がなくても勉強しなくてはなりません。ある程度時間をかけて机の前に座る時間、それが必要です。自然とモチベーションが上がってくるのを待っているだけでは、あとで後悔することになります。

なので僕はちょくちょく工夫をこらしながら、机に向かうようにしています。

今日は今おこなっている工夫を2つ紹介します。


1つは場所を変える、というものです。

僕の場合、自宅で問題を解いたり、暗記したりする作業が集中してできません。様々な誘惑が邪魔をするからです。テレビはあるし、ベッドもあるので、都合のいい言い訳を考えついて、勉強できなくなってしまいます。

それが分かっているので、勉強するときは図書館やカフェ、職場のデスクを利用しています。

机が変わると気分も変わるので、気持ちの切り替えにも有効です。


もう一つは導入に音楽を使う、というものです。

基本的に勉強するときは無音がいいと僕は思っているのですが、どうしても気分が乗らないときにヘッドホンをしながら好きな音楽をかけてテンションを上げて机に向かう、というのはありだと思います。

友人なんかに勉強中に音楽を聞くことの是非について尋ねると、なかには音楽をかけていたほうが集中できるという人もいます。僕は無音派ですが、人によって様々なんだとは思います。

勉強中にかける音楽はできれば洋楽をおすすめします。邦楽だと魅力的な歌詞が、考える作業の邪魔をします。

調子に乗ってきたら再生を止めればいいですし、本当に集中力が高まってきたときは音楽は鳴っていても聞こえなくなります。



僕が使っているポータブルオーディオプレーヤーはiphoneです。ここに好きな曲を溜め込んでいて、プレイリストを作ったりしながら音楽を楽しんでいます。

ささやかな楽しみですから、音楽はできるだけいい音で気持よく聞きたいものです。

最近、ヘッドホンをデフォルトのものからこれ↓に変更しました。


audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS50 WHaudio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS50 WH
(2009/06/19)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る


重低音がすごく効いていて、かなりいい音を出しています。コストパフォーマンスが良く、おすすめです。


人によって集中力を持続させる方法は様々ですが、とにかく机に向かう時間は大いにこしたことはありません。みなさんも自分に合った方法を見つけてみてくださいね。




0 CommentsPosted in 日記

人工股関節の素材~ポリエチレンか金属か~


12 21, 2010 | Tag,医療,整形外科,人工関節,論文

膝の痛みや股関節の痛みで苦しんでいる高齢者は多い。痛いもんだから、外出する機会も減る。刺激を受ける機会が減るからだろうか、気力も体力もどんどん衰えていってしまう。

変形性関節症や関節リウマチといった病気では関節の破壊が進行し、それによる痛みが発生する。

これらの治療において、もちろん自分の骨を温存できるのが一番なのだが、病勢が強くてそうも行かない場合がある。

そんな時に最後の手段としていい治療法がある。それが人工関節だ。これを行った患者さんたちの多くはとても満足して退院していく。


いい治療法なのだが、まだ未解決の問題がある。

3つ挙げると、
  1. 感染
  2. 人工関節のゆるみ(耐久性の問題)
  3. 脱臼
である。

今日は2,3に関して最近関連した論文に目を通したのでここに書いておく。


人工股関節では素材に関して、しゅう動面に金属とポリエチレンを使った場合、金属と金属を使った場合の2通りの選択肢がある。

poly.jpg
金属と金属の間にある白い素材がポリエチレン。


metal.jpg
こちらが金属と金属で組み合わせた人工股関節。


どちらがいいか結論は出ていないが、臨床の現場での多数派はまだ金属とポリエチレンを使った方である。


金属と金属を使った人工関節は最近
  1. 脱臼を減らす
  2. 摩耗を減らす 
という点で注目されている。

脱臼を減らすためにはHeadという部分が大きい方がいいのだが、そうすると、金属の摩耗が増えてしまうのではないかと危惧されている(ジレンマ)。金属がイオンとして血中に入り込み、人体に害を加えるのではないかとということだ。

それに対して、以下の論文はそうでもないから大丈夫と主張している。
SpringerLink - Clinical Orthopaedics and Related Research®, Online First™


次の論文は、脱臼も少なく、摩耗も少なければ人工関節としては耐久性に優れているはずだから、やむを得ず若い人に行う場合にいい素材になるのでは?と主張している。
Metal-on-Metal Hip Arthroplasty in Patients Thirty Years of Age or Younger -- Girard et al. 92 (14): 2419 -- Journal of Bone and Joint Surgery



まだまだ結論は出ませんが、人工関節の素材についてはこれからも研究が続けられていくものと思います。



ビジョナリーカンパニー3 衰退の五段階


12 14, 2010 | Tag,ビジネス,ビジョナリーカンパニー

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階
失敗から学ぶことって大事だと思います。

かつてはビジョナリーカンパニーとされていた会社ですら、あっという間に没落してしまうのが現代の社会です。

例えば本書で紹介されているのはバンク・オブ・アメリカ、モトローラ、サーキット・シティ・ストアーズなどがそうです。

ビジョナリーカンパニーすら道を誤ることがあるということです。

本書が教えてくれる衰退への道は5段階からなります。僕はなるほど、たしかに、これって会社単位じゃなく、個人単位でもあてはまることなんじゃないか、と思って読んでいました。

人生がうまくいっている時ほどこういう教訓的な本が必要だと思います。

  1. 成功から生まれる傲慢
  2. 規律なき拡大路線
  3. リスクと問題の否認
  4. 一発逆転の追求
  5. 屈服と凡庸な企業への転落か消滅

成功から生まれる傲慢
成功するためには運を味方につけることが必要ですが、成功すると運が良かったということを忘れがちです。傲慢な態度はこれを助長します。


規律なき拡大路線
身の丈に合わない拡大路線によって、人材を適切に配置できなくなり、組織として脆弱になります。


リスクと問題の否認
予想外のことが発生しても、「一時的なもの」とか、「景気循環によるもの」とか理由をつけて問題を容認してしまうということです。


一発逆転の追求
大ヒットを狙って莫大な投資をしてみたはいいものの、当たることなく万事休すといった事態になるということです。


最後に待っているのは、転落か消滅です。


しかしながら、全ての企業が転落への道を転がり落ちたかというとそうでもないみたいで、復活した例としてノードストロームやディズニー、IBMなどが挙げられています。

上に挙げた5段階のうち、自分の企業がどの段階にあるのか早く自覚することが大切なんでしょうね。それに気づき、手を打てるのが名経営者ということでしょうか。

これでビジョナリーカンパニーシリーズは3作目ですが、どの本も読みがいのあるいい本です。


ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階
(2010/07/22)
ジェームズ・C・コリンズ(James C. Collins)

商品詳細を見る


関連記事:
ビジョナリー・カンパニー | メタノート
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 | メタノート


圧迫骨折の治療


12 07, 2010 | Tag,整形外科,圧迫骨折

vertebral fracture img
腰椎や胸椎の圧迫骨折は日常的によく見かける骨折だ。

特に多いのが高齢者の圧迫骨折。若い人でもものすごい勢いで尻餅をついた時などは椎体がつぶれて骨折してしまうことがある。

今日の外来診療でも圧迫骨折の患者さんを3人診た。午前中だけの外来でも、そんな患者さんを診ずにすむことはほとんどない。

圧迫骨折の治療で最も問題となるのは痛みの治療だ。折れるとものすごく痛い。痛くて身動きがとれないほど。

痛みの治療にはだいたい飲み薬や貼り薬の痛み止めを使う。他にはエルシトニンという筋肉注射も使っているかもしれない。これも圧迫骨折の痛みに効く。

ただ、これらの薬を使ってもなかなか痛みがよくならないことも多い。

そこで直接骨折した椎体になんらかの介入を行って痛みをよくしようという試みがなされている。

Osteoporotic vertebral compression fractures with an intravertebral cleft treated by percutaneous balloon kyphoplasty -- Wang et al. 92-B (11): 1553 -- Journal of Bone and Joint Surgery - British Volume

この論文では折れた椎体を風船でふくらませ、セメントを入れている。

痛みやADLの面で有効だったそうだ。

合併症はセメントの大静脈内への漏れや椎間板内への漏れなど。

合併症が起きたら大変だけど、痛みがよくなるならいい方法なのかもしれない。


椎体に直接治療を施すという方法は以前からも試みられていて、NEJMでは

A Randomized Trial of Vertebroplasty for Painful Osteoporotic Vertebral Fractures ― NEJM

という論文が発表されている。

こちらの論文では何もやらなかった群と大差はないとされている。


まだまだ結論の出ていない治療法ではありますが、もしかしたら一般に普及してくる方法なのではないかと期待しています。



仕事は楽しいかね?


12 02, 2010 | Tag,自己啓発,ビジネス

仕事は楽しいかね?


今日の目標は明日のマンネリ。明日は今日と違う自分になる。

今日からこれを目標にしよう。

任された仕事の完成度を高めることばかりを考えるのではなく、新しい何かに挑戦するんだ。

なぜなら、

試してみることに失敗はない。変えるのに比べて試すことは簡単だ。あらゆることをしろ。素晴らしいアイデアは、どこからやってくるかわからないのだから。

予想通りにならない結果、がっかりする結果だったとしてもクヨクヨしない。

失敗の中に成功の種が落ちていたりするのだから。

例えば、コカ・コーラ、トールハウスのチョコチップ・クッキー、リーバイスのジーンズ、3Mのスコッチガードは爆発的にヒットした商品だけど、これらは狙い通りに生まれてきた商品ではない。

どうしてみんな、成功の種を拾えないのかというと

失敗するのを怖がりすぎて、それが宇宙からの贈り物だってことに気づこうしない

から。

始めるなら今。試せることは今から試そう。

明日は今日と違う自分になる。

関連書籍:
チーズはどこへ消えた? | メタノート
カモメになったペンギン | メタノート


仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?
(2001/12)
デイル ドーテン

商品詳細を見る






最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。