スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


来年もいいスタートをきるために。日頃のカゼ対策もお忘れなく。


12 31, 2009 | Tag,ヘルスケア,医学,健康,風邪

今年最後のエントリーとなります。
日頃当ブログに足を運んでくださるみなさん、今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

さて、寒さもどんどん厳しくなってきています。
一昨日に引き続きヘルスケア関連の話題をお届けします。

みなさん、今年はカゼひきませんでしたか?
ひいていない人はラッキーですね。日頃の自己管理の賜物かもしれません。
ひいた人はつらかったですね。健康の大切さを身にしみて感じたはずです。

インフルエンザが流行してますが、ただのカゼにもまだまだ注意が必要です。
カゼをこじらせて肺炎になって入院?
若い人なら大丈夫でしょうが、高齢者や持病のある人は警戒が必要です。

カゼの原因で多いのはウイルス感染。
原因ウイルスとしては特に単純性ヘルペスウイルスってやつが多い。
インフルエンザじゃないんですね。

カゼ予防に手洗い、うがいはもはや当たり前の予防策ですね。
これをきちんとしてない人は今日から心がけましょう。


他にはビタミンやミネラルの摂取が有効なようです。

 >>My Health Today: Top Three Causes of Cold Sores

この記事の中には他にとっておいた方がいいビタミン、ミネラルが紹介されていました。

ビタミンCは有名です。
ビタミンC以外にもビタミンBもいいみたいですよ。
ともにストレスと戦うビタミンです。

個人的には上の記事の中でミネラルの話が新鮮でした。
亜鉛がいいみたいです。亜鉛はウイルスをやっつけてくれるそう。

そして、カルシウム。これも大切みたい。
カルシウムは骨を作っているだけじゃないんですね。
血液のpHをアルカリ性に傾けて、これがカゼ予防にいいのだそうです。

血液がアルカリ性気味の方が細胞は酸素を多く取り込むことができて、ウイルスと戦う力も強くなるのだそうです。
カルシウムの摂取量の目安は1000mgとなっています。


ビタミンB、C、亜鉛、カルシウム、このあたりはこの冬を乗り切るために普段から摂取しておいた方がよさそうです。
ものぐさな私は、オールインワンのミネラル入りマルチビタミンなんかを使っています。

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒
(2005/05/11)
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る



スポンサーサイト


マスクはしておいた方がいいですよ


12 29, 2009 | Tag,ヘルスケア,風邪,マスク

咳は病原菌をまき散らします。インフルエンザが流行しだしてから町にはさらに多くのマスク姿をみかけるようになりました。

今日紹介するのは、”マスクをすると、咳による病原菌の飛散をどれくらい抑えられるか”を視覚的に説明したビデオです。

>> Video: Real-Time Schlieren Imaging of Coughing

ちなみにこのビデオでは普通のマスクとN95マスクが登場します。

11720-4126648af6512957.png右の写真ではBにあるのがN95マスクです。

N95マスクは結核菌すら防御できるすごいマスクですが、普通、簡単には手に入りません。

ビデオを見ると、マスクをしてない場合としている場合でだいぶ病原菌の飛散量や到達距離に違いが出ることが直感的に分かりますね。

でも、このビデオを見る限りN95マスクは自分に対する防御に有効だとしても、病原菌をまき散らす側の人には有効ではありませんね。安いマスクと変わりません。

つまり、N95マスクはこれから感染するかもしれない人には有効ですが、感染させるかもしれない人にはあまり必要がないということですかね。

どっちにしろ感染した人これ以上感染を拡大させないために、これから感染する危険がある人は感染してしまわないために、マスクはつけておいた方がいいですよ。




【ユニチャーム】 ソフトーク超立体マスク 1箱(100枚入)【ユニチャーム】 ソフトーク超立体マスク 1箱(100枚入)
ソフトーク
商品詳細を見る




劇場のイドラに踊らされるな 「正しく考えるために」


12 27, 2009 | Tag,論理,論理学,思考力,考えること,前件否定の誤り,後件肯定の誤り

正しく考えるために (講談社現代新書 285)
イドラというのはフランシス・ベーコンが名付けたわれわれの心の中に潜む”偏見”のことです。
劇場のイドラというのは、権威の盲信から生じる幻影(≒偏見)のことを言います。

必要な情報へのアクセスが格段によくなった今、多くのことを知る機会が増えていると思います。
考えるために知ることが通常のプロセスなのに、今では誰かしらの解釈がすぐに手に入ります。

そんな状況では気付かないうちに劇場のイドラに踊らされていることもあるのではないでしょうか。


正しく考えるために「知る」ことは必要だが、多くを知っていれば正しく考えられるわけではない。

このフレーズはとても胸に刺さります。

自分で考えていると思っていることが、誰かの受け売りになっている可能性があるということです。

私にとっても耳の痛い話です。


では、正しく考えるためには実際にどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

情報の出し手を批判的にみてみることが時に必要です。
批判的に考えてみるときに論理学が役に立ちます。



例えば、前件否定の誤り

「PならばQである。Pである。ゆえにQである。」

これが成り立つときに、

「PならばQである。Pでないなら、Qでない」としてしまう誤りのことです。

「雨が降れば道路が濡れる。雨が降っていないから、道路は濡れていない」という文章。

これがおかしいことには意味を考えるとわかると思います。
実際には雨が降らなくても、道路が濡れることはありますよね。
水道管が破裂したとか、誰かが水をまいたとか。レアケースですが。


もうひとつ。後件肯定の誤り

おなじく、「PならばQである。Pである。ゆえにQである。」

これが成り立つときに、「PならばQである。Qである。ゆえにPである。」としてしまう誤りのことです。

ややこしいですが、「PならばQである。Qでない。ゆえにPでない。」なら正しいのです。

これも「雨が降れば道路が濡れる。」で考えてみましょう。

「雨が降れば道路が濡れる。道路が濡れている。ゆえに雨が降っている。」

例文で考えてみると、これもおかしいことに気付きます。
やはり道路が濡れている理由は水道管が破裂したとか他の理由からかもしれないですよね。

「Qでない。ゆえにPでない。」に対応する「道路が濡れていない。ゆえに雨は降っていない。」

これなら正しいですね。



私の場合はどうしても受け取った情報の整合性を保ちたいがために、多少違和感があってもそれを飲み込んで理解したと考えたくなる癖があるようです。

誰かの意見に耳を傾けるときは、こうした論理の過ちに気付くと正しく批判できるような気がします。


批判的に考えるための論理学のツール、「前件否定の誤り」、「後件肯定の誤り」、そして道路と雨の例、このあたりは覚えておくといいかなと思いました。

正しく考えるために (講談社現代新書 285)正しく考えるために (講談社現代新書 285)
(1972/07)
岩崎 武雄

商品詳細を見る




ニキビ痕をなおす8つの方法


12 25, 2009 | Tag,医学,ヘルスケア,ニキビ,皮膚

スキンケアの話題です。

私も昔はニキビができたりして悩んでたことがあります。

  1. Hydrate The Skin
  2. Vitamin E Intake
  3. Rosehip Seed Oil Benefits
  4. Healthy Diet
  5. Rosewater and Sandalwood Combination Paste
  6. Dermabrasion For Skin Layer Removal
  7. Laser Skin Resurfacing
  8. Chemical Skin Peels

Vitamin E の摂取と簡単にできていいんじゃないでしょうかね。Vitamin E はサプリの内服、オイルとして肌に塗る、どちらも有効なようです。細胞の代謝回転を早くしてくれるらしいですよ。

もちろんバランスのとれた食事なんかも気をつけるといいみたい。暴飲暴食した後は肌が荒れますよね。

ローズヒップの種からできたオイルやローズウォーター、サンダルウッド( 白檀(びゃくだん) )などの美容系商品は試してみてもいいのかなとか思いました。ローズヒップ系のものは比較的簡単に手に入りそうだし。

他の項目、6は表皮を剥離してもらう方法、7はレーザーを使ってきれいにしてもらう方法、8は薬品を使って肌を生まれ変わらせる方法です。病院に行ったり、通わないといけないから少し手間ですかね。

まずはVitamin E からでしょうか。参考までに。

>>8 Ways To Remove Or Improve The Look Of An Acne Scar | MyHealthToday.com


ネイチャーメイド ビタミンE 400IU ファミリーサイズネイチャーメイド ビタミンE 400IU ファミリーサイズ
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る
ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル ファミリーサイズ 200粒ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル ファミリーサイズ 200粒
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る






脳は後付けが好き


12 23, 2009 | Tag,脳科学,

言語野(言語の理解や発語をつかさどる脳の部位)は90%くらいの人が左脳に持っています。

doc0012.jpgこれは実際に行なわれた実験です。

事故でたまたま脳梁が切断された患者さんの右脳に「ペン」という文字を書いた紙を見せ、それを取るように言います。

右脳にモノを見せるためには左からの視野だけにすればよいので、実験風景は右のイラストのようになります。

普通は右脳に文字を見せたら、その情報は脳梁を介して左脳の言語野に到達します。

でもこの患者さんの場合、脳梁が切断されているので左脳に情報が伝わりません。

つまり、右脳に見せても「ペン」という文字を言葉として認識できないということです。


実験中、「何という文字が書いてありましたか?」と尋ねたら、この患者さんからは「わかりません」という答えが返ってたそうです。見えていてもそれがなんなのか認識できない状態なわけです。


ところが、なぜかその患者さんはペンを取るんです。どうしてペンを取ることができるのかは分かっていないんですが。ここの不思議はおいといて。

さらに不思議なのはこの後。

実験が終わった後に、ペンを持ったその患者さんは「先ほどの単語はペンでした」と言ったそうなんですね。



文字を認識できていなかったのに、です。

ペンを持った自分の姿を見て、さっき紙に書いてあったものはペンという単語だと考えたわけです。

これは脳が了解可能な世界を作り上げるために記憶を作り変えたという性質を表しています。



こういう作話傾向って私たちみんな日常生活の中で経験していることなのではないでしょうか?自分ではなかなか気づかないだけじゃないかと私は思います。

行動を起こした理由がきちんとないと、しっくりこないのが脳の性質だというのです。

行動を起こした理由なんて、いくらでも自分の都合のいいように作り上げることが可能です。時によってその理由が変わってしまう場合があるのも、脳の作話がなせる技なのでしょう。


友達に気になるあの人を好きになった理由を聞かれたとします。

その理由、後付けの作話だったりするかもです。


単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る




書きはじめの一歩 「調べる技術・書く技術」 


12 21, 2009 | Tag,文章力,ペンシャープナー

作家が書き始めようとする時、モチベーションや集中力を高めるために読む文章、それが「ペンシャープナー」です。

この単語すごく気に入りました。

ノンフィクション作家野村進さんのペンシャープナーはコレ

毎日書くのだ。書けるときに書き、書けないときに休むのではない。書けないと思うときにも、机の前に座るのだ。すると、ついさっきまで、今日は一字も書けない、と思ったはずなのに、ほんの少し、行く手が見えるような気がするから不思議である。書くことが大切なのではない。机の前に座ることが大切なのである。自分をだますことだ。自分は書ける、と思うことだ。
「私の文章修業」宇野千代


私にとってのペンシャープナーを考えてみると、村上春樹さんの作品のような気がします。最近だと走ることについて語るときに僕の語ることとか。たとえブログだとしても文章作りのモチベーションを上げてくれたのを覚えています。

今後、新しくいい文章に出会ったらペンシャープナーとして大事にその文章を取っておこうと思います。


調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)
(2008/04/18)
野村 進

商品詳細を見る
走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
(2007/10/12)
村上 春樹

商品詳細を見る





胸鎖関節脱臼


12 19, 2009 | Tag,整形外科,脱臼

The New England Journal of Medicine On line

より

11200-412664609d722834.png

こりゃすごい。胸鎖関節の脱臼だ。矢印の部位が病変。

日常診療でもあまりみかけない。

左の写真を見ると、鎖骨が前に飛び出しているのがわかる。

原因で一番多いのは虐待だそう。例えばこの症例では受傷しているのは右の鎖骨。この場合は右手を後ろに回した状態で、右側から右肩に強い外力が加わることで起こるそうな。

治療は麻酔をかけて右手を後下方に引っ張ってえいっと出っ張った鎖骨を元の位置に戻す。

手術せずに治すことが多く、この症例の場合、リハビリをやって、大きな合併症を残さずに右腕が再び使えるようになったそうですよ。

>> NEJM Online: Anterior Sternal Dislocation



この国は医学教育のあり方から変革していくべきかもしれない 「アメリカ臨床医物語」 


12 17, 2009 | Tag,医療,医療制度,臨床医

タイトル通りアメリカでの臨床医生活をつづった一冊。
アメリカで働いたことのない日本の医師ならアメリカでの臨床がどんなものなのか気になるはず。
そんな期待にこたえてくれる一冊です。

同じ医療をやっているはずなのに、アメリカと日本ではかなり違うようです。
医学教育や研修制度、その後の医師としてのキャリア形成に至るまでです。

アメリカ臨床医物語―ジャングル病院での18年アメリカ臨床医物語―ジャングル病院での18年
(2003/07)
中田 力

商品詳細を見る
著者は東大医学部を卒業し、カリフォルニアに臨床をやるために渡米、カリフォルニア大学の教授にまでのぼりつめ、その後日本に帰国。
現在は新潟大学脳研究所・脳機能解析学・教授、そして 新潟大学脳研究所統合脳機能研究センター長を併任されています。

全体的に本書ではアメリカの医療システムの良いところが強調されていると思います。
それに対して日本の医療制度が遅れていることを嘆くと同時に、日本が厚生労働省主体の、中医協を中心とした診療報酬制度のシステムから脱却することも期待しています。


教育のこと

医療教育の面では日本では高校卒業後に大学医学部を受験し、6年間の医学教育をうけ、国家試験に合格することで医師免許が授与されます。
それに対してアメリカでは4年制大学を卒業した人たちがメディカルスクールを受験します。
そして合格後4年間の医学教育をうけ、それから医師になります。しかも、アメリカの医学教育は臨床研修が主体だそうです。

よく言われることに、医師免許を取得した時点でのアメリカの臨床医としての実力が違うと言うことがあります。
アメリカのメディカルスクールを卒業した人は、日本の医師の卒後5年くらいのレベルだそうです。
たしかに、日本の医学教育は座学主体で、たびたびある試験さえ通れば、医師免許を取得できます。
実地訓練主体とは程遠い状況です。その点アメリカの方が効率的な医学教育システムだと言えるかもしれません。

もうひとつ、アメリカでは4年制大学を卒業した後に医学部を受験します。
日本では高校卒業後です。
べつに大学を卒業して社会人を経験してから医学部を志すこともできますが、それは少数でしょう。
高校時代に偏差値が高かったし、失業する危険も少ない安定した職業だからと医師を志す人も少なくないと思います。

医師として最も大切なのは学力ではなく、適性であると著者は言います。
学力も適性に含まれる、とは思いますが自分自身が医師に向いているのか、医師としての過酷な労働に耐えられるのか、それでも本当に医師になりたいのかを判断するのに18歳という年齢は若すぎると。
このあたりは納得いく部分です。


開業のこと

また、「へー」と思ったのは病院と開業医のあり方が全然違うことでした。

アメリカでは、特別な医療機器をそろえなくてもオフィスを開くことで、ほとんど身一つで開業することができるといいます。
検査や手術なんかは契約している病院に出向いてやるそうです。

日本で開業するためにはある程度資金を貯めて、自分のところで一通り検査、診断、治療を行うことができないと話になりません。
この仕組みだと開業医は自分の医院を維持するために、儲けのことを考えて診療することになります。
採算の取れない医療はやらない。
利益を追求する医療行為が必要になるわけです。

ほとんどの開業医が入院患者をもてないことも開業医の診療内容に影響を与えていると思います。
アメリカのように気軽に自分の患者さんを病院に入院させて治療ができるといいと思います。
しかし、その場合入院させた病院で誰が治療にあたるのかが残された疑問です。
手術をしたら、その前後には周術期管理といって注意深く見守る、手のかかる時期があります。
アメリカでは、日本のように開業医が患者を病院にほとんど丸投げという感じではないのでしょうかね。
それとも、周術期管理を専門にみてくれる医者がいるとか!?

アメリカの病院の経営者は医師ではなく、医師は病院にとってあくまでパートナーだそうです。
だから、医師が頑張ってたくさん患者を治療すると、病院が儲かり、その利益を病院の施設向上に役立てるからその病院はより魅力的な病院になる。
そうすると、その病院にはよりたくさんの医師が自分もパートナーになると言って集まってくると。
たしかにこれは好循環です。

日本では頑張ったら病院がよくなるなんて意識の人はいないんじゃないかな。



他国の医療システムを知ることは自分の国の医療システムを見つめなおすのにいい方法です。
普段当たり前として考えていた日本の医療制度がもっと改善の余地があるものなのだと考えさせられました。

残念ですが、著者が日本で大学教授というそれなりの発言権を持った立場に立っても、それ以降、日本の医療制度はほとんど変わっていません。

アメリカでは制度を変えるのは政府ではなく、自分たちだという意識が根強いとも著者は言っています。
そうやって様々な制度をよりよいものに作りかえてきたのだと。
日本の医療制度を変えるためには私たち一人一人が立ち上がらなければいけないのかもしれません。

アメリカ臨床医物語―ジャングル病院での18年アメリカ臨床医物語―ジャングル病院での18年
(2003/07)
中田 力

商品詳細を見る



今、目の前の仕事に打ちこむこと 「iモード事件 」


12 15, 2009 | Tag,仕事学,マネジメント

新しい企画にチャレンジしようとしている人は必読。

本書は約10年間に発刊された本です。主題もiモードと一昔前の風情がありますが、内容は今読んでも色あせていません。


iモード事件 (角川文庫)iモード事件 (角川文庫)
(2001/07)
松永 真理

商品詳細を見る
本書の著者はiモードの生みの親と言われ、ウーマンオブザイヤー2000を受賞した松永真理さんです。

もともとリクルートで雑誌「とらばーゆ」の創刊に関わった方で、出版業界では有名な方でした。

ところが、今回は一見畑違いのNTTドコモでの奮闘です。今でこそiモードは知らない人がいないほど、有名なサービスとなっています。しかし、当時は同様のサービスは存在していませんでした。

松永さんとその仲間たちは、端末作りからコンテンツ作りまで0の状態から作り始めていくわけです。

本書のおもしろさはゼロから始まるプロジェクトを仲間と協力しながら、完成させていくその過程にあります。iモード立ち上げに関わった仲間を「7人の侍」になぞらえて、小説調に話は進んでいきます。グイグイ引き込まれていきますよ。


私がこの本を読んでグッときた一言は、数々の新企画を成功させてきた松永さんが部下に言ったセリフでした。

「だったら、ここが本流になるように頑張るしかないじゃない。それに賭けるしかないわね。私はいままで陽の当るところに行こうとしたことはないのよ。行ったところを陽に当たるようにしようと頑張ってきたのよ。」



これを読んで、なんだか心が晴れる気持ちになりました。「今の仕事が将来どんな役に立つんだろうか?」、「こんなこと続けていても無駄じゃないのか?」そんな気持ちを吹き飛ばしてくれる言葉のような気がします。

今たずさわっている仕事を精一杯頑張ること。まずはそこから始めないといけませんね。



接骨院と病院


12 13, 2009 | Tag,柔道整復師,接骨院,医療費

仕事がら接骨院と近い関係にある。マッサージのような施術以外に、彼らは打撲や捻挫を治療することができるらしい。

たしかに時々外来に接骨院で副子をあてた患者さんが、やっぱり痛いからといって外来を訪れることなんかもあったり。

今のところ接骨院とはいい関係が築けていると思う。特に頚椎捻挫や腰椎捻挫そういった患者さんとしては結構つらいんだけど、大きな病院の整形外科ではあまり有効な治療がないという疾患に対して、彼らには助けられている気がする。

ただ、時々困るのは打撲や捻挫だろうといって、骨折なのに接骨院でずっと治療されていることだ。接骨院ではレントゲンが撮れないから骨折の診断はできない。ギブスが必要な時もあるけど、それもできない。だから、激しい外傷の時はまずは整形外科に行くべき。受傷してから2週間くらいたって、「え?折れてますけど」という場面に遭遇したこともある。

この一週間のニュースにこんなのがあった。



今回目にしたニュースはこれに関連した柔道整復師の年間保険料請求額の話題。3800億円だとか。

リハビリテーションでも5600億円の保険料請求額だから、たしかにその金額の多さには目を見張る。リハビリテーションといったら整形外科での入院はもちろん、脳外科や内科などでもお世話になることが多い分野である。

このニュースを読んで、実は自分はこんなに近い分野である柔道整復師がどんな人たちで、どんなことをやっているのか知らなかった事実にはっとした。

時々紹介状をもらったり、検査をお願いしますとか言われたりしているのにだ。マッサージして、副子をあてて、とかその程度のことしか知らない。

接骨院での治療は基本的に保険適用だ。保険が適用されるのに、その請求内容の中身がよくわからないのがこの3800億円の話。だから問題になっている。

ということはつまり、行っている内容はそもそも分かりにくくできていたのだ。自分の無知を正当化するわけではないのですが。。

柔道整復師は湿布や冷却、包帯の固定 、 温熱療法、低周波・中周波などを用いた物理療法などもやっているようですね。薬を処方してはいけないけど、湿布はOKなんですね。分かったようで分からないような・・・。

うまくコラボしていけるといいんだけどね。




0 CommentsPosted in 日記

ドライスキン対策で知っておきたい7ポイント


12 11, 2009 | Tag,ドライスキン,医学,スキンケア,ヘルスケア

だんだん寒さが厳しくなってくるとともに、お肌の乾燥が気になってくるようになってきました。

体の中には冬でも汗かくところは汗かくのに、乾燥してしまう部分もある。不思議なものです。

私は仕事柄よく手を洗うので、すでに手がカサカサ気味です。

ドライスキンについて書かれた海外の文章があったのでご紹介。

>>My Health TODAY: What Are the Top Causes of Dry Skin?
  1. Knowing your skin
  2. Moisturizer
  3. Dry Air
  4. The long hot showers you have
  5. The soaps you use
  6. The clothes you wear
  7. Pathological Conditions

肌の状態を知って、加湿器を適宜使い、乾燥した風を避ける。

このあたりはよく普及していることかと思います。


勉強になったのは以下の2点でした。

  • 長湯を避ける
シャワーにしてもやはり熱いお湯に長時間あたらない。熱いお湯は肌を乾燥から守っている皮脂を奪い去ってしまうんですね。


  • 石鹸に気をつける
石鹸やボディーソープで体をごしごし洗いすぎない。これも皮脂をすっかり落とし去ってしまいます。


2点ともに共通しているのは、皮脂を落としすぎないように、ということです。皮脂は体の汚れでもあるのですが、乾燥から守るバリアでもあるということです。


他、病気に関連して乾燥しやすくなる場合もあります。糖尿病、甲状腺機能低下症、乾癬、低栄養といった病気などです。


正しいスキンケアをして乾燥厳しい冬を乗り切りましょう。



小説家はいかにして書き続けるか 「走ることについて語るときに僕の語ること」


12 09, 2009 | Tag,村上春樹,小説,文章力,エッセイ

走ることについて語るときに僕の語ること 
「走ること」と「小説を書くこと」のリンクの仕方に驚いた。それと、小説家に必要な資質や村上春樹さんがどのように執筆活動をおこなっているか、また、彼のライフスタイルなどが小説家ではない僕でも参考になった。



この本は小説家村上春樹さんの個人的な趣味である「走ること」についてつづった本だ。

僕は村上作品のほとんどが好きだ。彼が描く独特の世界観と一度は感じたことがあるような甘酸っぱい恋愛感情を呼び起こしてくれるから。彼の作品を読むと、見えている世界が読む前とはまるで別世界のように感じることがある。

数々のベストセラーを世に送り出した村上さんが考える、小説を書くために必要な資質は
  • 才能
  • 集中力
  • 持続力
だそう。

才能は生まれもったものだが、さらに大事なのは集中力と持続力。幸いなことにこの2つは自分の努力で伸ばすことができる。ある程度才能を補うことも可能だろう。また、継続して作品を書き続けることで才能の鉱脈を掘り当てることもあるかもしれない。

いずれにしろ、集中力と持続力が必要である。

これは小説家でなくても同じだと思う。仕事で継続して高いパフォーマンスを発揮したかったら、才能がないことを嘆く前にまず集中力と持続力を持って仕事に打ち込むことだ。


この集中力と持続力を養う過程において、走ることと小説を書くことは似ている。

走り続けることと書き続けることは、彼にとって相互補完的に集中力と持続力をキープするための必要な行為なのである。

どちらも長い道のりを、黙々と自分の設定したゴールに一歩ずつ近づき、それを乗り越えていく。誰かに勝つとかではなく、過去の自分に勝つという点で似ているのだ。

この達成感がモチベーションを生む。そうすると、これに伴って集中力と持続力も生まれるといういい循環が生まれる。


村上さんの場合は、週6~7日毎朝決まった時間にジョギングをするそうだ。そして定期的にマラソンにも参加するらしい。小説家は普通の人が感じないようなことを内面から引きずり出すことができるわけだが、それは時に毒素であるという。

この毒素に対抗するには精神的にも肉体的にも健康である必要があり、それは村上さんの場合、走ることで維持されているというのだ。例えば、思うようにいかなかった対人関係は走ることで肉体的な負荷をかけて昇華させるとのこと。


走ることは道さえあれば、場所と時間を選ばずにできることが強みである。

僕は今、走ることはやっていないけど、定期的に筋トレして筋力を維持することを自分に課している。それは趣味のサーフィンのためでもあるのだけれど、何より継続していないと調子が悪くなる気がするからだ。本書を読んで、ジョギングも悪くないなと思った。

走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
(2007/10/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


約30年間も、走りながら質の高い小説を世に送り出し続けている著者がプライベートをさらけだして書いた一冊。

いまさらだけど、村上春樹ファンなら読むと間違いなくおもしろい一冊だろう。




【メモ】ターニケットの使用法について


12 08, 2009 | Tag,整形外科,医学,JBJS

The Journal of Bone and Joint Surgery (American). 2009;91:2958-2967.より


これは手厳しい。

11259-4126646afff0d463.png手や足など四肢の疾患で手術を行うときに、出血しすぎないように腕や足の根元に血圧計のようなものを巻く。ターニケットというのは手術中に使う血圧計みたいなものである。

もちろん、締め過ぎてもよくないし、緩すぎたら血は止まらない。

上肢なら収縮期血圧より50~75mmHg以上の駆血圧にして、下肢なら100~150mmHg以上の駆血圧にするというのが日本では一般的なんじゃないだろうか。

この論文では従来からの伝統的なこの方法よりもっといい方法を提示してくれている。

この論文で推奨されている安全な駆血圧というのは、患者ごとの駆血圧を計測して、その圧に安全域に相当する圧をたすものだ。駆血圧を簡単に計測できる器械があるらしい。駆血圧の決め方はこんな感じ。

  • 血が止まる圧が130mmHg以下だったら、その圧に40mmHgたしたものが安全域となる
  • 130mmHg~190mmHgの範囲で血が止まるようなら、その圧に60mmHgたしたものが安全域
  • 190mmHg以上で血が止まるなら、その圧に80mmHgたしたものが安全域

という具合。


この方法だと従来の方法に比べると、低い駆血圧で血が出ないようにできるみたい。低い圧で血が止まるならそれにこしたことはない。

駆血時間に関しては2時間以内がおすすめだと書かれていた。

あまり何も起きないことが多いんだけど、恐いのは代謝性アシドーシス、高カリウム血症、ミオグロビン血症、腎不全、そして肺塞栓症などの合併症。

こういうことを起こさないためにも、ターニケットの使用法には気をつけたいですね。



バンカーは善か悪か 「さらば、強欲資本主義」


12 07, 2009 | Tag,投資銀行,資本主義,バブル

意外でしたよ。投資銀行の創業者がこんな風に思っているとは。

本書は投資銀行 ロバーツ・ミタニLLC の創業者で、現在もニューヨークで活躍されているバンカーです。最近は執筆活動の方にも力を入れておられるのか、強欲資本主義 ウォール街の自爆や世界経済はこう変わるなどの作品があります。

本書は約一年前の本で、ちょうどバブルが崩壊した頃の話を中心に、行き過ぎた資本主義に疑問を投げかけています。

本書の作りは読者にあてた17の手紙、という形になっており、非常に読みやすく構成されています。


さらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべしさらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべし
(2008/06)
神谷 秀樹
ウォール街で働くバンカーですから、典型的な拝金主義者を想像してしまいます。しかし、本書の著者神谷さんは拝金主義を徹底して非難しています。今回のバブルはサブプライムローンに端を発していますが、これもアメリカ国民の稼ぐ前に借金をしてでも消費をする気質、それと拝金主義のバンカーが原因の一助を担っていると。

ロバーツ・ミタニLLCのスタッフは皆、拝金主義には否定的で、仕事をともにするパートナーには理念を共有できた相手を選ぶそうです。彼らが今力を入れているのは医療産業です。

どうやら神谷さんは金融の力で世の中をよくしようと考えているようなんですね。その姿勢に心を打たれました。


彼のその思想の根底にはキリスト教の教えがあるようです。本書を読んでいると、随所にその教えが出てきます。私自身、特定の信仰はないのですが、本書第10の手紙 -真のリーダーは偉ぶらない- がグッときましたよ。

医師は普通に生活、仕事しているとチヤホヤされやすい職業ですから。謙虚であることは大切だなと思います。

キリスト教の大事な価値観のひとつにも「へりくだること」があるそうです。

日本にも「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉がありますね。

こういうことって誰かから指摘されることってあまりないんじゃないかな。だから自分で意識しておかないといけませんね。気をつけます。


バンカーにはこんな理想を持って仕事に取り組んでいる人もいるんだ、という新しい発見があった一冊。刺激をもらいました。他業種の人にも十分参考になる生き方だと思いますよ。

さらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべしさらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべし
(2008/06)
神谷 秀樹

商品詳細を見る




記憶なんてあてにならない


12 05, 2009 | Tag,記憶,映画,脳科学

目の前の世界は全てまぼろしかもしれない。朝起きたらまったく別の世界がそこにあったりして。

これは半分妄想だけど、半分本当のことなんじゃないかな。

世界は「事実」と私たち人間の「記憶」によって形作られている。これは認知の話。

日常生活では私たちは共通の記憶を持ち寄ってコミュニケーションをとりあっているのだ。

当然いちばん信頼できるのは「事実」。「記憶」はあてにならないので、大事なことは書物や電子媒体に記録されている。記憶は脳の中でいかようにも作り変えられるから。

歴史的な事実なんかはそれでいいんだろうけど、日常生活ではいちいち記録をとることなんてしないから、記憶がなくなったら大変だ。いちいちメモをとる?いやいや、普通は生活できなくなるのは確実でしょう。



メメント [DVD]メメント [DVD]
(2006/06/23)
ガイ・ピアースキャリー=アン・モス

商品詳細を見る
この作品は事故をきっかけに短期記憶が障害された男の話。監督はクリストファー・ノーラン。@fu4さんに紹介してもらいました。

短期記憶ができなくなると、目の前はいつも新しい世界になってしまう。さっき会った人のことも覚えてない。主人公の目に映る世界はまわりの人が見ている世界と、見た目は同じであっても意味付けが違ってくるわけだ。

主人公は犯人捜しをするのだが、記憶を保持できないからこれは大変。

そこで主人公は大事な「事実」をポラロイドカメラで写真に撮り、それにメモを書いて常にそれを参照するようにする。

「事実」を積み重ねれば犯人に到達できる、と。

方法としてはこれしかないでしょう。でも、いくらメモを持っていても、そのメモが本当に事実を示したものなのか、記憶ができないとそれすら自信がなくなるもの。犯人はそこにつけこんでくる。



詳しくは作品を観てもらった方がいい。この作品は単なるミステリーではない。観る人に記憶がなくなるとどんな感じなのか、実感させてくれる。ほんとにすごい。ただ、一度観ただけではわけがわからない感じになる気がする。私の場合はそうだった。でも、じっくり振り返ってみると分かってくると思う。映画の中の「事実」がつながってきて、すっと理解できるようになる。

いや、ひさしぶりにいい作品をみましたよ。本もいいけど、映画もいいですね。




0 CommentsPosted in 映画

骨折の治癒過程


12 04, 2009 | Tag,整形外科,骨折

骨が治るまでにはすごく時間がかかるのでいつもじれったい思いをしています。

初めて整形外科で骨折の治療をうける患者さんならなおさらでしょう。

例えば足の骨を折って手術したとしても、体重をかけられるようになるのは手術してから4週間~6週間くらいたってからのことが多いです。

今日は骨折の治癒過程についてのおさらい

11208-41266462c2468acf.png
0.骨折


1.初期反応
骨折が起きたら出血するので、血腫ができる。

血腫に接する骨膜や周囲軟部組織の上で未分化な細胞が増殖する。

マクロファージがわさわさと寄ってきて、線維性の血餅として肉芽組織に変化させる。

この肉芽組織から、また、この肉芽組織を足場にして骨芽細胞や軟骨細胞の前駆細胞が出現する。


2.膜性骨化
骨芽細胞により骨基質が合成させる。

この過程では軟骨形成は介さない。


3.軟骨形成
次の過程に軟骨形成がある。

膜性骨化が成熟するにしたがって、肉芽組織にみられる未分化間葉系細胞が分化して軟骨基質を合成する。


4.内軟骨性骨化
軟骨からの骨形成が中心。この時期には軟骨と骨が骨折部で混在した状態。


整形外科クルズス

ここから先は骨折部で軟骨が骨に置き換わるまで延々とリモデリングが続く。

けっこう複雑です。骨ができるまでの過程には骨芽細胞からダイレクトに骨基質ができる過程と、軟骨から骨が形成される過程と二通りあるわけですね。



神曲 ダンテ


12 03, 2009 | Tag,ダンテ,神曲,漫画

ダンテの「神曲」にまんがで触れることができるというので読んでみましたよ。


死後の世界について考えることで、現世をよりよく生きようという趣旨のように感じました。


神曲 (まんがで読破)
主人公ダンテはベアトリーチェという一人の女性を思い続けていました。それは片思いでした。そして、その女性は若くして亡くなってしまうのです。ダンテがそんな絶望の中にいる時、天国から見ていたその女性はダンテのことを思い、ダンテを死後の世界への旅にいざないます。

死後の世界は地獄、煉獄、天国に分かれています。

地獄は想像通り、現世で罪を犯した人々がいつまでも裁きを受けている場所です。窃盗、裏切り、収賄、女性の売却、さまざまな罪があり、どの罪にも恐ろしい罰が待っています。

煉獄は天へ昇る前に自ら罪を清める場所です。ここでも大変な業が待っていますが、地獄との違いは犯した罪を自ら清めようとしているところです。

そして、天国があります。



死後の世界についてはまじめな話、本当にあるのかどうかわからないですよね。私はそんなものないんじゃないか、と思っています。

しかし、本書を読んで、「死後の世界」というものが存在することで、現世をよりよく生きることができるようになるということに納得がいきました。

つまり、地獄が存在すると考えるからこそ、現世で人の道に反したことをしないように抑制が働くということです。子供のころに言われた、「そんなことしたら死んだら天国に行けないぞ」という脅し文句はそれなりに意味があると。

こう考えると、信仰を持つことには意味があるのかもしれません。

本書ではキリスト教が主役となっています。

世界中でみんながみんな、信心深い宗教家になれば平和な世の中になるのでしょうか。
いやいや、それだったら宗教戦争なんか起こりませんよね。

まんがなのでサクッと読めるし、息抜きにいかがでしょうか。



2 CommentsPosted in 文学

論理的に考え、書く技術


12 01, 2009 | Tag,論理,文章力

自分の主張を誤解なく、的確に伝えることって意外と難しいもの。自分では伝えられたつもりでも、相手には伝わっていないということはよくあります。

そうなってしまう原因の一つにコンテキストが共有できていない、ということがあると思います。どういうことかと言うと、前提になっている情報がお互いに違うということです。

論理的な文章というのは、コンテキストが共有できていなかったとしても意味が通じる文章です。

今日の一冊はそんな論理的な文章について書かれた一冊です。

特に小論文の勉強をしている人に特に役立つんじゃないかな。

仕事ができる人の論理的に考え、書く技術仕事ができる人の論理的に考え、書く技術
(2009/06)
小野田 博一

商品詳細を見る
簡単にまとめると、論理的な文章というのは「主張」、「理由」、「事実」、この3つからなる文章ということです。シンプルですね。

3階建てになっていて、主張を支える理由があり、理由を説明する事実がある、という感じです。

余計な修飾語は、つけない方が論理が明快になりやすいので、なるべくつけません。だから、論理的な文章というのは少し味気ないものと感じるかもしれません。

冒頭でこれから話す内容のアウトラインを話してあげるとより親切です。

「これから私が主張するのは○○です。こう主張するのには3つの理由があります。一つ目の理由に関しては××という事実があります。2つ目の理由には××という事実があります・・・」

と、こんな具合ですね。

そして、「主張」や「理由」はなるべく主観的な情報を排除した形にしましょう。

「私は~と思う」という主張は論じる文章としては弱くなります。

また、この主張の部分に疑問文を使ってはいけません。例えば「~が必要なのではないだろうか」というような文です。

論理的な文章における主張は「~すべきである」というような断定的な文であるべきだそうです。

普段からこのような論理にこだわった会話をしていると、おもしろくないし窮屈だから皆に嫌われてしまうでしょう。

ただ、仕事上、上司に伝えなくてはいけないことや意見を伝える場合には、威力を発揮すると思いますよ。

仕事ができる人の論理的に考え、書く技術仕事ができる人の論理的に考え、書く技術
(2009/06)
小野田 博一

商品詳細を見る


当ブログで過去に取り上げた著者の本はコチラ▼


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。