スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引き寄せの法則


08 31, 2008

一見胡散臭いこの”引き寄せの法則”。
でも私は確実に存在すると思っています。

以前に当ブログThe Secretでもご紹介しました。

本日の本はこの本よりもより実践的な内容になっています。
実際に”引き寄せの法則”を利用するための具体的な内容が記載されています。


誤解のないように付け加えておきますが、引き寄せの法則は、決して努力をしなくても夢がかなう、というような法則ではありません。
努力を努力と思わなくなる可能性はありますが、目標達成のためには努力が必要です。



引き寄せの法則引き寄せの法則
(2007/11/21)
マイケル・J・ロオジエ

商品詳細を見る


”アファメーション”というのがあります。
自分が叶えたいという思いを現在形の言葉にして自分自身に投げかけるというものです。
要はこの”アファメーション”をどう上手く作るかということです。

この本を読んで気付きましたが、私は落とし穴にはまっていました。
それに気付きました。


私が陥っていた落とし穴を中心に解説していきたいと思います。。

アファメーション作り

ポジティブな単語を使いましょう。ポジティブな言葉にはポジティブなエネルギーが宿っています。

ただ、最も大事なのは心の底から思っていることをフレーズにすることです。
少しでも疑念が沸いたらそのフレーズの効果は薄れます。反対の方向に導かれるかもしれません。


・そうならないためには、今自分のなりたくない、したくないものを考えましょう。
その反対の自分が今のなりたい自分です。
そして、自分の中から出てくる否定的な言葉に出会ったら、「それなら何が望みなの?」と問いかけてみましょう。


ここからはアファメーションを作るときに
注意しなければいけないこと
です。

・自分の言葉、自分の考えに嘘をついてしまうと”思い”は実現しません。

だから、アファメーションは「私は今、~している最中だ」という風にした方が良いです。
さらに、「理想の」という言葉を付け加えると効果的です。
「私は今理想の肉体を手に入れている途中だ」みたいな感じですかね。


・また、自分の言葉に疑いを持っている場合も”思い”は実現しません。
ここが最も陥りやすい落とし穴だと思います。

どうしても、完全に達成した姿がアファメーションになっていると、「やっぱりそんなの出来っこないよ」、みたいな疑念が無意識に沸いてきてしまいます。



このネガティブな考え方を正すのに使える方法があります。

・まず、「そんなの出来るわけないよ、だって~だから
この”だって~”の部分を見つけます。
そして、その理由を正すことでアファメーションを受け入れやすくします。
例えば、
「英語がしゃべれるようになりたい。」と思っても、
そんなの無理だ。だって留学したことないから。とか思ってしまうことがあるはず。そういう時は、
世界中のどんな人間にだって英語はしゃべれている、留学したことのない人にも英語をしゃべれるようになっている人はいる。だから英語がしゃべれるようになるのは可能だ。
というような感じで自分の考えを正します。
こういう自問自答が有効です。

できていることを実感する。
些細なことでも記録に残しておくといい。
人見知りの激しい人で、それを克服したいと思っている人なら、今日初対面の人と一人でも話すことが出来たならそれを記録に残しておく。
引き寄せの法則が有効に働いていることを実感したほうが引き寄せの法則を信じることが出来ます。

・最後に、これをやり遂げると決める
これにより目標へ一歩近づくことが出来ます。


いかがでしたか?自分で効果的なアファメーションが作れそうですか?
効果的なアファメーションを身につけて、なりたい自分になりましょう。






スポンサーサイト


ある広告人の告白


08 30, 2008

世の中にはいろんな職業がありますが、とてもモテる職業とモテない職業があるような気がします。

モテる職業の一つが広告業だと思います。

電通、博報堂、ADK、東急エージェンシーなど、これらの企業に勤めている人たちは収入も良く、
業界の特徴なのでしょうか、おしゃれな人も多いのでモテます。
芸能人と知り合いになれたり、華やかですよね。

日本もアメリカも広告業に対するイメージはだいたい同じようです。

今日の読書は
アメリカの広告業界でのしあがったデイビッド・オグルヴィの著書です。
ある広告人の告白[新版]ある広告人の告白[新版]
(2006/06/15)
デイヴィッド・オグルヴィ

商品詳細を見る


仕事に対する取り組み、企業のマネジメントなど、まっとうな内容が多く書かれています。
細かい点ではクライアント獲得、クライアント維持、優れた広告とは?、強烈なコピー作成法、イラストレートについて書かれています。


広告業界がなぜ高収入なのかと言うと、それはいつ仕事がなくなるか分からない不安定な環境にあるからなんですね。日本の会社に当てはまるのかは分かりませんが、確かにクライアントとの関係が一度壊れたら大きな痛手でしょう。多くのクライアントは7年周期で新しい広告会社を探し始めると言うのです。

なので、関係を継続させる相手を見つけること、クライアントを満足させ続けることが必要です。



「黒い背景に白い文字は読みにくい」

こういう統計があるそうです。
これってブログにも言えるんですかね。
「マインドマップ的読書感想文」は黒い背景に白い文字ですけど、私は欠かさず見てます。
内容にもよるのかな。



人を引き付ける広告

私は広告屋ではないので、ブログに置き換えて考えてみました。
タイトルは短すぎてもダメ、長すぎてもダメだそうです。見た人の目にとまりにくくなるというのです。
広告の場合、6語から12語くらいがいいようです。
ブログのタイトルにも言えるのでしょうか。

他に参考になったのは”引きつける言葉”です。
「無料」や「新」、
「~になる方法」、「突然」、「発表」、「今」、「紹介」、「これこそ」、「とれたて」、「大きな進歩」、「向上」、「大きな進歩」、「驚くべき」、「センセーショナル」、「輝かしい」、「革命的」、「衝撃の」、「奇跡」、「提供」、「マジック」、「あっという間」、「簡単」、「求む」、「挑戦」、「~へのアドバイス」、「~の真実」、「~に比べて」、「バーゲン」、「急いで」、「ラストチャンス」

この本は英語の翻訳なので、引きつける言葉に関しては、多少日本人からすると印象が違うかもしれません。

でも参考になります。


さらに感情に訴えかけるようなフレーズが有用。
納得のフレーズがコレ↓
「あのね、今すごく気持ちいいことしてるのよ。― 頭からつま先までぜーんぶタブに浸ってるの。」

言葉一つで消費者はいろんな反応を見せる。

面白いですね。


ブログタイトルをまた変えてみようかな・・・



iPS細胞 世紀の発見が医療を変える


08 29, 2008

今日は新書で医学の勉強をしてみました。

iPS細胞です。

iPS細胞 世紀の発見が医療を変える (平凡社新書 431)iPS細胞 世紀の発見が医療を変える (平凡社新書 431)
(2008/07/15)
八代 嘉美

商品詳細を見る


できるだけ難しい部分は省いて分かりやすい提供したいと思います。


それでは、iPS細胞 世紀の発見が医療を変える (平凡社新書 431)にズームインしていきましょう。


まず、大前提として細胞の基本的な性質をおさえといたほうが良さそうです。

受精卵の状態から考えます。

受精卵→→胚盤胞→→体性幹細胞→→それぞれの組織

とう流れで分化が進んでいきます。途中かなり省略。

”分化”という単語が聞きなれなくて難しいと思いますが、これは簡単に言うと”原始的な細胞から役割を持った細胞に変化していくということです。
皮膚も目も髪も筋肉も元々は一つの細胞だったということです。

そしてこの過程は溯ることができませんでした。



再生医療はES細胞の研究から飛躍していきます。
iPS細胞が語られるとき、ES細胞のことも語られるのはそのためです。

ES細胞は上の胚盤胞の状態の時に中身である、”内部細胞塊”というのを取り出して培養したもので、そこから神経や皮膚、筋肉などを作り出すという考え方で再生を目指していました。

それに対してiPS細胞の特徴は皮膚などの分化しきった細胞を利用してできた色々なものに分化できる未分化な細胞です。ちょうど上の矢印を体性幹細胞まで遡るような感じです。
これが4つの遺伝子を導入するだけでこの変化を進めたというのですから、ものすごいイノベーションです。

新しい発見というのは苦心の末に編み出されたシンプルな方法にあるものなのでしょうか。

この技術を開発したのは日本人です。一躍有名になった山中教授のグループです。
誇らしいですね。


この技術の優れた点に、ES細胞に比べて倫理的な問題がないということがあります。
ES細胞は胚盤胞を利用するわけなので、これは生まれてきた赤ちゃんを利用しているのと一緒だという考え方が成り立ってしまいます。つまり、ES細胞は”命そのもの”だという考え方ができるのです。

しかし、iPS細胞ならこの倫理的問題はクリアーできます。
体細胞を利用するのですから。



iPS細胞が実用化されれば、新薬開発の助けになったり、最終的には人工臓器ができるかもしれません。ちょっと恐ろしくもありますが、夢のような技術です。
(注:新しい薬の開発の最終段階は、人間の体で本当にこの薬は大丈夫なのかを調べることです。このプロセスが人工的に作った人間の細胞で実施されれば、新薬の開発は飛躍的に進みます。)

iPS細胞は癌化するといったリスクや成功率が低い、といった問題点がまだあって、
実用化はまだまだ先の話みたいですが、そう遠くない未来に実用化されるんじゃないでしょうか。



今世界はiPS細胞を巡って猛烈な勢いで研究が進んでいます。

日本はこれに遅れないようにしないといけません。
日本で生まれた技術が日本で自由に使えるようになるには、米国に先を越されてはなりません。
政府はこの知的財産の進歩を全力をあげて守り、応援していかなければならないと思います。


iPS細胞の技術的な内容についてはこちらの本に詳しく、分かりやすく書かれています。
iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?
(2008/05/22)
田中 幹人

商品詳細を見る



今日ご紹介した本、2冊ともイラストがとても分かりやすく、理解の助けになりました。
良書です。



国民医療費、なお高止まり 06年度


08 29, 2008

NIKKEI NETから引用
国民医療費、なお高止まり 06年度

日本の人口に占める老年人口(65歳以上)の割合は現在約20%です。
日本の総人口は約1億2千万人。

老年人口が20%を占める社会のことを高齢化社会といいます。

ちなみに老年人口の割合
7%~14%の社会を高齢化社会
14%~21%までは高齢社会
21%~の社会を超高齢社会
と言います。

これは定義です。

だから現在の日本の社会は正確には高齢社会ですね。
もうすぐ超高齢化社会です。

どうして高齢化率の話をするかと言うと、高齢化率は直接医療費に関係するからです。


国民医療費、なお高止まり 06年度によれば、65歳以上の一人あたり平均医療費はは64万3600円で約4倍。国民医療費に占める65歳以上の比率は51.7%で過去最高だったそうです。


2055年には高齢化率が55%になる試算です。


今回の統計ではなんとか医療費の伸びをほぼ横ばいに抑えられたみたいですが、
高齢化率が今後55%になることを考えると、このまま医療費を抑え続けるには無理があると思います。


個人的には別の財源を確保する必要があると思っています。






すごい速読術


08 28, 2008 | Tag,読書術

今、スライド作りに追われています。

週末に発表する機会があるので、準備をしているところです。

もちろん、理系のための口頭発表術
が参考になります。



さて、今日の読書はこの本です。

すごい速読術 ひと月に50冊本を読む方法 (ソフトバンク文庫 サ 2-1)すごい速読術 ひと月に50冊本を読む方法 (ソフトバンク文庫 サ 2-1)
(2008/06/17)
斉藤 英治

商品詳細を見る


この著者は以前に当ブログ王様の速読術でもご紹介した斉藤英治さんです。

もちろん、主張は一貫して変わりませんが、
今回はより実践的な内容になっていました。

私がこの著者のどこに共感しているかというと、一つの速読術にとどまらず、理想の読書法を追求している点です。著者は自らの読書法を第3の速読術と呼んでいるだけあって、読書法の改善に余念がありません。それと、ただ”読む”、”見る”、ではなく”理解”を伴った読書を目指している点も共感できる点です。

じっくり読んだけれども、はて?何が書いてあったっけ?とか、速読術を身に付けて速く”見る”ことができるようになったけれども内容はチンプンカンプン、では意味がないと思います。


個人的には速読は”読む”読書じゃなくて”見る”読書というのが理想だと思います。
もちろん、理解を伴わせて、です。
どうして”見る”読書が必要かと言うと、”読む”読書ではスピードに限界があるからです。

職業柄、大量の文献や書物から知識をインプットする必要があるので、是非とも”見る”読書を身につけたいと思います。



では、”すごい速読術”にズームインしていきます。


まず、前提として持っていなければならない心構えです。

1.速く読むと決める。
決意を固めることが大事です。今までの読書スタイルを捨てるのです。
どうしても、方法を変えるときというのは自分の脳が抵抗します。
その方が脳にとって楽だからです。
しかし、速読を身につけたいと思ったら決意を固めましょう。
そして、制限時間を決めます。

2.80対20の法則
その本の主張の80%は文章の20%にある。
完璧主義はやめましょう。
一字一句読んでも理解の度合いは知れてます。

3.目的の明確化
その本から何を得たいのか、知りたいのか明確にしておく。
”目的”こそが速読を加速させる推進力になります。



そしてテクニックです。

1.一度に視界の中に入れる文字の量を増やす。
実際にはこれが難しいと思います。
読書スピードが遅い人は本を読むときに視点が立ち止まることが、速い人に比べてはるかに多いことがデータで分かっています。
立ち止まらない読書をするには、”見る”読書が必要です。
言うは易し、行うは難しですが、
一度に一行、三行、五行、一ページを”見る”というように段階的に視野を広げるように練習する必要があります。
その時に使うのが”ホリゾンタルリーディング”というものです。
縦書きの文章も塊ごと視界に入れて横へ横へ進んでいきます。決して縦横縦横と行を読んでいくのではありません。ご注意ください。
見たものをイメージとして理解するのが究極です。
右脳式読書に通じます。

ちなみに、本書の中にはトレーニング用のページがあります。

2.スキミング
ホリゾンタルリーディングをしながら、自分の読書の目的に沿った場所で速度をゆるめてじっくり読みをする。
空飛ぶカモメが餌を求めて海の上を飛んでいるのを想像してください。
そのカモメが急降下して餌をゲットする、そんなイメージです。

3.トレーシング技法
読んだものを記憶に残しておくための技法です。
結構古典的だと思いますが、
・マーカーをつける
・アンダーラインを引く
・書き込みをする
・テーマについて自分の頭で考える
などです。



最後にヒントとして、

1.慣れ
2.リラックスと集中
3.完璧主義を捨てる
4.アウトプットをすることでインプットが加速する

ということを挙げておきます。


この本に載っていた視野を広げる訓練をもう少しやってみたいと思います。







影響力の武器3


08 26, 2008

3日連続になってしまいました。
今日も
影響力の武器[第二版]影響力の武器[第二版]
(2007/09/14)
ロバート・B・チャルディーニ

商品詳細を見る

です。

内容が濃いんです。
でも今日で終わりにしたいと思います。



今日は3つ法則をご紹介します。

まず、一つ目の法則の例を呈示します。

1.容姿端麗なで真面目で誠実そうな政治家と、どうみても人相が悪くて堅気ではなさそうな政治家がいたとします。お互い主張している内容は全く一緒だとしても、どちらに投票するかには差が出ます。
もちろん、まじめで誠実そうな政治家です。

2.車を買いに行ったときにセールスマンがやたらと自分と共通の話題をふってきたら要注意です。
気付いたらその車買っていますよ。

3.私たちは上手に褒められると悪い気がしません。
いつの間にか相手に対して取引以外の点で好意を抱いているかもしれません。


これらの例は自分が行為を感じている知人に対してイエスと言う傾向があるという例です。
これを好意のルールと呼びます。

1.を説明するのは人は身体的魅力に影響されてしまうという好意のルール
2.を説明するのは類似性がある人には好意を抱いてしまうというルール
3.を説明するのは賞賛されると相手に対して好意を抱いてしまうというルール

です。

例を挙げてみましたが、
他に、繰り返しの接触、連合により好意を抱くというルールがあります。



次の法則です。

この法則は分かりやすいと思います。

1.博士の肩書きがあるととりあえず言うことを信じてしまう

2.警備員の制服を着ている人に注意されたら取り敢えず言うことを聞いてしまう

3.信号が青になっても高級車がなかなか前進しない場合に何も言えない

これらの状況は権威のルールで説明できます。
権威のルールが威力を発揮するのは、1,2,3に挙げたように肩書き、服装、装飾品の条件がついた時です。



最後の法則です。

これも分かりやすい。
敢えて例をあげる必要もないかもしれません。

希少性のルールです。

1.手にすることが難しいほど、価値に見合う以上の値段で買ってしまう
お店に行って、最後の一個です。今買わないともう二度と手に入らないかもしれません、なんて言われたら思わず買う気になっちゃいませんか?

2.他人と競い合っているときに、希少性の高いものにもっとも引きつけられる。
オークションなんかはその例です。



最後におさらいです。
これらの法則を知っていると、セールストークに合った時に冷静に対処できると思います。
自分でも使いこなせるといいかもしれません。交渉上手になるでしょう。
・返報性のルール
・コミットメントと一貫性
・社会的証明
・好意
・権威
・希少性





共感ブログ


08 26, 2008

すごく共感できるブログに出会いました。

活かす読書 当ブログの基本方針

私もすごく感じていたんです。

30歳になり、ようやく読書の素晴らしさを学び、現在趣味は読書です!?と言えるくらい本を読むようになりました。

読書経験は財産だと思います。自分の内面を磨くという意味でもとても魅力的な方法だと思っています。


しかし、、、読んでいくにつれ疑問が生じてきました。


本はただ読めばいいのでしょうか?
ただ読んでいるだけでもなんかの時に役立つかもしれません。

しかし、もっと読書の効果を高める方法があるような気がします。

私の場合、ブログを始めた理由には読書効果を高める意味が含まれていますが、
茂木健一郎さんも著書脳を活かす勉強法で記憶について述べている通り、
ブログで単に本の内容を書き写すだけでは記憶にはあまり残らないと思います。

自分の脳の中に記憶を蓄えておくには、読書の内容を自分の経験としていかに感じるかということだと思います。そしてブログにはできるだけ自分の言葉で書かなければなりません。

第一、ブログを見る人も本の内容を書き写しただけのブログでは面白くないと感じるのではないかと思います。


そういうわけなので、できるだけ自分の言葉で、自分の経験に照らし合わせて読書内容をアップしていきたいと思います。





影響力の武器2


08 25, 2008

昨日の続きです。


・新興宗教から抜け出せないのはどうしてか?不思議に思いませんか?
ちょっと好奇心でその団体を覗きに行ってしまった人、危険です。

少しでも足を踏み入れたら抜け出せなくなる危険があります。


・値段が書かれていないポピュラー音楽のチケットがあります。そして、そのチケットは電話予約です。あなたはファンなので、そのチケットを是非とも手に入れたいと思っています。
しかし、値段が書かれていなかったので、恐る恐る予約の電話をかけます。
もちろん、この時点では値段次第ではチケットを買うのをやめる選択枝も在りました。

しかし・・・買ってしまうのです。どうしてなんでしょう?


このような行動を説明してくれる法則が
コミットメントと一貫性です。

ほとんどの人は自分の言葉、信念、態度、行為を一貫したものにしたい、と思います。
それは、一貫性を保つことによって社会から高い評価を受ける、一般的に一貫性のある行為は日常生活にとって有益である、一貫性によって複雑な現代生活を上手くすり抜けられる可能性がある、からです。

だから、セールスの世界では客に一貫性を持たせることが、大事なテクニックになります。

一貫性を持つのは、どういう状況か?それは、コミットメントした時です。コミットメントというのは自分の意見を言ったり、立場を明確にすることです。

一旦コミットメントが確立してしまうと、初めは単一の理由でその行動を支持していたとしても、どんどん付属の理由が加わっていきます。無意識のうちに。


まず、宗教の例ですが、宗教にはまってしまう人は本当に困っている人です。なんとか現状から脱出したくて参加しているはずです。そういった藁にもすがる思いの人に、いくら正論をぶつけても、その人の考えを変えることは出来ません。なぜなら、その人たちは、自分自身の欲求に駆られて、その宗教こそが自分が発見した解答だと信じ込んでいるからです。そのまま信じている方がラク、早くラクになりたいという意識も働いているはずです。


コミットメントが効果的に働く条件が4つあります。

1.行動を含むこと
2.公衆の目にさらすこと
3.努力を要すること
4.自分の意思で選ぶこと


チケットの例です。
この話は上の1,3,4を含んでいます。
電話をかける”行動”をして、電話がつながらなかったときに何度も電話をかけなおす”努力”をして、そのチケットがほしいと”自分の意思”で思うことです。




今日はもう一つ法則を紹介します。

・特にバラエティ番組をテレビで見ていて、バックからわざとらしい笑い声が聞こえてきた経験はありませんか?

・自殺者の報道が出た後は自殺者が増えるって知ってました?

ここには社会的証明という法則が働いています。私たちは他人が何を正しいと考えているかにもとづいて物事が正しいかどうかを判断します。この社会的証明が成立するためには、①不確かさ、②類似性が必要です。
「不確かさ」というのは自分で確信が持てないときなんかがそうです。
「類似性」は自分と似た、他者の影響を受けやすいということです。

バラエティ番組で聞く録音された笑い声なんかその際たる例です。面白くなくても面白いと思わせる効果があります。


自殺者の報道の後は自殺者が増える、これは「ウェルテル効果」とも言います。
この名前は、ドイツの文豪ゲーテが「若きウェルテルの悩み」を発刊した後、自殺者が急激に増えたというところから来ています。つい最近の練炭自殺も立て続けに起こってますよね?

どういうことかと言うと、自殺を考えている人たちは、他人の死を知ることで、自分にとっても自殺が適切な行動だと思ってしまうのです。「類似性」が働いています。

恐ろしいですね。マスコミの自殺報道は責任が重いかもしれません。


続く・・・


また墜落


08 25, 2008

キルギスの旅客機墜落事故、死者68人に…日本人搭乗せず

こう続くと先日の主張(スペイン機事故 )が揺るぎますが、
やはり、頑固に利用可能性ヒューリスティクスを主張しておきます。

おそらく統計学的データは変化し続けているんでしょうけど、目の前にあるデータ(利用できるデータ)だけから判断してはいけないと思います。少数のデータで判断するのは危険です。


私もうすぐ夏休みをとります。
飛行機を利用する予定ですけど、ひるまないようにしたいと思います。


ただ、当然ですが事故を起こした航空会社には再発予防が望まれます。






0 CommentsPosted in 日記

影響力の武器


08 24, 2008

どうしてその商品を買ってしまったのか?
どうしてその行動をとってしまったのか?

後から考えて、不思議になったり、後悔することってありませんか?

私は多々あります。

そんな疑問に答えてくれる本を見つけました。

行動経済学で言うヒューリスティックスと関連します。

影響力の武器[第二版]影響力の武器[第二版]
(2007/09/14)
ロバート・B・チャルディーニ

商品詳細を見る


内容が濃すぎるのですこしずつお伝えします。

まず、固定的行動パターンというもの。

これは、条件反射で行動する人間の行動パターンについての法則です。

例を挙げます。

・他人にお願いする場合、ただお願いする場合より、理由を添えたほうが相手はすんなり聞いてくれる、

・ターコイズのアクセサリーが店頭に並んでいたとして、3000円で店頭に出していた場合と、30000円で店頭に出した場合では30000円の方が良く売れた、という話。
こういことが起こるのは、「高いものは良い」というステレオタイプの判断が働くため。

・学者や偉い人の発言はまず正しいと思って聞いてしまう。

・知覚のコントラスト
自動車を買ったとき、オプションを次々に買っていたという経験はありませんか?
これは、自動車の値段が高かったため、オプションの価格を実際よりも安く感じてしまったということです。自動車を買った後でなければ、オプションを買うか買わないか、値段に見合った判断が出来ていたことでしょう。


次は返報性のルール

無料の試供品を配っていたり、配達してくれたりする会社がありますよね?
タダで配るなんて、何の儲けにもならないし、何のためにあんなことしているんだろう?って思ったことありませんか?
ここに返報性のルールが隠れています。
既に無料の試供品を受け取った時点で術中にはまっています。
次にセールスマンに会った時、どういうわけか、商品を買わなければならない気分になっています。
人間は無意識のうちに最初にしてもらったことに対して恩義を感じてしまいます。

さらに「拒否したら譲歩」という、返報性のルールに関連したテクニックを紹介します。
初めに確実に拒否するような提案をします。
そして、次に最初の要求よりもっと小さい、本命の要求を相手に出します。
こうすると、相手は次は私が譲歩しなければならないと自動的に考えて、難なく要求を受け入れてしまいます。

また、小売店で高いものを勧められて、その後安いものを勧められ、思わず買ってしまったという経験ありませんか?
これも、「拒否したら譲歩」の返報性のルールです。

この法則を知ったからにはくれぐれも悪いセールスマンに騙されないようにしましょう。
そのためには、最初の提案を贈り物ではなく、ただの販売の手練手管だと思うようにしましょう。


どうでしたか?

多少は思い当たる節がありませんか?


明日に続く・・・

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント


08 23, 2008

行動科学を経営に活かすという話です。

実践できそうな話でしたよ。
いかにできない部下をできるようにして生産性を上げるか、というのがテーマです。


この手の本はどれくらい自分を本の中に投影できるかで良し悪しが決まるような気がします。

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント
(2007/09/29)
石田 淳

商品詳細を見る



原則です。

「目標を達成しようと思ったら、その目標までのプロセスを分割し、一つ一つのプロセスに対する行動を評価しないといけません。そしてその行動に対してリインフォース(かなり、噛み砕いて言うと”報酬”)することで、目標に向かう好循環が生まれます。」



具体的な話。


人間の行動は”ABC”モデル
先行条件(antecedents)→行動(behaviors)→結果(Consequencesという仕組みです。
”結果”に対して評価し、プラスのリインフォースを行う。
そうすることでプラスのフィードバックがかかり、ABCモデルが循環する。


まずは、行動を分解する。
「メニューと水を運ぶ」を分解すると
 「入店したお客に声をかける」
 「人数分の水とメニューを用意する」
 「いらっしゃいませ、と言ってそれらを配る」
 「ご注文がお決まりになったらお呼びくださいと言って去る」
こんな感じで分解します。
そして、その分解した過程の一つ一つをチェックしていきます。


行動の上に立つ”目標”です。
目標は「売り上げを増やす」とするのではなく、より具体的に「一年間でスペシャルメニューのオーダーを100件とる」という感じにする。これが目標を立てるときの”MORSの法則”というやつです。
M:Measured、O:Observable、R:Relaiable、S:Specific



そして、行動を強化するための”リインフォース”。
”報酬”ですね。とても大事。これは、必ずポジティブなものにしなければなりません。そして、”すぐに”効果が分かるもので、”確か”なものでなければなりません。この3点セットが重要です。
「これができなければ減給です」みたいなやり方はダメ。やる気をなくさせます。
「これが達成できればコーヒーチケットプレゼント」みたいな前向きなリインフォースが効果的です。
実際にアメリカの企業では”トークン”と言ってご褒美チケットみたいなのをあげたりするらしいです。金額にすると大した額ではない、こんな些細な工夫で社員のやる気が上がるというのだから面白いと思います。



こういうマネジメントの話が病院の中にもあればいいのに。
自分が上司だったらこういう工夫をするのかな?と思って読んでいました。
行動科学って面白いですね。




0 CommentsPosted in 経営

スペイン機事故


08 22, 2008

離陸前にエンジンの空気取り入れバルブが過熱、スペイン機事故について

夏休みシーズンで飛行機を利用して旅行に行く人も多いと思います。

飛行機事故は本当に怖いと思います。
また、事故に合われた方は本当に気の毒だと思います。

しかし、飛行機事故に慌てふためいてしまう理由には、
行動経済学で言う、”利用可能性ヒューリスティクス”が関与しています。

利用可能性ヒューリスティクスというのは、できるだけ分かりやすく言うと、社会的な情報の伝達の際に、何が強調されるかによって違ったように伝わること、利用できる情報を過大評価してしまうこと、です。


というのも、以下に述べる理由があります。
ある輸送機関による事故の年間死亡者数(1998年)ですが、
全世界での航空事故による死亡者数は「909人」で、
一方、日本国内だけの自動車事故による死亡者数(事故後1カ月以内の死亡)は「1万805人」というデータがあるからです。


自動車事故の方が遭遇する確率ははるかに高いのです。
それなのに、飛行機は危ないから飛行機を使って旅行に行くのはやめようというのは、認知バイアスに影響されていると言わざるを得ません。


飛行機事故の報道を見て思ったことでした。


参考
数字に見る航空機事故の確率


知らないと損するエアライン“超”利用術 (平凡社新書)知らないと損するエアライン“超”利用術 (平凡社新書)
(2001/04)
杉浦 一機

商品詳細を見る


経済は感情で動く―― はじめての行動経済学経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
(2008/04/17)
マッテオ モッテルリーニ

商品詳細を見る







0 CommentsPosted in 日記

医者はどうして後発薬を使いたがらないのか?


08 21, 2008

今日のニュース
沢井製薬(4555)は「後発薬生産を一斉に拡大」との報道が材料視されるを見て、
このニュースの内容とは直接関係ないのですが、

後発薬に変更不可が4割 処方せんに医師の署名
というニュースと関連した後発薬品に関する話題。


医者はどうして後発薬品を使いたがらないか?

現場の視点から考えてみました。
その答えを2つ考えました。

まず、現在使うことが可能な薬は膨大な量、膨大な種類あります。
現在、医療界には日々新しい薬が登場しています。
新しい薬が登場したら、少なくとも自分の専門分野に関わる薬について、その都度、名前から効能、副作用まで覚えるわけです。当たり前ですが。
後発薬品が先行薬品と比べて効果が同等で、安価であるというのは分かります。
しかし、先行薬品に対する後発薬品の数は一種類ではありません。何種類もあるんです。
そうすると、医者が覚えなければならない薬の数は先行薬品の数×後発薬品となって結構な数になるわけです。

馴染みのない薬はなかなか使うのに気が引けるのが人情です。
また、後発薬品が巷にあふれたら、例えばたくさん薬を飲んでる患者さんが入院した時、その飲んでいる薬を全部調べなければならないので、それだけでも結構な労力になります。
先行薬品だったらしょっちゅう目の前に登場するので、ある程度知っています。だから調べる手間も省けます。



もう一つの理由ですが、
医者にとって後発薬品を処方しても実際には何のメリットもありません。
例えば給料に反映されるとかですね。
そもそも国民医療費のことを一番に考えて臨床をやっている医者はいないんじゃないかと思います。

だったら、作業がより省ける手法を選んでしまいます。


それは医者の余裕のなさを示しているのかもしれません。


じゃあどうすればいいか?

処方箋には基本的に特別な理由がなければ、後発薬品への許可は”可”にする、とか(これは既に行われています。それでも上のニュースによると”不可”にされることが多いみたいですね)
その後発薬品がどの薬の後発なのか、処方箋や全ての医療情報に記載されるようにするとか、もう少し仕組みの変更が必要なんだと思います。
そのためにはオーダリングシステムやカルテの電子化が必要になると思います・・・








最強の集中術


08 20, 2008

何かを達成しようと思ったら”集中力”は不可欠です。

私も究極の集中状態である”フロー状態”が好きです。
人間はこの感覚を求めるために生きているとも思います。


ただ、いつでも最高の集中状態に入れるわけではありません。
集中力をコントロールできたら素晴らしいですよね。


そう思って読んでみた一冊

最強の集中術最強の集中術
(2008/03/27)
ルーシー・ジョー・パラディーノ

商品詳細を見る


個人的には期待外れでした。
あくまで、個人的に、ですよ。
コレを読んでとても良かったという人もいると思います。


それでも本書から得た内容を記しておきます。

今自分がどのレベルの集中状態にいるかを把握する。
私たちは低い、最適、過度な集中状態を行ったり来たりさまよっています。

最適な集中状態に持っていく方法ですが、


過度な集中状態にある時は、リラックスするために気分転換を積極的に取り入れる。


低い集中状態にある時は、これが最も知りたかった部分なんですが、本書によれば、

・意味のある目標を見つける。今の自分が本当に欲している目標です。だから、自分の内面に目を向けることが大事だと言っています。
自分のミッションステートメントに適った目標ということだと思います。

・結果ではなく最善を尽くすことを目標にする

・いきなり高すぎる目標ではなく、達成可能な目標を積み上げていく

・メンタルリハーサル

・To do リストの活用

・自分との会話
 アファメーションが紹介されています。アファメーションは自分を主語に、現在形で、肯定形で作らな
 ければなりません。

他にも生活習慣を変える、とか書かれています。


ちょっと本書に期待をしすぎていました。
結局、集中力を立ち上げる、持続させるためにはこういう基本的なことが大事ということなんでしょうね。







福島・大野病院医療事故


08 20, 2008

福島・大野病院医療事故:帝王切開判決 無罪に医師、安堵 女性の父、目閉じ

このニュースを見て皆さんどのようにお考えでしょうか?

いろんな受け取り方があると思います。

立場によって判決が妥当かどうかの判断は意見が分かれると思います。

もちろん、故意の過失は罰せられるべきだと私も思っています。



ここからは個人的な立場、医者の立場から発言させていただきます。

産婦人科医こそ、今絶滅の危機に瀕しているくらい医者不足に悩まされている科です。
それは、労働が過酷なうえに、訴訟のリスクが高いからです。
今の医学生で産婦人科を目指そうという人は、他の科に比べて明らかに少ないと思います。

日本の周産期医療は世界一なんです。
しかし、患者さんが覚えておかなければならないのは、「出産は安全な行為ではない」ということです。

医者なら普通は良心に従って医療行為を行っていると思います。

医療行為は当然結果が求められるわけですが、思うような結果、期待される結果が出ない場合だってあるわけです。



この判決が”有罪”となっていたら、どういう弊害が医療業界に起こるか想像してみました。

医療界全体が委縮すると思います。


まずは、産婦人科医のなり手は一層いなくなります。
これは深刻です。安心して子供を産める環境がなくなります。


そして、これは産科に限らずですが、リスクを負ってでも、考えられる最良の医療行為を行おうという医者がいなくなると思います。


救急医療にも影響が及ぶと思います。
特に医療過疎地では深刻です。
そういう場所では自分の専門ではない患者も診ないといけないはずです。
ところが、自分の守備範囲ではない患者は絶対に診ない、中途半端に手を出してミスをするくらいだったら初めから土俵に立たない、という風になってしまうのが目に浮かびます。
もうその兆候は現場では現れているのです。実際には。


”手術”にしろ難しい手技にチャレンジする医者がいなくなるのではなると思います。
難しい手術は存在するのです。疾患が少なければ少ないほど、手技を習得する機会は少なくなるわけですから。技術の進歩も妨げられると思います。


ということで、産婦人科学会が当然の判決、と言いたい理由も個人的には理解できました。


残された家族の気持ちは察しても余りあるものだとは思います。
失われた命は元に戻りません。
救命できればそれが一番良かったんだと思います。


この事件を教訓に、今後同じようなことが起こらないよう医者も学ばなければなりません。

それと同時に患者さんも医療に対する認識について学ばなければいけない、と思いました。






キャズム


08 19, 2008

本日はマーケティング理論の本を読んでみました。

キャズムキャズム
(2002/01/23)
ジェフリー・ムーア

商品詳細を見る

です。

とても面白かったですよ。

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
(2001/07)
クレイトン・クリステンセン玉田 俊平太

商品詳細を見る

を読んだときも思いましたが、
物を売ることって大変なんだな、こんな理論的な仕組みがあったのか、と思い知りました。

本日はキャズムの話
市場で圧倒的なシェアを獲得するための話です


まず市場には5つの顧客がいます。

1.イノベーター
2.アーリーアダプター
3.アーリーマジョリティ
4.レイトマジョリティ
5.ラガード

です。

この中でも市場を支配するために取り込まなくてはいけないのが1~4までの4種類の人種です。

市場も、アーリーアダプターで形成される初期市場から、実利主義者で形成されるメインストリーム市場に分けられます。


”キャズム”とはアーリーアダプターとアーリーマジョリティの間、そして初期市場とメインストリーム市場の間に存在する深い溝のことです。この落とし穴にはまることが、市場を支配できない多くの企業がたどる道です。


アーリーアダプターとアーリーマジョリティはそもそも市場に求めているものが違います。

アーリーアダプターは変革のための手段を求めています。
既存のシステムに不満を抱いていて、新たな解決策を求めている人たちです。

それに対してアーリーマジョリティは生産性を改善する手段を求めています。
劇的な、不連続な方法は望んでいません。
とにかく失敗しないことを最優先にする、保守的な人々です。



このキャズムをどうやって乗り越えるか?

・参入するマーケットを決定する。

・マーケットをセグメントに分けて考える。
また、ニッチな分野で勝負する。
とにかく、セグメントで圧倒的な立場(マーケットリーダー)になる必要があります。
そのセグメントを支配したら、次のセグメントに移る。

・セグメントに切り込む武器は?
プロダクトではなく、”ホールプロダクト”を顧客に提示します。
ホールプロダクトというのは、顧客の目的を達成するのに必要とされる一連の製品やサービスのことです。あくまで商品に加えた付加的なオプション、パソコンで言うとモニタ、ソフトウェア、プリンタなど。

・口コミの利用。
やっぱり口コミです。
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1) (SB文庫 ク 2-1)急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1) (SB文庫 ク 2-1)
(2007/06/23)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る




面白いと思ったのが、代替手段(ライバル商品)は市場に存在していたほうがいい、ということです。
それは、対抗製品が存在することによって、新しいテクノロジーに対する信憑性が高まるからだそうです。そうすると、実利主義者であるアーリーマジョリティを説得しやすいということです。

また、以前地頭力を鍛えるでも出てきた”エレベーターテスト”が出てきました。
その商品の強み、ポジションを短い言葉で説明できるようにしておくということです。
そうしないと、口コミで伝わりにくいし、分かりにくくなったり、誤解を生じやすくなったりします。
元々、地頭力というより、マーケティングの分野で出てきた言葉だったんですね。
伝えるべき内容を、短い言葉で簡潔に言えるようにしておくというのは大事なんですね。


とても内容が濃い一冊でした。
再読の価値がある本です。




0 CommentsPosted in 経営

マイクロソフトを飛び出して億万長者になった、私


08 17, 2008

世界には色んなすごい人がいるものです。

高校中退で、初めマイクロソフトに契約社員で入社し、その後起業。失敗と成功を繰り返してはいますが、最終的には億万長者になってます。

ちょっと現実とかけ離れた人物ですが、実話なんだから信じられません。


ただ、著者であるクリスティン・コマフォード・リンチは学歴こそ高校中退ですが、そもそもそんなに平凡な人間ではありません。

何度となく起業していますが、その多くが自分の強みであるコンピュータ、プログラマーとしての知識を活かしています。丸腰ではなく、自分の強みを持っていたんですね。

しかし、コンピュータ言語は独学で学んだというんですから、やっぱり常人ではないと思います。

また、マイクロソフトをやめて立ち上げた人材派遣会社も、経営に関する知識は何もなかったにも関わらず、成功させています。この時も起業すると決めてから、独学で勉強したというのです。

実際に差し迫った目標がある時、人間は最大限に力を発揮できるといいますが、それにしても想像を超えています。社長になる人というのは”走りながら学ぶ”らしいです。

前置きが長くなってしまいましたが、本日読んだ本がコレ

マイクロソフトを飛び出して億万長者になった、私マイクロソフトを飛び出して億万長者になった、私
(2008/07/08)
クリスティン・コマフォード・リンチ

商品詳細を見る


すごく自己啓発的な要素の強い本です。

そして、著者のこれまでのサクセスストーリーを赤裸々に語ってます。
ビルゲイツとそれなりの関係までいったとは・・・


著者が掲げる成功へのルールが10あります。

1.ゴールを決めなきゃ始まらない
これはよく言われていることですよね。
成功している、というセルフイメージをより具体的に持つということです。
そして、成功するためのアファメーションを勧めています。
どういうことかと言うと、
「2008年9月30日までに私の体重は54kgになっている。」
「2008年12月31日までに、私の会社は年商が1000万ドル以上になっている。」
こういうふうに出来るだけ具体的に現在形で書き、一日2度はメモに書いたこの目標を見る。

ドリームボードという自分が実現したい夢を写真にしてボードに飾っておくという手も紹介しています。

とにかく、これらの方法は自分の中のエネルギーを増やす方法だという風に言ってます。


2.実行力を身につけるための10ステップ
①自分の人生に責任を持とう
②ゴールを具体的にイメージしよう
③仲間を見つけよう
④やる気をくじく相手は遠ざけよう
⑤前向きパワーを高めよう
ネガティブな独り言はマイナス思考を助長します
⑥引き寄せの法則を実践しよう
⑦意思をつらぬこう
⑧視野を広げよう
⑨たえず軌道修正しよう
⑩成功したら、自分にご褒美をあげよう


3.最強のビジネスプランをつくるヒント

4.自分の力をつける7つのヒント

5.ダメだしゲーム

6.人脈づくりの掟・8か条
①堂々とふるまおう
②気軽に話しかけよう、スーパーのレジで、美容院で、飛行機で
③アドレス帳をパラパラめくってみよう
アドレス帳を見て、気に入った番号にいきなりかけるという方法ですが、コレはちょっとどうかなと思います。
④日々、感謝の気持ちを伝えよう
⑤今日の先生を決めよう
⑥いろんな集まりに参加しよう
⑦心の師、よき相談相手、同じ志を持つ相手を見つけよう
⑧パーティーでの出会いを活かそう

私も人脈作りが得なほうではないので、勉強になりました。
人脈は財産なんですね。
①、④、⑤、⑥、⑦、⑧は実践してみたいと思います。


7.リーダーの心得・11か条

8.資金調達チェックリスト

9.半年に一度、人生の棚卸しをしよう
目標に対する進捗状況を確認するということです。
上手くいってなかったら修正すればいいんです。

10.ボランティアのすすめ

個人的に気になった箇所だけピックアップしてみましたが、もっと知りたいと思う方は是非本書を読んで見てください。


成功する人間も性格的に弱い部分もあるんですね。とても親近感が沸きました。
誰でも弱い部分があって、それを上手く昇華、もしくは変換しているんですね。
ちょっと真似できないなという部分も多くありましたが、基本的には参考になります。

「成功したかったら成功者のようにふるまおう」
「自信がステータスを生み、そのステータスに周囲が反応する」

ごちそうさまでした。




Google誕生


08 16, 2008

最近Googleが提供するサービスを多用しています。
Gmail、iGoogle、Googleデスクトップ、Googleドキュメントなどなど。ブラウザもFirefoxです。

どうやってこの企業は利益を上げているのか?
どうしてこんなに急速に発展することができたのか?

そんな感じで興味を持って読んでみました。

Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスターGoogle誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
(2006/05/31)
デビッド ヴァイスマーク マルシード

商品詳細を見る


全470ページの大作です。普通の本2冊分のボリュームがありますね。

既に”ググる”という言葉が定着していますが、
ここまで便利な検索機能を開発したのが二人の20代の青年が立ち上げたGoogleという会社です。

まず驚くのが、創業者の二人はまだ大学在学中にこの検索機能の原型を開発しているということです。そこからまさに急成長ですよ。信じられません。天才なんですね。


検索の方法ですが、詳細は明かされていませんが、Web上のあらゆるデータを収集して、これを検索しやすい形に分類して保管しているらしいんですね。
それに照らして最適な情報を提供しているとのことです。
どうやって最適な情報を見分けるか?
これが難しいところなんでしょうけど、単にそのページにキーワードが多く含まれているとか、それだけじゃダメで、どれくらい他のサイトからリンクされているかとか、リンクされているサイトがどれくらい大きい(影響力のある)かにもよるらしいです。

とにかく、今は調べたいことがGoogle検索でだいたい的外れでなく、一瞬で検索できるんだから便利になったものです。



どうやって利益を上げているか?
初め、この企業は検索機能を無料で一般人に公開しつつ、その技術を企業に売るという方法で利益を上げようとします。
しかし、この方法では利益を上げるには不十分だったようで、方針転換され、広告事業を始めていきます。現在のGoogleの収益はこの広告事業から成っているんですね。
Googleで検索した時、今はページ右側に広告が出てきますが、当初はページ最上部に広告が掲載されていました。広告をページ右側にしたことで、広告による収益がかなり上がったんですって。ちょっとした工夫で利益は上がるものですね。

とても惹かれるのがGoogleplexという職場環境です。
社員のためにすごく福利厚生が充実しているようで、スナックは食べ放題とか、健康食品や飲料が無料で提供されていたりとか、ユーモアのあるおもちゃまでたくさん置いてあるというような感じで、およそ普通の職場とはかけ離れたイメージみたいなんです。
そこで少数精鋭の社員が自由闊達に意見を交わしながら、新しいアイディアを出し合っているというんですから、マイクロソフトからGoogleに人材が流出してしまう、という現象にも納得です。
Googleには”20%タイムルール”というのがあって、勤務時間の20%は新しいアイディアのために時間を作ることになっているんですって。

魅力的な企業です。



とても共感できる点として
Googleが掲げる信念 「邪悪になるな」 というのがあります。
これは、純粋に優秀な検索機能を開発しよう、というものです。例えば広告事業で利益を得ているわけですから、「広告主からたくさん広告料を貰えば、そのページの上位にランクしてあげますよ」ということも可能なわけです。
でも、それをしてしまうと、検索機能という点では信頼性がなくなってしまうので、検索結果に関してはあくまで公平にやっているみたいです。
表示される広告は検索ワードと関連性が高いものが表示されるので、十分広告モデルとして成り立つんですね。


とても読み応えのある良い本でした。






0 CommentsPosted in IT

医者とどううまく付き合うか


08 16, 2008

医者と良好な関係を築くためにはどうしたらいいか?

良好な関係が築けないと、治療効果も上がりません。

そのためのコツを考えてみました。


まずは、初対面の印象。
時々います。
いきなり喧嘩腰の患者さん(最初の医者の態度にも問題があるのかもしれませんが)。
つらいから病院に来るわけで、そのつらい気持ちも分かりますが、医者も人間です。
第一印象は大事だと思います。

また、大きな病院だと待ち時間がすごく長い、というのもみなさん経験されているかもしれません。
そうなると、医者にその不満をぶちまけたくなるのも分かります。
もちろん、待たせて申し訳ないという気持ちもあります。
しかし、多くの医者は時間内に診ることができる以上の患者さんを診ています。
本当は待たせない程度の数の患者さんを診たいと思っているんです。


次に時間を守るということ。
多くの病院が予約制だと思います。
予約制の方が、タイムスケジュールが組みやすいからです。
例えば午前中外来をやって、午後手術だったりするわけです。
それなのに、予約時間を守らずに遅れて来られたりすると、予定が狂ってしまうわけで、印象は悪くなってしまいます。


残念なことに、明らかにコミュニケーション力が不足している医者も中には存在します。
なぜかそういう人間が他業種に比べて多いような気がします。
個人的には、それはとても狭い世界に生きていて、それなりにちやほやされて育ってきているからだと思っています。自分がそうならないように気を付けています。



思いつくままに医者の視点から2点挙げてみました。


医者は頼りにされていると思うと、期待に応えようと頑張ります。
自分のした事に対して感謝されれば、単純に嬉しいですし、もっとなんとかしてあげようと思うものです。


これからもっとかかりつけ医が重要になってくると思います。
みなさん、信頼できるいい医者を見つけましょう。



私はどうして販売外交に成功したか


08 14, 2008

いわゆる”できる”セールスマンになるための本です。
著者のフランク・ベトガーさんは12年で巨万の富を築いて、7万ドルの豪邸を建てたそうです。

私はセールスマンではないのですが、どうしてこの本を読もうと思ったかというと、セールスマンに騙されないようにするためです。少し語弊があるかもしれませんが、言い換えると、いいセールスマンと悪いセールスマンを見分けたかったからです。

また、セールスマンが顧客に接するときの技術が、医者として患者さんと接するときの技術として役立てばいいな、という気持ちもありました。


セールスマンの人も、そうでない人も読んでおいて損はない一冊です。

私はどうして販売外交に成功したか (Life & business series)私はどうして販売外交に成功したか (Life & business series)
(1982/08)
フランク・ベトガー土屋 健

商品詳細を見る



必ず成功するセールスとは?
11個の原則を挙げています。

一つ目です。
面会の時間を決めておく。
相手にとっても自分にとっても時間は大切にしなければいけません。

二つ目。
準備をしておく。
それも思い立ったらすぐに。
丸腰ではチャンスを棒に振ってしまいます。

三つ目。
主な論点をはっきりさせておく。
話しておきたいことはたくさんあるかもしれませんが、話が長くなるのは逆効果です。

四つ目。
これから話そうと思うことはメモしておく。

5つ目。
相手に質問をする。
質問をして自分のペースに持ち込みます。

6つ目
ダイナマイトを爆発させる。
意表を突くようなことをするということ。

7つ目
恐怖心を起こさせる。
人間は「利益を得たいという欲望」と「損しては困るという恐怖心」から行動を起こす。

8つ目
信用を得ること。
顧客に対して親身になる。
競争相手を褒める。褒めておいて損はない。けなすと印象が悪くなる。

9つ目
相手の能力に対して正直に評価する。
喜ばれます。

10個目
必ず商談が成功すると信じる。

11個目
対談中は相手に対して「あなた」という言葉を使う。
その方が親近感が沸く。




記憶の訓練について~名前を覚える~

顧客の顔と名前を覚えておくことは大事ですよね。
セールスマンじゃなくたって、普通に人付き合いのある人なら大事な技術だと思います。

かくいう私も最近は名前が覚えられなくて困っています。

どうするか?
この本では3つの技術を提唱しています。

一つ目です。
とにかく印象に焼き付ける。
覚えよう!!とするということ。

二つ目。
反復する。
何度も名前を繰り返し唱えるということ。
心の中で反芻するのはもちろんのこと、ことあるごとに名前を呼んで話しかけるという風に。
例えば、「こんにちは」ではなく、「こんにちは、○○さん」みたいに。
繰り返して記憶に定着させるという方法ですね。

三つ目。
連想する。
色々な知識を関連付ける。
例えば、出身地、血液型、初めにどこで会ったか、など。




最後に、セールスはもちろん、講演なんかもそうだと思いますが、ビビらないようにするためにはどうすればいいか?

慣れる。

ビビっていることを告白する。こう告白した方が気が楽になるし、顧客、聴衆もそんなに意地悪ではない。



以上、本書の一部要点を個人的な解釈を加えて、アップしてみました。
とても示唆に富む古典的な名著(初版は1964年)です。

みなさんもよろしければ是非読んでみてください。




地頭力を鍛える


08 13, 2008

最近選ぶ本に当たりが多い気がします。

ついてます。
引き寄せの法則でしょうか!?


ロジカルコミュニケーションに引き続き、即実行できそうな内容です。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る



誰でも簡単に情報を検索できるようになった今、答えを求められて、どこかにその答えが書いていないか探すだけでは不十分です。

答えのない問題もたくさんあります。

たとえ答えを見つけられたとしても、その情報が本当に正しい情報なのか保証はされていません。
インターネットで何でも検索できる時代ですが、検索できるだけでは不十分だということです。



読んでいてハッと気付かされた2つのフレーズがありました。

「コピペ族になっていないか?」
「上司に進捗を尋ねられて、あと2日待ってください。」と言ってないか?

です。

いや、耳が痛い・・・



地頭力というのは、少ない情報から持っているあらゆる知識を総動員して、答えを推測する力です。
こういう思考過程を「フェルミ推定」といいます。

例えば、「シカゴにピアノ調律師は何人いるか?」とか、「日本に電柱は何本あるか?」とかに対する”答え”を考えるのがフェルミ推定です。


はい、地頭力の原則です。3つあります。

「結論から」「全体から」「単純に」です。

「結論から」
これは仮説思考力です。
仮説を立て、それにあった答えを探すように考えます。

「全体から」
フレームワークを使って、今自分が取り組んでいる問題が、全体のどの部分にあたるか、仮説を証明するためのどの部分に位置しているかを分かるようにしておきます。

「単純に」
仮説の証明に不要な枝葉を削ぎ落とすということです。
情報は多ければいいというものではなく、無駄な情報が多いと混乱するだけです。


このように「仮説」を立て、
その仮説に対して、「実行」と「検証」を行います。


このプロセスこそが理想の問題解決のプロセスです。



なかなか意識しないと頭を使って行動できません。
人間、楽な方向に流れがちです。
暑いし、今の時期特に思考力が鈍ります。


でも、ここで学んだことを無駄にしないためにも、意識して思考パターンを変えなければいけないと思います。


みなさん、暑さに負けず夏を乗り切りましょう!!






しょうどくかい


08 12, 2008 | Tag,抄読会

って何だかわかります?

漢字で書くとこんな感じです。

抄読会

あんまり馴染みのない言葉ですよね?


要するに順番で論文を読んできて、参加してるみんなに内容を説明するというものです。


今日は自分の番でした。
このためにここ数日文献を読んだり、教科書を読んだりしてました。

やっと終わったので、少しゆっくりできます。



終わってみての課題が3つあります。

一つ目は知識が圧倒的に足りないので、関連分野の知識を増やせるように教科書、論文をもっと読む。

二つ目です。原稿を読まずにプレゼンする。
アウトラインを明確にしていったつもりですが、なかなか難しい。もっとマインドマップ化して頭に焼き付けないといけないと思いました。

3つ目です。慣れること。
とにかく場数を積むことが大事だと思いました。
積極的に発表の機会に参加したいと思います。
幸、今月末にはもっと大きな場所で大勢の聴衆の前で発表する機会がある(学会発表ではないけど、そんなようなもの)ので活用したいと思います。


学んだ内容を他の人に伝えるというのは自分の理解度を知る意味でもとても有用です。

今日は自分よりはるかに知識が上の先生たちの前でプレゼンしました。
ただでさえ、大先輩の前だと緊張するというのに、知識まで足りないのだから冷や汗物です。
ゴマカシが通用しません。
幸運なことに今日の先輩方は寛大な方が多く、勉強の足りない点を責めるのではなく、教えてくれました。

ありがたいことです。感謝です。

いい経験でした。







3 CommentsPosted in 日記

ロジカル・コミュニケーショ


08 11, 2008

思いがけずいい本に出会いました。

マインドマップ的読書感想文でご紹介いただいた本です。


amazonでオーダーしたので、中身とか本の厚さとかは分かりませんでした。

なので、注文した本を手にしてみてびっくり。
こんなに薄いの?中はカラフルで字は少ないし、なんか”ヤラレタ”というのが最初の感想でした。

ちょっと忙しいし、気楽に読んでみようと思って昨日読みました。

そしたら、びっくり。

こういう本を求めていた、というような内容でした。

ロジカル・コミュニケーションロジカル・コミュニケーション
(2007/01/18)
安田 正

商品詳細を見る


ロジカル本は何冊か読みましたが、この本が一番即効性があるかも。


本書の内容は

どうして日本人はロジカルにコミュニケーションをとるのが下手なのか、から始まり、
MECE、フレームワークの要素まで含まれた内容になっています。

個人的に今からでも試そうと思っている内容が2つあります。


一つ目は思いついたままに話さない。これが一番大事だと思います。


二つ目はこれから話す内容の概略を先に相手に伝える、ということ。

「私の話したい内容は2つあります。」
「私の話のポイントは○○と○○です。」というような感じ。

私の場合は、例えば患者さんに
「これから診断結果についてお話します。問診、診察、血液検査、画像検査の点からこれを説明します。」
と言って問診、診察・・・と話していくといった感じでやってみたいと思います。


アウトラインを伝えておいてから細部を話していく、というプロセスですね。


このブログも本書で読んだ内容を活かして書いてみました。

身につけるためには慣れるまで繰り返さないといけませんね。



急に売れ始めるにはワケがある


08 10, 2008

モノやコトが爆発的に社会に広がっていく過程を豊富な事例を挙げて説明しています。
”口コミ”の仕組みです。

著者は
第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
(2006/02/23)
M・グラッドウェル

商品詳細を見る
の著者でもあるマルコム・グラッドウェルです。この本では、無意識の中にある第1感という直感が、正しい判断であることが多いということを述べています。

今回読んだ本は
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1) (SB文庫 ク 2-1)急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1) (SB文庫 ク 2-1)
(2007/06/23)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る


ふむふむ、なるほど、納得、と思える内容でした。

口コミ伝染が起きるときに重要なのは、3つの役割を持つ人々で、そこに付加的な要素が加わります。
そうすると、一気にその商品は売れるようになります。
ティッピングポイントとはそういった臨界点のようなものです。

ハッシュハピー、セサミストリート、エアウォーク、梅毒感染、乳癌予防などの事例が登場します。
アメリカの話なので、一部私たちには馴染みのない内容もありますがそれでも十分豊富な事例だと思います。

3つの役割というのはコネクター、メイブン、セールスマンです。
コネクターは口コミで情報を広げ、
メイブンはその商品の良さを周囲の人に伝えます。知識を蓄えている人です。
そして、セールスマンが感情に訴えかけて納得していない人にも商品の良さを説得します。

さらに、3者以外の付加的要素として、
始まりはわずかな人数の人から、という「少数者の法則」
記憶にどこまでとどめることができるか、という「粘りの要素」
例えば犯罪が起きやすい環境、というような「背景」があります。


”ほんの小さな変化が大きな結果を生む”

口コミの仕組みがわかって面白かったです。





理系のための口頭発表術


08 07, 2008 | Tag,コミュニケーション,プレゼン

指導医に恵まれない研修医必見です。

マインドマップ的読書感想文で発見しました。

学会での発表は医師なら避けて通れない道です。
大学病院や教育の行き届いた臨床研修病院で研修してれば指導してもらえる機会もあると思いますが、そういう機会に恵まれない人も多いはず。

発表の仕方を一から勉強したい人にはもってこいの本です。

理系のための口頭発表術 (ブルーバックス 1584)理系のための口頭発表術 (ブルーバックス 1584)
(2008/01/22)
R.H.R. アンホルト

商品詳細を見る


まず準備です。

アウトラインを考えます。
流れは1.導入、2.本題、3.結論 となります。
45分の発表なら1.10分、2.30分、3.5分 くらいの時間配分にしましょう。

テーマは一つにしましょう。
色々話がとぶと聞く人は非常にわかりづらい。



スライドはまず初めに目次を見せて概略を示します。
大きな問いから小さな問いへ。
徐々に細部に話を進めていきましょう。ズームインしていく感じです。

話の途中でちょくちょく初めに示した目次を見せて、今どこら辺を話しているのか示すといいかもしれません。

発表の最後には、必ず結局何が言いたかったかに当たる”結論”と”Take home message”を用意しておきましょう。最後にダメ押しします。



スライドはあまり派手すぎないように気をつけましょう。
パワーポイントで派手なアニメーションを使いまくるのは逆効果です。
内容で勝負しましょう。

表ではなく、グラフを使いましょう。
なるべく一スライド一グラフにした方が見やすくなります。



発表でのコツ

聴衆とコミュニケーションをとるつもりで発表しましょう。
独りよがりは厳禁です。

大きな声で、ゆっくりと、はっきりと喋りましょう。コレが意外とできているようで出来ていない。
自分を過信しないように。

「えーと」とか「基本的に」とか「特に」とか口癖はありませんか?聴いていると耳につきますので、やめましょう。

制限時間は必ず守りましょう。

お世辞も聴衆を引きつけるのに役に立つ技術です。



細かい内容が気になった方は是非本文を読んでみてください。


発表する予定のない方にもお勧めです。
効率の良い学習の仕方につながりますし、プレゼンテーションの技術は仕事のどんな場面でも役に立つと思います。

私もとても勉強になりました。



療養病床22万床


08 06, 2008

平成17年度の総医療費は33兆1289億円

その約3分の1が国からの給付です。


65歳以上老人医療費は総額で平成17年度16.8兆円と総額の過半数(51.0%)を占めています。

年齢によって必要な医療費が全然違うのは当然です。
年をとったら病気になります。病気になったら治療に必要なお金がかかります。

ということは、日本はもう既に高齢化社会に突入しており、高齢化率(65歳以上の割合)は約20%です。これが2055年には高齢化率が約40%になると言われています。

医療費のほとんどを65歳以上で消費するというのに、これから先いったいどれくらい総医療費は増えるのでしょうか。

だから、国は医療費を抑制する手段を色々考えているわけです。


昨日のニュースです。
療養病床、存続22万床に 厚労省方針
療養病床を減らして患者を、医療を行うことができない介護療養型の施設や老人保健施設、自宅に移すことで医療費を抑制しようというのです。コレ、実際には受け入れ先がなくて自宅に退院させられるのが目に見えてます。

気持ちは分かりますが、この方針は患者さんの立場には全く立っていないと思います。
なんとか22万床が継続されて良かったと思います。

実際に入院している患者さんとその家族の気持ちを代弁すると、こうです。

「重い障害を抱えている患者を自宅にどうやって連れて帰れって言うんですか?食事をさせるのも、風呂に入れるのも、用を足すのだって全て介助が要ります。家には年老いた夫と二人暮らしなんです。できるだけ、長く病院に入院させてください。」

こんなような訴えは本当に現場でよく聞かれます。


患者の立場に立った政策が望まれます。



コレに加えて病院の入院日数についてコメントしたいことがありますが、これはまた後日。




スティーブ・ジョブズ 神の交渉力


08 04, 2008

ちょっと引いちゃます。
逆鱗に触れたら大変です。即クビですよ。

けど、なんか惹かれます。

不思議です。これがカリスマというものなのでしょうか?

カリスマの話を読むと刺激を受けます。

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)
(2008/05)
竹内 一正

商品詳細を見る


ジョブズの簡単な経歴ですが、
「20代でアップルを創業したが、その性格が災いしてその後アップルを追放される。
アップルを追放されたジョブズはネクストとピクサーという二つの会社を手に入れる。
ピクサーはディズニーと組んでトイストーリーなどのヒット作を生み出し、アップルに復帰することになる。
そしてそのまま勢いは加速し、アップルではiPod、ピクサーではファインディングニモが大ヒット。
今年はいPhoneを発売し、快進撃を続ける。」

失敗と成功を繰り返しながら最終的には成功に向かって突き進んでいます。
ものすごい波乱に満ちた人生です。

マスコミを操る方法とか、ディズニーのCEOに交渉力で勝ち、退任にまで追いやる実力はとにかくすごいとしかいいようがありません。
カリスマと言われる所以なんでしょうね。

しかし、サクセスストーリーには引かれますが、人柄はどうなんでしょう??
あまりにも感情の起伏が激しいとか、平気で人を裏切るとか、本の中の話なのでどこまで本当か分かりませんが、ついていけない人も多いんじゃないかと思います。
一緒に働いている人は気の休まる時がないでしょうね。


しかし、ジョブズのプレゼンは実際に見てみたいものです。

ベストパートナーになるために


08 03, 2008

あなたは恋人がいますか?
結婚していますか?
パートナーがいない人も、これからどうやって恋人と上手く付き合っていくか、その自信はありますか?

男と女は根本的に違う生き物です。

科学で上手く説明できなくても、現象としてそうなんだから仕方ありません。


本日読んだ本

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
(2001/05)
ジョン グレイ

商品詳細を見る


男は自信を持ちたがる生き物です。だから、横からつべこべ言われると、それが大切なパートナーでもいらっとくる。特に否定されるような言葉を浴びせられたら大変です。自信喪失しちゃってお互いの関係が悪くなっていきます。一見強そうに見えても男は挫折に弱いんです。
少しずつでも自信を積み重ねていきたいと思っているのです。


女は共感してほしい生き物です。そして、愛情を注がれているという安心感で幸福を感じます。
女が話を聞いてほしいのは共感してほしいからです。決して頭ごなしに否定したりしないようにしましょう。男が分析的に話を聞いて、より良い方向にパートナーを導こうとしているのは分かります。でも、女はアドバイスを求めて話すというよりは、共感してもらうために話しているんです。


お金を家に入れていれば家のことは何もしなくていいと思っている男性の方々(私も含めて)、そう思うのは女の生態を理解していないからです。理論的にはその理屈は通ると思います。しかし、女は些細なことでも、自分に対して愛情を注いでもらっていることで幸せを感じる生き物なんです。理屈じゃないのだ、と割り切りましょう。



本書の中にはより具体的男性向けの98のアドバイスや女性向けのアドバイスも載っています。

パートナーとの付き合い方に少しでも悩みを抱えている人は気軽な気持ちで読んでみるといいと思います。



ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力


08 02, 2008

実は私が読書にはまり始めたのは勝間さんの著書を読み始めたのがきっかけです。

いつも内容の濃い著作に感謝です。
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
(2008/06/15)
勝間 和代

商品詳細を見る


とうとう読みました。

発売当初から目をつけていましたが、他にも読みたい本がたくさんあり、なんとなく後回しになっていました。

なんとなく感じてはいたんですが、勝間さんの著書は”7つの”とか”6つの”とか数字に結びつけた枠組みがたくさんでてきています。
フレームワークを多用していたんですね。

まず題名にもある”7つの力”というのを把握してみましょう。
7つに分類しているのもフレームワークですね。

0.フレームワーク力
1.論理思考力
2.水平思考力(ラテラルシンキング)
3.視覚化力
4.数字力
5.言語力
6.知的体力
7.偶然力

思考の過程には6つのプロセスがあります。
知識、理解、応用、分析、統合、評価です。

例えば読書で知識と理解を行い、論理思考力と水平思考力で応用、分析を行い、視覚化力、数字力、言語力で統合を加速させます。最後に知的体力、偶然力を使って評価、つまり自分に対してフィードバックを行います。



フレームワークの何がいいって、フレームワークを使うと考えの整理がつきやすくなるということですね。思いつきで考えていた混沌とした頭からすっきりした頭にしてくれます。

21個のフレームワークが紹介されています。

例があるというのは大変親切で、ありがたいと思います。

しかし、ビジネスマン以外にはあまり応用範囲の少ないフレームワークも多い気がします。
5W+1Hのフレームワークなんかは使えるかもしれません。
勝間さんも著書の中で言ってますが、自分なりのフレームワークを作るしかないかもしれません。



1.論理思考力。いわゆるロジカルシンキングですね。
MECE、ピラミッドストラクチャー、仮説思考・・・
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
(2001/04)
照屋 華子岡田 恵子

商品詳細を見る

問題解決プロフェッショナル「思考と技術」問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
(1997/01)
齋藤 嘉則グロービス

商品詳細を見る

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
(2007/06/29)
渡辺 健介

商品詳細を見る

考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉
(2006/01)
バーバラ ミントグロービスマネジメントインスティテュート

商品詳細を見る

と様々な本を読みました。
基本的にはどれも役に立つ内容っだんですが、理解してそれで終わり。
つまり、思考の過程の応用と分析が出来ていないんです。

自分でそれに気づいたので、ワークブックなどもやってみたんです。
けど、いまいち。

なんとかしたいと思っている未解決の分野です。



2.ラテラルシンキング
ちょうど思考の過程の中で言うと、応用、分析の部分で使えます。
①前提を疑う。さも当たり前と思っていることも実はなんの根拠もなかったりします。
②見方を変えてみる
③今までの知識を組み合わせてみる。
①~③のような過程を経て、新しく創造する思考法です。



3.視覚化力
イメージが持つ情報量は文字が持つ情報量よりはるかに優れています。
これを使わない手はありません。
記憶しておきたいことはなるべくイメージ化しましょう。
そのための訓練としてイメージストリーミングというのがあります。
勝間さんも本書の中で紹介していますが、詳しくはこの本↓に書いてあります。
頭脳の果て頭脳の果て
(2005/07/22)
ウィン・ウェンガーリチャード・ポー

商品詳細を見る




4.数字力
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)の山田さんも数字の力を強調されていますよね。
数字を使った方が断然説得力が上がります。
ただ、数字を使う場合は根拠、出典を確認して使うようにしなければなりません。



5.言語力
読書でインプット
ブログを書くなどして、アウトプットを続けましょう。



6.知的体力
食生活、生活習慣から改善しましょう。


7.偶然力
セレンディピティです。
良質なインプットとアウトプットを繰り返していれば必ずひらめきが生まれるようになります。



個人的にこの本を読んで、これから取り組むこと

1.読書感想をフレームワークにしてまとめておくというのはいいアイデアだと思います。
マインドマップはある意味フレームワークなので、これを組み合わせて読書を進化させていたいと思います。

2.日々の生活で何事もフレームワークを作って考えてみる。
とにかく、バラバラに適当に思考するのではなく、なるべくフレームワーク化してみる。

3.イメージストリーミングをやる

4.読書を続ける

5.ブログを続ける

6.論理パズルをやってみる。

7.なかなかロジカルシンキングを使えるようになりません。
”分かる”と”使える”の間の溝はかなり深い、と思います。
決めました。
今度は勝間さんのオーディオセミナーをやってみます.。
ロジカルシンキングを”使える”ようにるためのセミナーみたいなので。





フォーカス・リーディング


08 01, 2008 | Tag,読書術

本日リアル書店で発見して思わず直感で買った一冊。

速攻で読みました。

内容は・・・これまでに紹介した読書本とそう変わりありません。
今までの本より目の使い方、集中の仕方を解説しています。

著者はSRRという有名な速読教室の講師だそうです。

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
(2008/08/01)
寺田 昌嗣

商品詳細を見る



本のコンテンツ力=著者の力×読者の経験値
これには同感です。内容をどれくらい理解できるかどうかは読者の経験値にだいぶ左右されると思います。そして、これは速く読めるかどうかの重要な要素でもあると思います。


この本が勧める速読術、要領のいい読書とは?

1.目的を持って読む。全ては読まない。
目的こそがスピード、理解を上げる原動力

2.時間設定
まず制限時間ありきです。
決めた時間にそれなりの読み方をするのです。
これだったら仕事で忙しい人にも可能です。

3.状況認識
締め切りが近ければ、それに追われて力を発揮することありますよね?

4.繰り返し読む
一番良くないのは一字一句に集中しすぎて全体を見失うこと。
スピードを保って繰り返し読んだ方が、結局は時間短縮で理解も深まります。

一冊の本を読んで、その3ヵ月後にどれくらい内容を覚えていますか?

驚くほど覚えていないと思いませんか?

だから、1回の読む時間を少なくして、繰り返し目を通せるようにするんです。
これが賢い時間の使い方です。

5.集中する ←ココが今まで私が読んだ読書本にはなかったところ
姿勢、呼吸法、目の使い方について解説してます。
巻末に付録があって、それを使って練習するような内容になってますが、実際には本を読むだけでこれを実践するのは難しいと思います。正直言って。

ただ、目の使い方で私なりに得たヒントは、気をつけてはいても、結構本の上で視線がさまよってしまうということ。なので、これを直す訓練が必要。とにかくスピードを保って視線を動かしてみることにしました。

私の読書法もまだまだ改善の余地があります。

人間弱いもので、習慣化していないとどうしても今までの楽な読み方に戻ってしまいます。
習慣化するまではひたすら繰り返すことが重要です。



世の中にはページを見ただけで写真を撮るかのように、本の内容が全て頭の中に入ってくると謳っている速読術があるらしいです。そして、実際にそんなことができる人もいるらしいんです。

でも、そんな夢のような技術が万人にできるとは思いません。
もっと実用的な技術を身につけるべきです。

ここで一つ誤解のないようにフォトリーディングについてコメントしておきます。
フォトリーディングはそんな魔法のような技術ではありません。
特にクローズアップされるのが、右脳で読むというフォトリーディングのフォトフォーカスの過程ですが、この過程は”分かる”過程ではありません。
たぶんコレがフォトリーディングに対して誤解の多い点ではないかと思います。

あくまでフォトフォーカスは”読んだ感じ”を植えつける作業です。
そして、次のステップ、活性化につなげる作業なんです。

フォトフォーカスだけでは本の内容は分かりません。
本をパラパラめくるフォトフォーカスは、あくまでフォトリーディングの一過程です。


実はこの本の主張している内容は、フォトリーディングの内容と重なる点が多いと思います。
読書法の神髄はやっぱりそうたくさんあるものではなさそうです。


ご参考までに
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
(2006/12/01)
本田 直之

商品詳細を見る

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10)
モーティマー・J. アドラーC.V. ドーレン

商品詳細を見る

あなたもいままでの10倍速く本が読めるあなたもいままでの10倍速く本が読める
(2001/09/19)
ポール・R・シーリィ

商品詳細を見る



ブログ:王様の速読術
王様の速読術王様の速読術
(2006/05/12)
斉藤 英治

商品詳細を見る


ブログ:本調子
本調子 強運の持ち主になる読書道本調子 強運の持ち主になる読書道
(2003/12/20)
清水 克衛本田 健

商品詳細を見る


ブログ:「知」のソフトウェア
「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722))「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722))
(1984/01)
立花 隆

商品詳細を見る


ブログ:スピード読書術
速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術
(2008/06/20)
宇都出 雅巳

商品詳細を見る





最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。