スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ぼうず丸もうけ」のカラクリ


11 26, 2009 | Tag,坊主

どうも謎めいていて、実態がよくわからない坊主の世界。
禁欲の象徴かと思いきや、高級外車を乗り回したり、高級クラブに出入りする坊主もいるという話があったり。

本書はそんな謎めいた坊主という職業の実態を解説する、現役の坊主による一冊です。
読みやすいビジネス書なので、息抜きとしてもいい一冊だと思いますよ。

「ぼうず丸もうけ」のカラクリ「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
(2009/07/17)
ショーエンK

商品詳細を見る


本書を読むと、坊主に対するイメージが変わります。出家して悟りの境地を開いたすごい人ばかりではなく、ごくごく普通の人もやっているのだと。

建前上はお酒を飲んではいけない、とか厳しい戒律があるようですが、実際にはそんなの無理。檀家さんと良好なコミュニケーションを築くのにお酒はいいツールになるようです。

驚いたのは宗教法人には様々な税金優遇制度があること。法人税や事業税、固定資産税なんかもかかりません。手渡されたお布施にも税金かかりません。宗教法人の資格をとるまでにはそれなりのハードルがあるようなのですが、これはすごいですね。

さらにお寺が会社みたいな組織であることに驚きました。住職を社長として、そこで働く坊主は従業員という形です。だから、当然給料もありますし、ボーナスだってある場合があります。転勤、定年、リストラなし。勤続年数が長いぶん、退職金だって十分もらえます。

坊主にお経を唱えてもらうと、そのお布施は30万円~50万円もかかるそうですよ。高いですね。

生ある者は必ず死ぬもの。まずは自分の家がどんな宗派に属しているかくらい把握しておこうと思いました。

「ぼうず丸もうけ」のカラクリ「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
(2009/07/17)
ショーエンK

商品詳細を見る


スポンサーサイト


9 CommentsPosted in 宗教

”イマジン”の歌詞にも書いてある。【書評】人類は「宗教」に勝てるか


04 09, 2009 | Tag,宗教

人類は「宗教」に勝てるか―一神教文明の終焉 (NHKブックス)人類は「宗教」に勝てるか―一神教文明の終焉 (NHKブックス)
(2007/05)
町田 宗鳳

商品詳細を見る

本書の著者である町田宗鳳さんは変わった経歴の持ち主で、14歳で家出をして出家、その後34歳で寺を去り渡米、渡米後ハーバード大学の神学部で神学修士号、ペンシルヴァニア大学東洋学部で博士号をとり、現在は広島大学の大学院で教授職に就いています。

宗教学会の重鎮の著作なので、どれくらい宗教を信仰することが大切か説かれるのかと思いきや、いい意味で裏切られました。

続きを読む »



0 CommentsPosted in 宗教
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。