スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


成功への触媒【書評】抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー


02 19, 2009 | Tag,人脈力,人脈スパイラル,成功,自己実現

抜擢される人の人脈力  早回しで成長する人のセオリー抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー
(2008/12/12)
岡島悦子

商品詳細を見る


本書の著者である岡島悦子さんは、この本を広めるために自身の強みである人脈力を駆使しています。

・On Off and Beyond:書評;抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー
・404 Blog Not Found:カネよりコネの時代に - 書評 - 抜擢される人の人脈力



著者はOn Off and Beyondの渡辺さんと旧友だそうで、渡辺さんのブログで取り上げてもらう以外に、渡辺さんの人脈である小飼弾さんのブログでも本書を取り上げてもらっています。二人のアルファブロガーに取り上げられたことは著書を広めるのに大きく貢献したことと思います。実際に私も弾さんのブログで紹介されていたのを見て本書を知ったので、おそらく同じようなきっかけで本書を手にした人は他にも多いのではないでしょうか。

著者の岡島悦子さんは筑波大学を卒業後、三菱商事に入社し、ハーバード大学でMBAを取得した後、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て現在は経営のプロを紹介する人材紹介事業をされている方です。

経歴から豊富な人脈を持っていることは容易に想像できます。ここまでの経歴を築くのにきっと人脈力が大いに助けになったのだと思います。



本書の中の「人脈スパイラルモデル」というのが非常に腑に落ちました。

これは全部で下記の5つのプロセスからなりますが、スパイラルという言葉にある通り、1~4までのプロセスで準備を行い、5のプロセスで次のレイヤーに移行するというものです。これを繰り返すことで自分を新たなステージに引き上げていきます。

人脈スパイラルを登っていくことは

1.自分にタグをつける
2.コンテンツを作る
3.仲間を広げる
4.自分情報を流通させる
5.チャンスを積極的にとりにいく



1.自分にタグをつける

これが一番大切かもしれません。自分にタグをつけるというのは、自分の訴求ポイントを明確にしておくということです。将来どんな仕事をしたいか(will)、今自分ができるのはどんなことか(skill)、それは相手にとってどんなメリットをもたらすのか(value)という視点で考えます。



2.コンテンツを作る

個人の市場価値=能力×実績×意欲とあります。意欲を持つのは当然として、能力を磨きつつ、実績を積み上げることも大切です。お互いのことをよく知らない段階で他人に好印象を持ってもらうためには小さなことでも実績を積み上げておくことが必要でしょう。



3.仲間を広げる

勉強会を主催するといい、と主張されています。主催する、というのがポイントのようです。たしかに参加者たちのハブになることを考えると思った以上にメリットが多そうです。能力を高めるという意味以外にもこのように地道に人脈を構築しておくと良さそうです。



4.自分情報を流通させる

ブログの活用が強調されていたのが印象的でした。ブログは自分のタグやコンテンツを磨くためのテストマーケティングの場だと。本当にそうだと思います。この目的だとブログは実名で運営した方が効果は高そうです。



5.チャンスを積極的にとりにいく

ここが人脈レイヤーを一段階登るポイントです。チャンスはいつやってくるか分からないし、やってきてもチャンスと感じない場合もあると思います。気付いたらチャンスをつかんでいた、ということが意外と多いのではないでしょうか。今自分がついている仕事でも「こんなこと将来のためになるのか??」と考えずに、自分にとってプラスになる部分はないか考えてみる、プラスになるものが思い浮かばなくてもとりあえずはやってみる、という態度があった方がよさそうです。




マズローの欲求段階説によれば、欲求の最上位は自己実現です。出世や名誉の上位にあるものがこれです。

成功を個人の自己実現と位置付けるなら、「人脈力」こそ成功のための触媒だと思います。はじめからやりたいことだけやって仕事になる人はそういないでしょう。やりたいことだけやるためにはそれなりの実績や周りから「あの人の仕事はコレ」と認知されることが必要です。



ただの勤務医で終わらないためにもう一度自分の訴求ポイントを考えたいと思います。
まずは自己紹介のためのタグづくりから始めてみますか。


著者岡島さんのブログはこちら▼
ヘッドハンター岡島悦子のインサイト

スポンサーサイト


Doing more with less!【本】「パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す」


01 07, 2009 | Tag,パーソナルブランディング,ブランディング

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出すパーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す
(2005/06/01)
ピーター・モントヤティム・ヴァンディー

商品詳細を見る

本書はパーソナルブランディング(≒セルフブランディング)の本なのですが、メタノート:ブランド人になれ!と比較すると少しだけ実践的な内容になっている気がします。

本書を手にして最も高い読書対効果を得られる人は、おそらく今、起業を考えている人ではないかと思います。

しかしながら、パーソナルブランディングは起業家以外にも、企業に勤めるビジネスマン、医師や弁護士などの専門職、あらゆる組織に属している個人レベルで活かすヒントがあると思います。

そして、パーソナルブランディングに成功すれば、最小限の労力で最大の効果を上げることができるようになります。



パーソナルブランドの確立のために大事なことですが、まずは以下のことを考えてみる必要があります。

  • 今自分が何をやりたいか?
  • 何をやりたくないか?
  • 自分の強みは何か?
  • ブランドを活かしたいのはどういった分野か?
  • 対象になる人(売り込みたい相手)はどのような人か?

まずはこれらの質問に自ら答えましょう。



それから次に、売り込みたい内容について考えることは、メタノート:アイデアのちからで前に取り上げた

  • Simple(単純明快である)
  • Unexpected(意外性がある)
  • Concrete(具体的である)
  • Credentialed(信頼できる)
  • Emotinal(感情に訴える)
  • Story(物語性がある)

を満たすような内容かどうかです。

これはパーソナルブランディングでも有効だと思います。自社や自分を相手の記憶に焼きつかせなければ、有効なブランディングになりません。



そして、テクニック的なパンフレットやロゴ、ウェブサイト、ダイレクトメール、広告、ネットワーキング(紹介)について考えていきます。どの手法も人々の記憶に焼きつける目的で行います。


コカコーラやマクドナルドのように、名前を聞いて「さわやか」「おいしい」などのイメージがわいてくるのが理想です。

ブランディングを確立するまでには長い時間を要し、信頼の積み重ねが必要だと思います。時には大幅な修正が必要になるかもしれません。しかし、個人レベルでもこのブランディングが行えれば、どんな社会でもきっと大きな武器になると思います。


まさに、

Doing more with less! 

です。


参考記事:
メタノート:ブランド人になれ!
メタノート:アイデアのちから
メタノート:急に売れ始めるにはワケがある



ブランド人になれ!


12 12, 2008 | Tag,セルフブランディング

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))
(2000/03)
トム ピーターズ

商品詳細を見る


セルフブランディングに興味を持ったので読んでみた一冊。

有名経営コンサルタントのトム・ピーターズさんの著作で、2000年の初版から多くの人に読まれ、現在で11版目です。

本書はタイトルにある通り、自分をブランド化するための心構えを大項目で約50、細かいものを含めると約200呈示してくれています。

読者によって感じ方が違うかもしれませんし、200個の心構えを全てマスターするのは不可能だと思いますので、自分に合った心構えをチョイスして使うと良さそうです。


自分をブランド化する10の個人的な法則
  • 自分がどうなりたいのかセルフイメージを固める
  • 同時にミッションステートメントを作る

  • 自分が今やっていることで自分のブランド化に役立つものは何か常に問いかける
  • 自分にしかできないことを見つける
  • 自分の名前をブランドにして、何かの達人になる

  • 時間管理術を身につける
  • 名刺を作る
  • ホームページを作る
  • スピーチ上達

  • 将来に投資する。自分自身を変え続ける

実際、セルフイメージやミッションステートメントは今年の春頃に作ったことがあったのですが、しばらくそれについて考えていなかったら、記憶の片隅に追いやられていました。いけませんね。ただ、詳細を明かすのは恥ずかしいのでやめておきますが、今の自分の行動を振り返ると半年前のミッションステートメントに反することは概ねしていないように思います。

今の私には本業を通じたセルフブランディング以外に、ブログを通じたセルフブランディングが可能かもしれません。まだまだ実力不足ということもありますが、実名を公表していないのは痛い気がします。多くの有名ブログはある程度著者の素性が分かっている場合が多いと思います。芸能人のブログが多く読まれるのは、職業がブランディングそのものだからでしょう。もちろん内容勝負でアクセス数を集めているブログもあるので、内容の充実は必須ですね。見習いたいものです。


テクニック的な面ですが、時間管理術は私にとって苦手分野の一つなので、改善させたいと思います。スピーチについてもあまり人前で話す機会に恵まれず、上達の機会がありませんが、機会を見つけて積極的に利用したいと思います。また、職業上名刺交換をする習慣がないので、時々他業種の方と会うとき不便に感じます。この機会に自分用の名刺を作ってみたいと思います。




最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。