スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジーン・ワルツ 


03 26, 2011 | Tag,医療,小説,産婦人科医療,海堂尊

ジーン・ワルツ (新潮文庫)
毎度のことながら、僕は海堂作品が好きです。

小説としてのおもしろさもそうですが、小説の中に現在の医療をとりまく問題が散りばめられているからです。

医療問題をテーマにした堅苦しい本を読むより、本書やジェネラル・ルージュの凱旋を読んだほうがよっぽど今の医療が抱える問題がわかります。

本書は産婦人科医療を舞台にした物語です。

一節を紹介すると、

助産師妙高の言葉
「お医者さまは、悪い病気を治すのが仕事。正常分娩までやる必要はないでしょう。助産師で十分。お医者さまは異常分娩に対応してくだされば、それでいいんです」


主人公曽根崎理恵の言葉
「本当は医者よりも助産師の方がお産に関してはプロなのにね。それに妊娠の二割はさまざまな異常で流産するという事実を、みんな知らないのね、きっと」
「世の人たちの厳しすぎる視線と、役人の能天気な無理解が、現場を殺すのよね」

このあたりは一般の人たちにも知っておいてほしいことです。

本書のテーマの一つである不妊治療。代理母出産のことなど、本書を読めば何が問題になっているのかがよくわかるので読んでみるといいと思います。

また、医療と医学の違いに付いての洞察も興味深かったです。
「医療は学問ではなく、社会システムです。医学は単なる学問。医学という土台の上に、国民の意思で医療という家を建てるようなもの。そこでは医学の結果と正反対のことが行われることもあります。一番の違いは、医療は患者さんからお金をいただくことができる。だけど医学はお金を取れない。それどころか、お金を注ぎ込まなければ医学は進歩しません。」

まさにその通りだと思います。

ミステリーとしてはどうでしょうか。僕はチーム・バチスタの栄光やジェネラルルージュの凱旋の方がスリリングでおもしろいと感じました。

しかしながら示唆に富む海堂作品シリーズは、特に医療従事者じゃない人にこそ読んでほしい作品だと改めて感じました。

ジーン・ワルツ (新潮文庫)ジーン・ワルツ (新潮文庫)
(2010/06/29)
海堂 尊

商品詳細を見る
スポンサーサイト


0 CommentsPosted in 小説

ロング・グッドバイ


09 27, 2010 | Tag,村上春樹,小説,ミステリー

ロング・グッドバイ
本書は偽ロレックスを買う人は、どうして一生貧乏なのか?の著者黒野修資さんから紹介してもらった(グレート・ギャツビー | メタノート)本です。

村上春樹作品が好きな人はきっと読んで後悔しないと思います。

前にも書いたように(グレート・ギャツビー | メタノート)、「グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)」、「カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)」、「ロング・グッドバイ」の3冊が村上春樹さんに最も影響を与えた小説だそうです。

僕はこれらの作品の中では今回の「ロング・グッドバイ」が一番好きです。

「グレート・ギャツビー」よりも、現在の村上作品により近い作風だと思います。順番から言って、村上作品”に”似ているというより、村上作品”が”似ていると言ったほうがいいのでしょう。

村上さんは本書を高校生の頃から清水俊二氏訳の「長いお別れ」から始まり、レイモンド・チャンドラー自身の原文まで折にふれて何度も読んできたそうです。

彼の独特の心理、風景描写はレイモンド・チャンドラーから学んだものだということです。

本書はミステリー小説です。謎を解き明かす過程はもちろん、随所に登場するアルコールやエロチシズムが物語の雰囲気をセンスよく仕上げています。

村上作品の雰囲気が好きな人、是非どうぞ。

僕もギムレットが飲みたくなりました。


ロング・グッドバイロング・グッドバイ
(2007/03/08)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る




2 CommentsPosted in 小説

夕暮まで


08 24, 2010 | Tag,小説,吉行淳之介


夕暮まで (新潮文庫)
この短編小説の著者、吉行淳之介は村上春樹さんが影響を受けた作家の一人。

本書のテーマは処女性についてです。

けっこうリアルな性描写が出てくるのですが、不思議とイヤな気分になりません。官能小説とは違い、きちんとしたテーマがあるように思います。

村上作品の中にも処女性について取り上げられた作品がありました(短編で楽しむ村上春樹作品 「目くらやなぎと眠る女」 - メタノート)。

僕の好きな村上長編小説のどの作品にも、性的な描写が出てくるのですが、やはりイヤな感じがしません。

その点、この「夕暮れまで」と共通するように思います。

村上作品が吉行作品に似たということなのでしょう。おそらく村上さんは何度も吉行作品を読んできたのだと思います。

短い小説ですのでさくっと読めます。日常の息抜きにどうぞ。



0 CommentsPosted in 小説

短編で楽しむ村上春樹作品 「目くらやなぎと眠る女」


06 22, 2010 | Tag,村上春樹,短編

めくらやなぎと眠る女
この本には村上春樹さんの短編が24編おさめられているのですが、僕が特に気に入ったのは以下の4つでした。

1. 我らの時代のフォークロア
 こちらは処女性がテーマになった話。物語を通じて”処女”というものについて考えさせられます。

2. 嘔吐1979
 パートナーがいる人と寝ることに生きがいを感じている、変わった人の話。彼の性癖がタイトルにある嘔吐と関係しています。


両者に共通するのは、セックスの描写がリアルなのに、顔をしかめるようなものではなく、きれいに感じるということです。これは他の村上作品にも共通することだと思います。村上作品にはきわどい性描写が出てきますが、不思議とイヤな感じがしません。


3. 偶然の旅人
正直これは涙が出そうになりました。ある場所でたまたま出会った女性の身に降りかかった不幸。時を同じくして自分の家族の身に起こった、それと同じ不幸。実際に起こった、偶然としか考えようのない話です。

文中の特に以下のフレーズがとても気に入りました。
偶然の一致いうのは、ひょっとして実はとてもありふれた現象なんじゃないだろうか。つまりそういう類のものごとは僕らのまわりで、しょっちゅう日常的に起こっている。でもその大半は僕らの目にとまることなく、そのまま見過ごされている。まるで昼間に打ち上げられた花火のように、かすかに音はするんだけど、空を見上げても何も見えない。しかしもし僕らの方に強く求める気持ちがあれば、それはたぶん僕らの視界の中に、ひとつのメッセージとして浮かび上がってくる。

ほんとその通りだと思います。


4. ハナレイ・ベイ
これも涙が出そうになりましたよ。せつない。。
主人公の息子がサーフィン中にサメに襲われて死にます。その息子のことを思い続ける個性的な母親。そんな話です。



収載されている24の作品のうち、なんだかよくわからないものもあるというのが正直な感想です。しかし、書かれた作品が最近に近づくほどおもしろいと感じました。偶然の旅人もハナレイ・ベイも2005年の作品です。村上作品が好きな人は読んでみて損はない一冊かと思います。


めくらやなぎと眠る女めくらやなぎと眠る女
(2009/11/27)
村上春樹

商品詳細を見る






0 CommentsPosted in 小説

今なら3冊まとめて読める。「1Q84」村上春樹


06 07, 2010 | Tag,村上春樹

遅ればせながら1Q84 Book3を読みました。

ミステリーみたいな本作品は、真相を知りたいという欲求にまかせていると、ページを繰る手がどんどん速くなっていきます。

登場人物の際立つ個性と、小説の独特の雰囲気はあいかわらず僕の好きな村上春樹ワールドでした。男と女の感情の揺れ動き、とりわけ恋愛感情のことに関する描写は秀逸だと思います。

ストーリーとしては最後があまりにあっけなかったかなという気がしました。最後、牛河はあのままなのかな。もしかしてBook4が出たりして。

個人的には釈然としない読後感が残りましたが、それでも僕が村上春樹ワールドを好きなことに変わりはありません。

【関連記事】
 >> 【小説】1Q84. 村上春樹に見る小説家になるための資質 - メタノート


1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上 春樹

商品詳細を見る



0 CommentsPosted in 小説

今さらですが、「カラマーゾフの兄弟」


06 02, 2010 | Tag,ドストエフスキー,カラマーゾフの兄弟

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
「カラマーゾフの兄弟」は世界の名作。

村上春樹も人生の中で最も影響をうけた小説と評しているし、身近(?)なところでは@dainさんもスゴ本100: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるでスゴ本として紹介している。

読むなら光文社文庫から出版されている亀山郁夫訳のものがよさそうだったので、読んでみた。

恋愛小説的な面もありつつ、父殺しといったミステリーの要素もあり、神は存在するのか?という深いテーマを扱った部分もある。

扱っている内容が幅広いにも関わらず、アリョーシャ、イワン、ドミートリーの3兄弟、その父フョードルといったカラマーゾフ家の人びとを中心に、それを取り巻く多彩なキャラクターを巻き込みながら、物語は一つの流れに乗って進んでいく。

僕が一番印象深かったのはやはり、有名な「大審問官」の部分。

天上のパン対地上のパンの2項対立。

天上のパンは自由を指し、地上のパンは文字通りパン、とりあえず生活に不可欠なものを指す。人間にとって本質的に大事なのはどちらなのか。

歴史をたどれば、人類は地上のパンのために天上のパンを放棄してきた。天上のパンはごくわずかな人びとのものであった。


内容の解釈は一通りではないと思うし、はっきりいって理解するのが難しい。まあでも、たまにはこういうことを考えて頭をひねるのもいいんじゃないかと思った。

光文社から出版されているこの小説はエピローグつきで全5巻。

かなり分厚く読みごたえのある本ですが、繰り返し読める本ですし、持っておいて損はないんじゃないでしょうか。


カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
(2006/09/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)
(2006/11/09)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)
(2007/02/08)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)
(2007/07/12)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)
(2007/07/12)
ドストエフスキー

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in 小説

新技術が生むジレンマ 【小説】ブラックペアン1988(上・下)


04 23, 2010 | Tag,海堂尊,小説

ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)
海堂尊さんの作品で最も有名なのは、「チームバチスタの栄光の栄光」でしょう。

1・ 「チーム・バチスタの栄光」 (2006/01発売)
2・ 「ナイチンゲールの沈黙」  (2006/10/06発売)
3・ 「螺鈿迷宮」       (2006/11/30発売)
4・ 「ジェネラル・ルージュの凱旋」(2007/04/07発売)
5・ 「ブラック・ペアン1988」 (2007/9/21発売)
6・ 「夢見る黄金地球儀」  (2007/10発売)
7・ 「医学のたまご」    (2008/01/17発売)
8・ 「ジーン・ワルツ」   (2008/03発売)
9・ 「ひかりの剣」     (2008/08/07発売)
10・「イノセント・ゲリラの祝祭」(2008/11/6発売)
11・「ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて」(2009/2/20発売)
12・「極北クレイマー」 (2009/4/7発売)
海堂さん小説 時系列表 海堂尊非公式ファンサイト!登場人物のリンクを見てみよう!
と多数の作品があります。


私が読んだことがあったのは、バチスタとナイチンゲール、ジェネラルルージュでした。いずれの作品も小説の中で医療問題が取り上げられており、奥の深い作品となっています。医療現場のことが鮮明に書かれていて、すごく共感できることが多かったです。

今回の作品、「ブラックペアン1988」はバチスタよりも後に書かれていますが、時系列で見ると、それよりも前の時代が舞台です。時はバブル全盛期、私はこの時代を医者として経験したことがないのですが、先輩たちから噂には聞いていました。

製薬会社との癒着なんかすごくリアルで、接待はもちろん、学会で発表するスライド作りまで彼らに依頼しているシーンがあります。パワーポイントがなかった時代はスライド作りは大変だったらしいし、うわさ話にも聞きます。たぶん本当にあったのだろうと思います。

まあ、医局員が教授のためにスライドを作ったりすることはあっても、それは例外で、今は基本自分でスライドを作っていますよ。



読んでいて、医療現場において新しい技術が普及し始めるときってこんな感じだよな、と考えさせられた部分があったので書いてみます。

新しい技術が生むジレンマについてです。

ジレンマの主役は食道と小腸をつなぐ新しい器械、「スナイプ」です。



最も難しい外科の手術に食道癌の手術があります。癌を切除して、食道と小腸をつなぐ場面、ここが一番緊張する瞬間です。手技も難しい。うまくつなげなくて中身がモレてしまう(リークする)と大変です。

食物の通り道は体の外とつながっている汚い場所です。それが無菌状態である食道の外にモレでたら。。。感染症を起こして最悪死につながります。

だから食道と小腸をつなぐ技術は、限られた人が長い年月をかけて習得していく職人技でした。

ところが、このスナイプという器械は誰でも簡単に食道と小腸をつなぐことができるように開発されたものでした。開発ドクターは特定の術者にしかできない手術を、よりたくさんの外科医ができるような手術に変えようとしていました。



この考え方に私は賛成します。外科系ではどうしても手技の上手い下手が分かれます。才能が関与する部分も否めません。地方によって手術の成功率に差があったり、いわゆる手術のうまい医者にタイミングよく巡り会えなくて失敗しました、では不公平だと思います。

だから、できるだけ標準化、汎用化された術式というものが必要です。

しかし問題は、スナイプが登場すると、実際に食道と小腸を手で縫ってつなぐ機会が減ることです。もしスナイプが正常に動作しなかったら、もし予期せぬアクシデントでスナイプが使えなかったら、、、そういった弱みがあります。

新しい技術が登場する時はいつもこんな感じなのかもしれませんが、手術では患者の命がかかっています。必ずリカバリーショットが打てるようにしておかないといけない。

某大学病院で内視鏡を用いた前立腺癌の手術で問題になったことがありました。結局難しい手技の伝承という意味で外科系ではある程度の地道な練習が必要です。また、できる医者のバックアップも必要です。

とは言っても、失敗することばかり考えていては新しい技術は生まれません。そこがジレンマですが、ある程度リスクを考慮した上でチャレンジしていくしかないのだと思います。



本書を読んで、そんなことを考えていました。

純粋にストーリーだけ追いかけてもおもしろいと思いますよ。手術室の様子や大学病院の雰囲気とか、なかなか見ることのできない世界がリアルに描かれています。


チーム・バチスタの栄光(上) (宝島社文庫 599)
小説【書評】ジェネラル・ルージュの凱旋(上・下) - メタノート
【小説】ナイチンゲールの沈黙(上・下) - メタノート


ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)
(2009/12/15)
海堂 尊

商品詳細を見る

ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)
(2009/12/15)
海堂 尊

商品詳細を見る



0 CommentsPosted in 小説

「若い読者のための短編小説案内」


03 28, 2010 | Tag,短編小説,村上春樹

若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)
私は村上春樹さんの作品が好きなので、彼がどういう本を読んでいるのかも気になります。グレート・ギャツビー - メタノートもそうでした。

小説家にとっての短編小説は長編小説とは別の意味を持つようです。作り方もまた別物で、長編小説は書き終えるのに、数カ月かかり、書く時の疲労も相当なものと言います。それに対して短編小説は数日あれば書ききれると。フレーズの一部が頭に浮かぶとそれを足がかりにして一気に書き上げることができるそうなのです。

例えば村上さんの場合、ある作品を

「その女から電話がかかってきたとき、僕は台所に立ってスパゲティーを茹でているところだった。」

というフレーズから一気に書きあげた短編小説があるそうです。

プロにとってはそういうものなんでしょうけど、こういう話を読むと、プロの小説家はすごい、真似できないなと思ってしまいます。



本書に取り上げられている作家は吉行淳之介、小島信夫、安岡章太郎、庄野潤三、丸谷才一、長谷川四郎です。

文学とは程遠い生活を送ってきた私にとってはどの作家も新鮮でした。

村上さんは大学生に本書のような形で文学について教えることがあるそうです。
本書の解説の中で特に興味深かったのは、各作家の自己と自我、それを取り巻く外界との距離のとり方を図式化して解説している部分でした。自己と自我を村上さんなりに使い分けているところも興味深かった。

小説家というのは少なからず自分の内面を作品の中に投影させると思うのですが、完全に自己もしくは自我を作品に投影させているわけではありません。現実の一部を作品の中に投影させ、他の大部分は想像というか思考の産物にしています。

小説家にとって、作品の中で自己や自我をどれくらい反映させるか、外界と同距離感を保つかは作風に大いに関係しているようです。

これから短編小説を読むとき、著者のことにちょっと思いを巡らすことができそうです。



今さら感がありますが、吉行淳之介さん、安岡章太郎さんあたりの作品を読んでみたいと思いました。

ちょっと古めでも、名作短編小説を読んでみたいと思う方、本書はその足がかりになってくれそうですよ。

若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)
(2004/10)
村上 春樹

商品詳細を見る





0 CommentsPosted in 小説

グレート・ギャツビー


03 12, 2010 | Tag,村上春樹,翻訳,小説

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
「グレート・ギャツビー」、「カラマーゾフの兄弟」、「ロング・グッドバイ」の3冊が村上春樹さんに最も影響を与えた小説だそうです。その中で一番を選ぶとすると、「グレート・ギャツビー」この小説だそう。たしかに彼の作品を読んでいるとよくこのグレート・ギャツビーが登場する。


この本はその村上春樹さんが訳した本です。彼はこの作品を翻訳するのは60歳くらいになってからくらいが調度よいと考えていました。物語の細部まで日本語で上手に表現するためには、彼をしてもすぐにとりかかるわけにはいかなかったらしいです。それぐらい思い入れが強いということなのでしょう。

すべての情景がきわめて繊細に細やかに描写され、すべての情念や感情がきわめて精緻に、そして多義的に言語化された文学作品であり、、

すぐれた小説はこのような特徴を持つそうです。

僕は村上作品はこの引用のような作品であると感じていました。ところが、村上春樹さんが愛し、訳した「グレート・ギャツビー」を読んで、これに対しては同じように感じませんでした。

難しいものです。期待が大きかったせいもあるかもしれません。

本来の文章の美しさを感じるためには原文を読まないといけないということなのでしょうね。翻訳作品の限界かもしれないとも感じました。

すべての情景がきわめて繊細に細やかに描写され、すべての情念や感情がきわめて精緻に、そして多義的に言語化された文学作品であり、英語で一行一行丁寧に読んでいかないことにはその素晴らしさが十全に理解できない、というところも結局はあるからだ。

と、村上さん自身も書いています。

でも好きな作家の愛読書を読んでみるというのは、その作家の屋台骨を見ているようで、興味深くはありましたけどね。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
(2006/11)
スコット フィッツジェラルド村上春樹

商品詳細を見る




6 CommentsPosted in 小説

「のぼうの城」から学ぶリーダー論 


03 02, 2010 | Tag,小説,リーダー,マネジメント

のぼうの城
戦国時代も今の時代も人を惹きつける者が人の上に立つ。医師の世界ではちょっと違う気がするけど、優れた企業なんかではそういうものなんだろう。

普段おちゃらけていても、部下と対面で話をする。一方的なトップダウンの決定ではなく、部下がやりがいを持てるような仕事を与える。働きやすいような社内環境を作る。

そうすると、部下は組織のために一つの方向に向かって自律した行動をとるようになる。これが優れた組織のありかたなんだろうと思う。



「のぼうの城」という本を読んだ。

戦国時代、成田長親という武将が主人公だ。

豊臣秀吉が天下統一を目前にしてまさに関東に進出しようとしているとき、その部下石田三成が二万の軍勢を率いて長親に襲いかかる。長親側は兵力わずか五百。

圧倒的不利な状況で、結局長親は二万の軍勢を跳ね返した。

タイトルにもあるように、長親は農民から「のぼう様」と呼ばれていた。「のぼう」とは「でくのぼう」の意。これは農民の長親に対する親しみの表れだったわけだが、城主に向かって「のぼう様」というのは普通ない。長親は平和なときに農民に混じって、農作業をしていたという。

ところが、でくのぼう扱いされていたこの男が大軍を打ち負かす。



2つのクライマックスがあったと思う。

一つは、石田三成が使者をよこして戦か無血開城か迫ったとき。

この使者があまりに無礼だったため、長親は
「武ある者が武なき者を足蹴にし、才ある者が才なき者の鼻面をいいように引き回す。これが人の世か。」
こう言い無血開城を断った。


もうひとつは水攻めをされて絶体絶命のピンチの時。

大将である長親が自ら敵の前に行き、ほとんどわざと敵に銃で撃たれる。それを見た農民は、命令されるわけでもなく、自ら立ち上がり、結果として三成を追い込むこととなる。



長親のまわりには正木丹波守利英、酒巻靭負、柴崎和泉守といった優秀な武将がいた。圧倒的な力を持つ敵を前にし、無血開城を迫られたとき、はじめ彼らはそれに従うべきだと主張した。しかし、結局は長親の武士としての「誇り高さ」に心を動かされ、戦をするにいたった。

また、長親が撃たれたとき農民は自分たちが慕って、従ってきた君主のために自ら立ち上がった。

名将とは、人に対する度外れた甘さを持ち、それに起因する巨大な人気を得、それでいながら人智の及ばぬ悪謀を秘めた者である。

だそうだ。

「名将」を今の時代の「リーダー」と置き換えて読むことができると思う。

長親のように人にやさしく、共感を呼ぶ理念をもった人。最後に笑うのはこういう人材なのかなと思った。

のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in 小説
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。